拳法雑談広場




54件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[54] 押小手4~5

投稿者: 拳法一代 投稿日:2017年 2月23日(木)15時15分44秒 p1009-ipbf1603funabasi.chiba.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

鉤手守法から自分の手首を殺して
身体中心部に持って行きつつ
相手の手を捻り引き付ける。

掛け手は必ず小指を親指の付根に掛ける。

捌き手は二段抜の要領で引き捻り戻して
更に押し込みと掛け手は捻り上げ落とす・・・

鉤手守法の際に手首を殺しているのは間違い。
まずは開手をきちんとして鉤手守法!
そこからが技のスタート地点だ。

ファイル1(3gp:142.3583984375KB) ファイル2(3gp:143.1220703125KB)


[53] 押小手1~3

投稿者: 拳法一代 投稿日:2017年 2月23日(木)15時08分42秒 p1009-ipbf1603funabasi.chiba.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

「手首捻り小手」に成らぬように・・・

ファイル1(3gp:143.3427734375KB) ファイル2(3gp:143.1748046875KB) ファイル3(3gp:142.10546875KB)


[52] 二段抜

投稿者: 拳法一代 投稿日:2017年 1月20日(金)10時03分10秒 p1043244-ipngn2303funabasi.chiba.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

低い位置で鉤手守法をする。
手首を殺した状態での鉤手守法はしない。
手首を捻り上げながら抜く。
寄足を忘れぬように。

ファイル1(3gp:143.1044921875KB) ファイル2(3gp:143.091796875KB)


[51] 送閂小手

投稿者: 拳法一代 投稿日:2016年11月23日(水)10時18分6秒 p1076-ipbf1902funabasi.chiba.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

膝を使い腰を使い捕系にて捕る。

ファイル1(3gp:143.064453125KB)


[50] 本来は座った時に使う技

投稿者: 拳法一代 投稿日:2016年11月16日(水)14時32分55秒 p1076-ipbf1902funabasi.chiba.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

略十字小手は本来は椅子や床(畳)に
座っている時に用いる技。

捕る際の位置は十字小手に順ずるので注意。
掛け手の仕方そして肘の出し方、使い方に注意。

ファイル1(3gp:142.927734375KB) ファイル2(3gp:142.99609375KB)


[49] 否定された捕り方

投稿者: 拳法一代 投稿日:2016年 9月27日(火)10時52分48秒 p1076-ipbf1902funabasi.chiba.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

アップした映像は先生指導の閂捕(送)だが・・・

私も行って見せたが下手糞な故に完全否定されたのか?
それとも捕り方が間違いなのか?分からないが
派遣教師の先生に「その捕り方では捕れません。」と言われた。

ファイル1(3gp:142.0009765625KB)


[48] 諸手・・・

投稿者: 拳法一代 投稿日:2016年 9月10日(土)10時25分16秒 p1076-ipbf1902funabasi.chiba.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

「引く・担ぐ」だから両方が正しいのか?
背投か?逆天秤か?

今月の実技科目になっているので悩ましい。

昨年は

「背投だ!逆天秤からは出来ない。」と完全否定されたので
何とも厄介で難儀な技だ。

ファイル1(3gp:143.90234375KB) ファイル2(3gp:143.9521484375KB)


[47] 手首捕の掛手

投稿者: 拳法一代 投稿日:2016年 8月29日(月)20時20分3秒 p908102-ipngn2002funabasi.chiba.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

会報9月号、P12~P13「実に帰る」手首捕
写真③の掛け手だが先生の映像と相違しているので
各自で吟味検討されたし!!

「これは、この手はこう言う握り方をする手首捕の場合は。こう握ったら今度は後は効かない。どう持って行くかと言ったら、こう持って行く。」

手首捕から手首捕をさせまいと肘を上げて頑張って来た時に写真③のような掛手であると
次の「丁字捕」に変化が出来ない或いは出来にくいと言う事。

ファイル1(3gp:142.912109375KB)


[46] されど小手抜

投稿者: 拳法一代 投稿日:2016年 6月24日(金)09時34分11秒 p908102-ipngn2002funabasi.chiba.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

確認の為にほどほどの力で攻者に掴んで貰い
足の送りが出来ているか?支点は動いていないか?
膝、腰の使い方は出来ているか?
抜いた後に守りの体勢(振身)になっているか?

高段者でも技の練習では最初は再確認、再認識の為に
攻者に軽く掴んで貰い、ゆっくりした動作で
抜技の基本中の基本である龍王拳小手抜で抜技の要諦を
身に付ける事が大切でしょう。

ファイル1(3gp:45.96484375KB) ファイル2(3gp:137.6259765625KB)


[45] 逆じゃないのか?

投稿者: 拳法一代 投稿日:2016年 6月 8日(水)08時49分13秒 p908102-ipngn2002funabasi.chiba.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

手首捕からの変化技(連携技)が丁字捕。
肘を上げて抵抗して来た時なのか?
それとも最初から肘を下げて来た時なのか?

肘を下げて掴んで来たら丁字捕だと指導する人がいるようだが
先生の映像では手首捕を捕ろうとしたら肘を上げて
捕られないようにして来た時に丁字捕だと・・・

まさか?四方や?私の知らぬ間に今は両方OKなんて言う話か?

技の捕り方は何通りもあるなんて平気で言う輩がいるのが難題だ。
ベースとなる基本(原点)の捕り方があってこその数種の捕り方だ。
その辺を勘違いは(間違っては)貰っては困る!

ファイル1(3gp:138.7353515625KB)

レンタル掲示板
54件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.