スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:41/8346 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

睡眠は

 投稿者:神って誰  投稿日:2017年 3月12日(日)15時24分37秒
  通報 編集済
  人間の最も日常的な生理現象の一つであるにも拘わらず、その本質が明らかになってるとは言えない。

睡眠が、脳機能の損傷を修復する復働きを持っている、という事までは理解されているが、その機能の詳細な働きは未解明だ。

睡眠を必要とする動物に、無理やり眠れない状態を3週間以上強いると、例外なくその動物は死に至る。

その死体を詳細に調べてみても、少なくとも解剖的所見からは何処にも、体にも脳にも何の損傷も発見できない。

脳を持っている生物は、例外なく睡眠が必要とされる。
飛び続ける必要のある渡り鳥や、泳ぎ続ける必要のあるイルカたちも、半球睡眠と言う形で睡眠を取っていると考えられている。

睡眠は脳のある生物の生存のための必要条件な訳だが、では何故脳は睡眠を必要としているのか、休息の為、と言うのは簡単な答えだが、その本質は不明だ。

防御的な観点から考えれば、睡眠状態は明らかに不利だ。
自然選択においては、単純に考えれば睡眠を持つ者が淘汰される側である事は容易に想像がつく。

実際睡眠状態自体は、とても生存の為に有利とはいえない。

にも拘らず、睡眠が生物にとって必要とされる理由は何なのか。


レム睡眠では主に夢を見ているが、ノンレム睡眠ではほぼ意識のない状態とされる。
つまり意識のスイッチがオフになっている状態な訳だ。

体を休めるためだけであれば、敢えて意識をオフにする必要はない。

この、生物にとって極めてリスキーな、意識がオフになっている状態を作り出すためには、生存を続けるためには同時にそこから覚醒するシステムを準備しておくことが不可欠だ。
オフのままでは、能動的な生命活動が再開できず、そのまま死んでしまうからね。

オレキシンがその覚醒を制御しているとされるが、生存の為には睡眠と覚醒はそのオン、オフを切り替えられる仕組みをセットで用意しなければならない。

これもまた、自然選択などではとても説明のつかない、予めの極めて周到な設定と道具立てが必要であるのは、言うまでもない事だ。

t.b.c.
 
》記事一覧表示

新着順:41/8346 《前のページ | 次のページ》
/8346