teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


今日のFS1

 投稿者:TOMY  投稿日:2015年11月29日(日)16時53分47秒
編集済
  今日はキャブレターのエアースクリューを調整してから慣らし走行に出て、親分のところへ行ってお茶してきました。ついでにオートループポンプのストローク調整用のシムを貰って来ました。有るところには何でもあります。

しかし、帰りの走行で、アクセルを開けると息つき失速の症状が現れて、戻ってプラグを見るとくすぶり気味になっています。キャブレターの洗浄時に油面でも変わったか? 中速(ジェットニードル)が濃いのかもしれません。

気になっていたアクセルグリップの戻り不良は、グリップとハンドル間に塗布したグリスの変質による粘りでした。ホルダー内とアクセルワイヤーの清掃と注油で組立て良好にはなりましたが、パチンッというような気持ちの良い戻り方はしません。キャブレターのスロットルスプリングが小さいせいでしょう。今回はワイヤー類は交換しませんでした。

マフラーの取付けボルトが緩んでいて増し締めと・・ボルトの頭は今は使わない13mmなんです。カワサキも使っていたなぁ。








 
 

Re:パーツ

 投稿者:TOMY  投稿日:2015年11月23日(月)22時44分45秒
編集済
  こんばんは、lump-proof.com  さん。

>いずれ使うかも知れないと、ストックしてあるのはいいんですが、最初から商売で買い占めるのは止めて欲しいです。CR110のクランクシャフトは55万円になってしまいました。バイク買えます。

55万円ですかぁ、それはすごいですね。CR110は伝説ですから別格でしょう。私も段ボール何箱かはS800の部品はストックしていますので、いくらぐらいになっているのでしょうね。大昔はロータスエランを買えない貧乏人の乘る車がS800と言われた時代がありましたが、最近は、S800の方が部品が高価でお金持ちでないと乗れないみたいです。で、私のS800も動きません。

S800の再生産部品の変遷は本が書けるほどと思っていましたら、こんな本も出ていたんです。左の上下は再生産のS800M用です。オリジナルよりは口径が大きくて、ステーは簡易鋳造型で完全に無垢です。オリジナルは中空の金型です。右の大きいのは輸出用のドアミラーですね。ステーの部分に留めネジ穴があります。ドアに孔を開けなければ付かないので使いません。どちらもステーの仕上げが悪いので、ペーパー研磨とバフ掛けをして使用します。ホンダスポーツ用ミラーはベレGミラーと共に、miniのドレスアップパーツとして使用された時期があります。当時は安かったからでしょうね。
 

パーツ

 投稿者:lump-proof.com  投稿日:2015年11月23日(月)01時01分1秒
  いずれ使うかも知れないと、ストックしてあるのはいいんですが、最初から商売で買い占めるのは止めて欲しいです。CR110のクランクシャフトは55万円になってしまいました。バイク買えます。

CR110のステップも、纏めて買った人が段ボール箱にいっぱい持っていたりしますが、見せて貰ったらほとんどが削り出しで、ひとつだけがキャストでした。この手のパーツは出回らないんで困ります。車体本体を持っていない人に限ってパーツを沢山持ってたりするのが特徴です。4ストのエンジンは構成パーツが多すぎて、全部をリプロするのは困難です。個人的に作っている人は居ると思いますが。私のCR110のタペットは一品製作ものですが、今のところ調子良く働いてくれてます。

私はパーツの入手が困難になった時期にCR110を買ったので。まさかこんなバイクに乗るとは、以前は思いませんでした。
 

Re:本田宗一郎

 投稿者:TOMY  投稿日:2015年11月22日(日)23時25分43秒
  こんばんは、lump-proof.comさん。

>ホンダの古いパーツは、古いストックはいいんですが、新しく作った物はひどい物が多かったですね。でも、あると無いではまるで違ったわけです。これが、宗一郎さんが亡くなった影響で、全く出なくなりました。

はい、いわゆる再生産部品というやつですね。機械加工の部品はそうでもないのですが、プレスなどの型物部品は「なんじゃこりゃ」というのもありました。S800のフロントウインドウのモールディングは絶対に合わないし、ドアノブも作りがひどいしトランクの蝶番はトランク側がダイカストではなくアルミの表面処理無しとか。たまに、残っていた古い部品明細の部品が出て来ると「やったー」とかね。2点式のシートベルトの車体側のストライカがS600の当時部品が出てきたこともありました。そんなの頼むやつはいないということでしょう。

バッチ類は意外に外注さんが良かったと見えて、画像のようにきれいな部品を出してくれました。トランク上のHonda s600のマークだけ、アンチモンからアルミ製になっていました。


>もっとも、後で作ったパーツというのも、出た途端に買い占められたりでプレミアム価格になったりしましたが

すみません。このバッチは数台分はストックがあると思います。その他、S800M(北米輸出仕様)にだけ付いていたアメリカの保安基準適合用のサイドマーカーなども5台分ぐらいあります。部品番号の一部を推測して変えるとベルギー仕様とか(リフレクターの色が違う)(画像の赤は北米仕様で国内はオレンジ)出て来て、そのうちそれが楽しくなったりして。。バックミラーも初期が鏡面が小さくて、S800Mでは少し大型になって、再生産だともっと大型(何かに流用みたい)になるが、特徴的な甘食型ではなくなる等々、部品の話をしたらキリがありません。相当、ホンダ銀行には貯金しましたから・・私の部屋の棚にはフロアーマットセットが3セットあります。寿命を考えたらいらない部品です。




 

本田宗一郎

 投稿者:lump-proof.com  投稿日:2015年11月22日(日)20時42分11秒
  個人的に、四大頑固親父というのがありまして、本田の会長だけは会った事がありませんが。
本田宗一郎さんが亡くなって、我々に直接関係のある影響で、旧車のパーツに関しては大きかったです。ホンダの古いパーツは、古いストックはいいんですが、新しく作った物はひどい物が多かったですね。でも、あると無いではまるで違ったわけです。これが、宗一郎さんが亡くなった影響で、全く出なくなりました。

もっとも、後で作ったパーツというのも、出た途端に買い占められたりでプレミアム価格になったりしましたが。価格と出来の悪さの二重苦だったわけです。ところがそれさえ枯渇すると、自前で用意しなければならず、私はCR110のピストンを20個作りましたが、そらもう大変な出費でした。おかげでピストンは死ぬまで平気です。

良い方の影響はコレクションホールですね。宗一郎さんは、過去は振り返らず常に未来に目を向けるという人だったので、博物館的な物を作るのは許さなかったそうです。鈴鹿のボーリング場地下にあったCHが、茂木に引っ越してきた時には、絶対に予算をケチるな、という事だったそうです。それが現状は見る影もありません。最初の館長さんだった佐藤さんも亡くなってしまいましたね。星野さんの紹介で、イアンと一緒に会った事があります。私は以前CB400Fに乗っていたので、とても興味がありました。その星野さんも亡くなってます。佐藤さんは、雪下ろしの時の事故だったような噂です。私が勝手に世界四大頑固親父と呼んでいた人たちも、全員亡くなりました。

閑話休題。
TOMYさんのレバーホルダーですが、写真で見る限りは充分コンディションが良いように思えます。S800も要レストアですか? 私の叔父はS600に乗っていましたが、エンジンがよく回るので、わざわざS600にしたそうです。叔父はヴェロセットのプロダクションレーサーに乗っていたり、パリラの175で通勤したりと、私が若い頃のお手本でしたが、未だに叔父の20代に及びません。

GPも、オーガナイザーのドルナと、HRCやヤマハレーシング、ライダーの国籍だとか、それぞれ思惑が絡んで面倒ですね。ヤマハファクトリーは、どっちがチャンピオンになってもいいやというところだったかも。オーガナイザーとしては、ポイントリーダーのロッシにハンデを付けた方が最終戦の興味が倍増と思ったのでしょう。これは浅慮だと思います。

まあ、昔からあったような事だと思います。アイビーとリードのチームオーダーの話も有名です。そういえば、ちょっと前に軽井沢のシルバーストーンに行ったとき、リードがカワサキのマシンに乗せて欲しいと言ってきた話を聞きました。トランスアトランティック・マッチレースの時だったようです。結局、経費はリード本人持ちで、KR750に乗ったそうですが、タイム的にはミック・グラントより速かったと言ってました。

ミック・グラントと言うと、金に汚いとか悪評ばかり聞きますが、私はとても優秀なライダーだったと思います。それまで誰も敗れなかったヘイルウッドの持つマン島TTのコースレコードを軽く破ったのもミックです。鈴木さんが言うには、ミックは常に120%の走りなので、危なっかしくて駄目だ、という事でしたが。

マッチレースは、今はもやってないと思います。GPシーズンの途中にやってたかな。デイトナ200マイルがシーズン前で、マン島TTは夏ですね。デイトナは、いわゆる世界選手権ではないのですが、アメリカGPと呼ばれていて、トップライダーも走ったからシーズン初めのイベントとしては面白かったです。マン島もクラシックというクラスは何でもありみたいに速いマシンが走って、デイトナもバリーがゴネてRG700とかスズキに作らせたみたいだし、マッチレースはほんとにタイヤ二個なら何でもありの混走で、最近はこういうのが無いですね。自分は大きいバイクに興味無いし怖いけど、走るのを見るのは好きです。デイトナ200は600ccのレースになっちゃったけど、1000ccになるという話はどうなったのかなあ。伝統のデイトナ200が600ではねえ。マン島もデイトナも、コースは同じなのにマシンが速くなり過ぎたんですかね。

輝井さんは、TOMYさんの言う通り治療で通ってます。翌日は安良岡さんの所に行くとの事で、コーヒーをお土産に差し上げました。輝井さんはあまり飲まないけど、安良岡さんは鉱物だそうです。安良岡さんの走りは当時すごかったので、覚えている方も多いと思います。輝井さんとは、マカオGPの話もしました。現在の写真を見て、このあたりは海だったのを埋め立てたと言ってました。マカオGPのシーズンは混雑して大変だし、チケットも取れないので外して行ってたそうですが、輝井さんの友達がオーガナイザーの一人だった事が判明して、次からは色々OKになるとか。
 

Re:MOTO・GP

 投稿者:TOMY  投稿日:2015年11月22日(日)20時01分6秒
編集済
  こんばんは、がたぱしゃさん。

>CS90は、フロートが引っ掛かっていました。ニュートラルランプは、送料が勿体無いので、他に何か注文する物が思い付いたら一緒に注文します

原因はフロートでしたか。古いキャブレターのフロートは真鍮の半田付けですから、一見問題ないように見えて、内部にガソリンが浸み込んで浮力が無くなっているトラブルも多くありますね。私のキャブレターはトラブルが出る前に(多少フロー気味でしたので)後年のYB50用のプラ製のフロートに交換してあります。ヤフオクでCS90用のキャブレターで検索すると、純正品や現在の社外品など豊富に出ていますね。やはり古いバイクならホンダがアドバンテージがあります。
私も通販のウェビックの「欲しいものリスト」に必要なものを登録してあります。3.000円に達すると注文しています。CS90に刺激されて、FS1のヘッドとテール電球も登録しました。旧車乘りはある時に手に入れておくのが鉄則。

、レバーフォルダーまでピカピカですね。う~ん、CS90と並べるのがどんどん恥ずかしくなってきます。

ここまでダイカストの鋳込み肌を消してしまうと、返って変ですね。現在FS1に付いているオリジナルのホルダーは酸化でくすんでいます。レバーを新品にしたら、レバーだけ白くて目だってしまいました。
先ほど、ホームセンターへ行って5X20と5X25のナベネジを買って来て仮留めしました。ヤマハに頼むと、ネジ規格は合っていても、頭の形状や表面処理などが無視されて出て来ます。どうせ朝日電装製ですからヤマハ純正のネジではありませんし・・

FS1についてはデジカメが安物なので解像力が無くきれいに見えるだけです。実際は錆び錆びです。入院などで殆ど放置していたので余計に悪くなりました。しかし、46年前の未再生原車としたら仕方ないでしょう。今日は、FS1は乘る時間がありませんでした。午前中にぶつけて外れないフィルターを外していましたので。キャブレターのエアースクリューの戻し回転がYB50のマニュアルでは1回転と3/4でしたので、それに合わせていましたが、FS1用のマニュアルを見直しましたら1回転でしたので直そうかと・・まぁ、どちらでも良い話ですが。

MOTO-GPに詳しいですね。私は今のロードレースは全く見ていないので分かりません。F1はチェックしていますが、今年はホンダはボロボロで、来年も厳しそうですが、ネットの記事でMOTO-GPがもめているような記事は知っていました。

ロングランで自信がつきましたら少し遠出して行きますので、南武線の撮影の時でもご連絡ください。サントリーの横には、撮り鉄さんがいますね。

*5mmナットがみすぼらしいので交換しました。スイッチレバーの皿ネジは残念ながら錆ついて外せません。




 

MOTO・GP

 投稿者:がたぱしゃ  投稿日:2015年11月22日(日)15時23分34秒
編集済
  こんにちは。

CS90は、フロートが引っ掛かっていました。ニュートラルランプは、送料が勿体無いので、他に何か注文する物が思い付いたら一緒に注文します。あまり乗らないのでしばらくランプが点かなくても良いでしょう。TOMYさん、レバーフォルダーまでピカピカですね。う~ん、CS90と並べるのがどんどん恥ずかしくなってきます。

本田宗一郎さんで思い出しましたが、今年のMOTO・GPは本当に後味の悪い終了でした。
lump-proofさんは御存じだとは思いますが、ホンダの若い天才ライダー・マルケスが、自分はリタイヤが多くてチャンピオンの可能性が無くなったので、同じスペイン人だということで、ヤマハのロレンソを抜かずに勝たせて年間チャンピオンにしたという話です。最終戦の前のレースでマルケスは、ポイントリーダーだったロッシをブロックし続けたため、ロッシがぶち切れてマルケスを転倒させてしまい、ロッシはその行為に対してのペナルティーで最終戦を最後尾スタートにされてしまいました。しかしなんと22台抜きで4位に上がってきたので、マルケスは3位にいたホンダのペドロサまでブロック、自分はロレンソを抜かずに2位でゴールしました。ロッシがマルケスを転倒させてしまった行為に対してのブーイングも凄かったですが、マルケスに対しては、あまりに見え見えの行為にHRCのfasebookが炎上しています。フェラーリの社長が「私が本田宗一郎だったら、マルケスはゴールした瞬間に解雇だ」と書いていました。まあ、イタリア人なのでロッシ寄りの発言ということもありますが、変なのはホンダの対応で、ヤマハを勝たせたというのに、HRC責任者の中本 修平さんまでマルケス擁護の発言をし続けています。マルケスに付いているスポンサー(レプソル)の事も絡んでいるという噂もあり、今年のレースが終わってもいろいろ噂が飛び交っています。

.
 

結局

 投稿者:TOMY  投稿日:2015年11月21日(土)18時23分48秒
  レバーホルダーですが、素材が悪すぎました。
腐食がダイカストの奥まで進行してしていて、いくら削っても腐食は消えません。スイッチレバーの樹脂も劣化で細かなクラックが消えません。色入れをして、取りあえずここまで。実用としては使えると思いますので予備の部品ということにします。
 

お礼の会

 投稿者:TOMY  投稿日:2015年11月21日(土)09時53分58秒
編集済
  当時、本田宗一郎さんの「お礼の会」に青山本社まで行きました。
二階に上がる階段に「皆様のおかげで幸せな人生でした どうもありがとう」と書かれていました。会場には歴代の製品が展示されて大勢の方が詰めかけました。兜の絵は宗一郎さんが書かれたもので絵心もあったんですね。

S800は私の所有車。メーターパネルは私の好みでS600の梨地アルマイト仕様として、ハンドルはナルディー革巻きとなっています。純正の細い木目調のプラハンドルでは、心もとくて走りません。S600には本物の木製ハンドルが装着されていて、フタバラケットが製作を担当したと聞きました。
 

Re:今日

 投稿者:TOMY  投稿日:2015年11月21日(土)09時19分52秒
編集済
  lump-proof.comさん。

あらら・・、がたぱしゃさんの書き込みの後にあるのを見逃していました。
マカオの帝王、輝井さんじゃないですか。お元気そうでなによりです。歯の治療にでも来たんですか?
マカオGPの時は、日本人遠征組では高井選手や小田選手の方が成績は上でしたが、当地では輝井さん人気が大きく、テレビ出演などされたそうですね。
高井選手と小田選手はプレイメイトレーシングの僚友で、顔も大人し目の日本人で、ツナギも真っ白のお揃いでしたが、輝井さんは日本人離れ? した、あのお顔と東南アジアの方が好みそうな深いピンク系のGOTOのツナギでしたから、親近感があったのでしょうね。プトラとか言うライダーもいましたね。私も記憶が遠くなっていますが・・

 

レンタル掲示板
/97