スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:45/8346 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ところで

 投稿者:神って誰  投稿日:2017年 3月 6日(月)22時39分18秒
  通報 編集済
  ものが見える、とはどういう事か?
前に書いたように、そもそも人間の視覚は、脳による補正がなされている。
それ以前に、いったい見える、ってどういう事?

角膜から侵入した光が、水晶体によって屈折し網膜に結像する。
その像が視覚野に伝達され更にそれが大脳皮質に伝わる事によって、人間は物を見ることが出来る、とされる。

これが画像認知の基本原理とされるものだが、では一体大脳皮質ではどうやって像を見てる?
その網膜に結像したのを映像として大脳皮質で知覚する原理は何だ?
網膜に映ったものをまた更に知覚する、認識している主体は一体何だ?

夢で、或いは想像で、人間は映像を知覚することができる。
その場合、網膜には当然何も結像していない。
つまり、人間は網膜に拠らずにも、映像を知覚することができる。
経験則的に言えば、それは意識と呼ばれるものだ。

では、意識とは何か?
意識の話も前にもしたね。

意識とは単に脳内のニューロンの電気的信号に過ぎない、と断言する唯物論的な学者もいるようだが、睡眠中の無意識状態にあっても、ニューロンが活発に活動していることが観察されている。
以前にも書いたが、意識は物質的なメカニズムではとても説明がつかない。
肉体から遊離した意識が確認されている。

前世の記憶を主張する人たちがいる。
身近でも、前世、受胎前、胎内、出産時の記憶があると語る人もいる。
かなりリアルで、あながち作り話とも思えない。

幼い頃、意識は生物が複雑に進化する過程で発生したものなんだろう、と漠然と考えていた。
幼いころの直観は、当たる事もあれば外れる事もある。
矢張り幼い頃は、絶対空間、絶対時間を単純に信じていたからね。

意識が知覚の統合である事は、現在一般的に認識されている。
実は、知覚が統合されることは生命体にとって極めて重要なことだ。
運動だけを例にとっても、全身の知覚を統合することによって初めて全身の行動をコントロールすることができる。

ロボットを例にとって考えてみればいい。
各所に張り巡らされたセンサーを統合してコントロールしなければ、満足に歩行すらできない。
(歩行させるのもそれ自体かなり高度な技術だが)

 
》記事一覧表示

新着順:45/8346 《前のページ | 次のページ》
/8346