teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re

 投稿者:店主  投稿日:2016年 2月21日(日)08時19分20秒
  絶対的な究極の食品なんてありません。
白米粥で、副采(おかず)で、バランスのよい食事を
とることが一番と考えます。

 
 

究極のオススメは?

 投稿者:マヨイゴ  投稿日:2016年 2月20日(土)21時02分42秒
  玄米粥が体に良いと聞き、始めたばかり、無農薬の玄米を探すとこのサイトにヒット。玄米は必ずしも白米より良いとは言えない??ーに( ̄◇ ̄;)ガーン!
少しでも安全に栄養価の高いお米を食べたい。
で、結局のところ何がオススメなのでしょうか。
白米は栄養価がほとんどないといいます。
味を求める人、栄養求める人、値段優先の人、ニーズにあったお米を推奨してください。
 

(無題)

 投稿者:兵庫県民  投稿日:2015年11月23日(月)18時04分10秒
  「危ない玄米食」の項を読ませていただきました。
非常にためになりました。感謝です
 

納得の玄米食

 投稿者:hagaメール  投稿日:2012年 2月22日(水)19時23分46秒
  始めまして、お邪魔させていただきました
危ない玄米食”を読ませていただき、胸がスーっとする思いでした。友達にいくら“わざわざ不味くて消化の悪い玄米を食べるの?”と言っても“身体に良いから”と・・・ハガユイばかりで、、、今度会ったら、“危ない玄米食”を読むように言おうと思います。ありがとうございました。
 
 

玄米にこだわっていた我が家

 投稿者:sandyメール  投稿日:2010年12月12日(日)10時07分53秒
  コウノトリ呼び戻す農法米で検索してこのサイトにあたりました。5年ほど前から玄米は絶対体に良いのだと信じて有機農法の玄米を食べてましたが、こちらの玄米の話を読んで、今日から玄米をやめることにしました。残念ながら、コウノトリ…は、完売でしたので、このサイトで紹介されてるほかのお米をこれから物色する予定です。  

Re

 投稿者:店主  投稿日:2010年 6月 5日(土)18時46分45秒
  新谷弘美先生のすすめられている食品は、食物繊維の多い食品ですね。
ですから、玄米を白米に変えても、他の野菜類をしっかり取ることで
問題はないと思います。
腸相と栄養の吸収とは、問題が違いますし。
 

玄米

 投稿者:ビーガン  投稿日:2010年 6月 4日(金)17時08分35秒
  新谷弘美先生の内視鏡で見た腸相のお話しなどから玄米と野菜、海藻類、きのこ類、豆類、新鮮な果物中心の食生活が正しいとのことで実践しておりましたのでショックです。  

ReRe玄米について

 投稿者:店主  投稿日:2009年 4月26日(日)12時45分52秒
編集済
  テキスト出版の年度はあまり関係ないと思いますよ。
一つ一つの作用については、大学でも研究され実証されていますから
事実ですし、ミレラルが豊富と言うこと、食物繊維が多いという事も
一つひとつを見れば事実です。
ですから、玄米神話が出来てしまって、玄米に対して、過剰な期待を
してしまうのです。
複合的に考えてどうなのかを考えるべきですね。

私が、このサイトを作ったときは、まだ少数派でしたが、
最近では、玄米ってどうなの?、玄米って本当にいいの?
みたいなサイトが多数増えてきていますね。

つい、昨日も、病院の栄養士の方と、仕事で話をする機会がありました。
ここでも言っていたのは、とにかく、偏らない食生活で
バカ食いしないで、お腹八分目が一番良いと言っておられました。
それが、明らかに、健康になる秘訣だと私も思います。
 

ReRe玄米について

 投稿者:Yuka  投稿日:2009年 4月26日(日)01時48分53秒
  お返事ありがとうございました。
このテキストの出版が2006年で、元の資料が2003年のものだということも
多少は関係してくるのでしょうかね・・・
出版社に一応質問してみたいと思います。
このテキストは玄米についてではなくて、食育についてで、
そこで玄米にものすごくフォーカスしているわけではなく、
さらっと書かれているだけなので(わかりにくくてすみません)
もう少し勉強を進めてみたいと思います。
 

Re玄米について

 投稿者:店主  投稿日:2009年 4月25日(土)07時55分50秒
  ようこそいらっしゃいました。
さて
玄米食については、諸説あることも事実です。
フェチン酸の抗がん特性や、抗がん成分RBIアポトーシスの免疫活性などなど。
しかし、どれもが、玄米に含まれる・・・、玄米由来の成分・・・
と言う説明が多いようですね。
一つひとつを検証すれば、すばらしい特性だと思います。
しかし、ちょうど、薬の飲み合わせと同じで、複数の薬を服用すると
効果がなくなることもまた事実です。
おそらくですが、そのテキストを書かれた方は、玄米に含まれる成分の
一つを指して「免疫力を上げるのに最も効果のある食べ物」と言われていると
思います。

話は違いますが
昨年末に発売された、
文藝春秋の 日本の論点2009の中で、医学ジャーナリストの米山先生も
玄米は栄養分が多いが腸からの吸収は悪いと指摘されています。

テキストを否定はしませんが・・・・・。
とりとめの無い意見で申し訳ありませんが、私の考え方はこのように
思っています。
 

レンタル掲示板
/11