スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:45/8348 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

老いも

 投稿者:神って誰  投稿日:2017年 3月 7日(火)23時52分15秒
  通報 編集済
  同様、周到なプログラムが組まれている。
死に至る過程だ。

だがら、逆に言えば不老不死の設定も可能だったはずだ。
何事もなし得る筈のID だからね。

言い換えれば、敢えて限りある生命が選択された訳だ。
つまり世代交代が義務付けられている。

それは進化の為の選択、と言えるかもしれない。
従って、我々人類も、次の世代に文明と英知を引き継いでいくことが当然の義務であるという話にもなる。

まあ、不老不死で次々に自己変革を遂げで自身で進化していく、なんていうモデルが考えられなくもないけど、そのような選択はなされなかった訳だ。

恐らくそれがIDの設計思想、という事だろうが、前提となる事実を固めずにあまり設計思想に前のめりになって突っ込んで行ってしまうと本末転倒になる、と言うか事実とのバランスを失するので注意も必要だが。

少し話を戻そう。

河を渡るヌーの大群は、そのうち何頭か必ずワニに捕食される。
何千年経っても、ヌーはワニの捕獲から逃れるスキルをあげる事は無い。

同様に、肉食獣に捕獲され続けるシマウマの目立つ縞は、いつまでも鮮やかなその縞模様を目立たないものに変えようとはしない。

カッコーが托卵して孵った雛は誰に教えられでもなく生まれて数時間でオオヨシキリの卵を巣の外に掻き出す。
カンガルーの子供は誕生時体長2センチほどの殆ど胎児の状態だが、これも誰に習うでもなく、何一つ迷う事も無しに母親の腹の上を一直線登り進んで母親の袋の中に入り込む。

つまり生まれながらにプログラムされた本能だ。

t.b.c.
 
》記事一覧表示

新着順:45/8348 《前のページ | 次のページ》
/8348