teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 易学風水宗教(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


五輪塔は最高

 投稿者:仏教墓塔研究会  投稿日:2014年 5月27日(火)08時13分20秒
  真言宗では五輪塔を立てるべきですが、墓地が狭い、予算が無い、等の理由で、建てない代わりに、同じ意味である供養墓の建立を勧めています。
前述の建て方がそうです。
仏種子を刻んで先祖を迎える事こそ五輪塔と同意義なのです。
祖父母からの分家であれば祖父母の戒名から、
貴家の場合は父母からの分家ですから祖父母を刻みません、
祖父母は本家である伯父が刻んで祭祀を勤めます。
 
 

五輪塔は?

 投稿者:分家2代目  投稿日:2014年 5月27日(火)00時00分9秒
  手取り足取りご指導いただき本当にありがとうございます。

もう1、2点ご質問させてください。
一基の墓石(供養墓)を建てるときは、ご指導いただいた通りになると理解しました。
しかし、ご著書では浄土真宗以外は本来五輪塔など仏塔を建てなくてはならないとも
あります。そう考えると、今回の場合も分家でありますが仏塔を建てるのが正式
ということでよろしいのでしょうか?

また、◎◎家先祖代々と刻んだとき、ご指導では 父母-私たち夫婦-子供夫婦の戒名
を刻むとありますが、ご著書では祖父母-父母-私たち夫婦の順とあります。今回の
我が家の例(分家)ではご指導通りということでよろしいでしょうか。
そうなると、南無大師遍照金剛(真言宗)の場合は、◎◎家先祖代々-父母-私たち夫婦
となるということで問題ないのでしょうか。


本当に、たびたび申し訳ございません。

 

真言宗分家初代墓

 投稿者:仏教墓塔研究会  投稿日:2014年 5月26日(月)07時47分16秒
  お父様からの分家初代であっても、ご先祖を祀らなければなりません。何故ならば、貴方の身体の中をご先祖が流れていて形成しているのですから。つまり、お墓は、先ずご本尊様を祀る、次にご先祖への報恩感謝をする。
だから、墓石正面に先ず貴家の宗旨の仏種子を刻んでご本尊を祀り、次に◎◎家先祖代々としてご先祖を供養するのです。そして亡くなった人を向かって右面の右側から刻んで行きます。6名刻めます。お元気ではありますが、亡くなればお父様、お母様、貴方、貴男の奥様、貴男の子、この嫁と刻んで行きます。
墓石が完成すれば開眼供養式を営み写経奉納を致します。
正面を南無大師遍照金剛とすれば向かって右面に◎◎家先祖代々として、将来続いて4名の方の戒名が刻めます。
水子地蔵は立てる必要が有りません。
地蔵と言うよりも、仏種子(ア字 大日如来)を刻んでいますから。
地蔵よりも格の上の如来を迎えていますから敢えて要らないのです。
向かって左面の一番左に『水子諸精霊』と刻んで下されば良いのです。
 

Re: 寿陵は誰が建てる?

 投稿者:分家2代目  投稿日:2014年 5月25日(日)23時17分29秒
  早速お返事をいただけたこと篤くお礼申し上げます。

私が父母のために寿陵(お墓)を建てることができると知り非常に嬉しく思います。

父母もお墓のことはよくわからなかったし、私たち兄弟を育てるのに精いっぱいで
分家としてのお墓の重要性に気が回らなかったのだと思います。
また今となっては父母も年齢を重ね年金生活であるため、ここは長男の私が感謝とともに、
父母に成り代わってお墓を建てたいと思った次第です。


ご迷惑ついでに大変失礼ながら、3つほど質問させていただきます。

1.我が家は分家ですが、本家筋にはそれぞれお墓があります。今度建てる墓にはご先祖様を
  どのようにお祀りすればよいのでしょうか。仏種子を刻んで◎◎家先祖代々と刻めば、
  ご先祖様を自然にお祀りしたことになるのでしょうか。それとも、何らかの儀式が必要
  となるのでしょうか。

2.上の質問に関係しますが、正面文字ですが今回の場合も南無大師遍照金剛(真言宗)と
  刻んでもよろしいでしょうか?そのうえで、向かって右面に◎◎家先祖代々と刻めば
  先の質問と同じようにご先祖様を自然にお祀りしたことになるのでしょうか。

3.父母には生まれてこなかった子供がいます。私が父母のために水子地蔵を建てることに
  問題はありますか。


ご著書を参考にしていますが、まだまだ勉強不足で申し訳ございません。
先のご回答にあったような寿陵の本来の意味も知りませんでした。
日夜研鑽を積んでゆきたいと思います。
 

寿陵

 投稿者:仏教墓塔研究会  投稿日:2014年 5月25日(日)17時38分53秒
  寿陵の陵とは『御陵(天皇のお墓)』の事です。
天皇は、即位をした時に御陵建設に取り掛かります。
転じて、在家の我々に有っても、生きている時に立てるお墓の事を寿陵と言っていますが全く別なる物です。
両親が初代であれば初代としてお父様が分家初代のお墓を建てるべきですが、
代を子供が移譲したと解釈をして二代目の施主名で立てても構いません。
子供が親のお墓を立てる事は当然ですが、
その意味は、
位牌墓(夫婦墓)の事です。
貴男のお墓を子供が、
子供のお墓を孫が建てていたのでは堪ったものではありません。
貴方が分家のお墓を親に成り代わって立てる、
そのお墓を、子供が、孫が、曾孫が承継して行くのです。
正面文字を〇〇家之墓としないで下さい。
家宗派に則って仏種子を刻んで◎◎家先祖代々として写経奉納を行ってください。
 

寿陵は誰が建てる?

 投稿者:分家2代目  投稿日:2014年 5月24日(土)23時13分45秒
  突然の質問で申し訳ございません。
我が家は分家であり、初代にあたる父母は健在です。
長男である私がお墓(寿陵)を建てようと思っていますが、寿陵について検索すると、
「本人が生前に建てるお墓のこと」とか「子供に負担をかけないため」、または
「節税のため」などと書かれています。

節税はともかくとして、自分のためではなく、主目的が生きている親のために寿陵を建てる
ことはおかしいのでしょうか?
子が両親の墓を建てることが当然と思っていましたが、寿陵の場合、やはり『本人』である
父母が建てなくてはいけないのでしょうか。

よろしくお願いいたします。
 

息子が建墓を反対する

 投稿者:仏教墓塔研究会  投稿日:2014年 4月26日(土)11時01分46秒
  お母さんが相談に来られた。
亡きご主人のお墓を立てられる。
話しも決まっていたのに電話が掛かって来た。
「息子が墓など立てなくてもいいと言います」と、泣き声だ。
永代供養で良いと言う始末で、結局キャンセル。

もう一軒も、
お母様が建てようとしているご主人の建墓を息子が反対をしている。
そんな事しなくても良いと言って喧嘩になっている。

昔では考えられない事が勃発する。

親のお墓を不要と言う。
産んで育てて頂いた親のお墓を立てての供養をする孝行など全くない。
と言うよりか、
宗教界の堕落が今に見るような雰囲気を作らしめたとも言える。
一概に子供が悪いのではない。
私ですら、現在の宗教界に物申したいが、いかんせん、眼の開いた僧侶が居ない。
親のお墓を立てたくても、お金お金とへきへきしてしまう。
亡き親を仏として見て住まわれる墓塔の造立を勧めたい。
各種のお墓のお悩みの相談に全国へ飛び歩いています。
明日は川崎市へ行きます。
 

お坊さんがお墓を知らな過ぎる

 投稿者:仏教墓塔研究会  投稿日:2014年 4月10日(木)08時10分6秒
  私の著書を読んだ人、講演会を聞いた人、相談に回答をした人から必ず有るのは「お寺様が悉く拒絶されて困っています」と言う申し出だ。
お寺様Vs私と言う図式になる。
結論から言えば、私が折れる。
それは仕方がない、お寺様のガンコさが勝利を産む。
相談者の熱意を悉く打破をする頑なな僧侶。
そんなに聞き入れたくないのであれば、最初からお墓に対する指導をしていれば良いものを。
何もせずに居て、最終的に私が指導を重ねて来た今になって全てを否定をするって、焼き餅(嫉妬)にもほどが有る。
私自身、お寺様が指導を怠っているから回答を申し上げたまでで、十分な指導が為されていれば私から僭越に申し上げる事は何も無い。
施主の奥様は大変熱心にお墓に取り組まれているのに、
何も指導せず愛想の無い接し方が今に見るお悩みを増長している事を反省してほしい。
浄土真宗はお墓が不要なのではない。
亡くなれば納骨をする墓地墓石は絶対に必要なのであって何処の山や川へ捨てれば良いと言うのか。お墓は立てない、南無阿彌陀佛の名号碑を建てるのです。
 

四十九日は御仏前なのか御霊前なのか

 投稿者:仏教墓塔研究会  投稿日:2014年 3月10日(月)07時43分3秒
  四十九日は中陰が明ける法事です。
忌明けの法事ですから『御佛前』。
僧侶に拝んで頂く前だからまだ御霊前だと言う人が有ります。
拝んで頂いた後の仏の成道を祈念する法事ですから御佛前なのです。
結婚式に招かれた時、『御結婚御祝い』としますよね?、
未だ結婚式を済ませていなくても、結婚を祝う儀式ですから『結婚祝』と記しているのです。
四十九日も同じです。
仏道を成ずる出立祝いですから『御佛前』なのです。
 

お墓の講演会を聞く

 投稿者:仏教墓塔研究会  投稿日:2014年 3月 5日(水)14時17分45秒
  明日、京都のハートピア京都でお墓や仏壇の講演会が開催される。
京都SKYセンター主催のお彼岸を前にしての『儀礼講座』です。
ご高齢者が如何に充実して長寿社会を過ごせるかの会なのです。
高齢者だけにお墓や仏壇に感心をお持ち下さったのだと思うのですが。
30名の募集に53名もの応募が有り後は全てお断りをしているようです。
私の知人数人からも「一杯と言われて断られた」との事で誠に残念なのです。
3月6日、その講演会が13時半から開催されます。
一般的な知識として前もって学習しておく事も大切ですが、
めったにないお墓や仏壇を知る千載一遇の良き機会を見逃す事無くちゃんとゲットしておくのも良い事と思います。
ダンスを教えて頂くのも良し。
韓国語を勉強するのも良し。
食べ歩きに出るのも良し。
老人学としてお墓や仏壇を知るのも、もっと良し。
貴方は、どれだけ知っていますか?。
 

レンタル掲示板
/97