スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:45/8337 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

一つだけ

 投稿者:神って誰  投稿日:2017年 3月 5日(日)22時43分28秒
  通報
  某氏の過去ログを引用しよう。
自然選択が成り立ちえない、という事を比較的簡単に検証できる材料だからね。

>フィンチの嘴とキリンの首との間に明確な差はない

フィンチの嘴の形状の変化でさえも複数の遺伝子が係っているとされる。
キリンの首の場合はどうだ?
骨格のみならず、循環器系、消化器系、呼吸器系、神経系統、更には視覚、聴覚、それに関連した脳機能それらすべてが、同時進行で変化しなければならない。
それを可能にするためには、関連した膨大な数の遺伝子群が連携してバランスを取りながら変化していかなければならない。
そのバランスが崩れれば、あっという間に死に絶える。
自然選択が働くとするならば、それは個々の遺伝子に対してだ。
突然変異はランダムで、他の遺伝子と連携して起こることなど無い。
連携が可能なメカニズムズムなんて果たして存在しうるだろうか?
つまり、遺伝子間の連携、それがあり得ないことぐらいの判断はつくだろう。

蟻などの群知能に関しても、全く同じことが言える。
連携した同時進行の変化の必要性だ。
以前にも書いたが、恐竜から鳥への進化については言うまでもない。

進化には一定の方向性がある。

このような驚くべき混同(フィンチの嘴とキリンの首ような)と、ロジックの極めて雑な組み立ては自然選択論者によく見かける。
つまりは、信じたいがための、の動機が優先してしまった結果だ。
 
》記事一覧表示

新着順:45/8337 《前のページ | 次のページ》
/8337