スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:56/8346 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「種の起源」

 投稿者:神って誰  投稿日:2017年 3月 5日(日)22時33分17秒
  通報
  は膨大な資料を集め、詳細に論じようとはしているが、実際のところは言い訳に満ちた書だ。
結論に至るまでの逡巡は正直に記載されているが、自然選択の正当性を主張する結論においては1ミリも譲ろうとはしない。
それは、科学に対して良心的であることを標榜する彼のその姿勢自体に疑念を抱かざるを得ないものだ。
つまり、それを信じている、若しくは信じたい、という動機が前提になっている、と言う事だ。

今から150年以上前、現在と比べてはるかに科学が拙く、未知の領域の多かった時代、宗教(西欧世界におけるキリスト教)がまだ思想の根本を支配していた時代、彼の主張は革命的であったかもしれない。
それはあくまで当時の話だ。
遥かに科学が進歩し、多くの未知の事象が解明された現在、未だにそれを引き摺ってそこから脱却出来ずにいる人達が多いのは驚くべきこと、と言う他ない。
未だに自然選択に反対する説に対する反論に、ダーウィンの受け売りが多いのは、情けないとしか言いようがない。

150年前から時間が止まってしまったかのようにね。

以前に、現実世界のすべてが自然選択に対する反証だ、と書いたが、暫くその話をしよう。

アントニー・フルーの無神論からの転向の契機となった、近年明らかになったDNAの極めて精妙な情報伝達システムを持ち出すまでもない。
全ての事象だ。

 
》記事一覧表示

新着順:56/8346 《前のページ | 次のページ》
/8346