teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


かなりご無沙汰しております。

 投稿者:インザス2000  投稿日:2014年12月15日(月)04時00分52秒
  お久しぶりです。何年ぶりかって所ですが,元気です。とりあえず大病を乗り越え、子供も4人に増え、嫁さん共々四十路になり、転職し、相変わらずバンドばっかやってますが元気です。最近は谷山さんの猫はもえているって曲をよく聴きます。それではまたの機会に。  
 

ありがとうございました

 投稿者:卓さん  投稿日:2010年 1月24日(日)17時25分54秒
  おかげさまで無事、いくりさんと連絡が取れました!

もちろんこちらも残して行きますが、いくりさんからの連絡によると
携帯からうまく閲覧できないとのこと……むむ?なんでだ?
皆がちゃんと見ることができておしゃべりできるなら、ここも大事な
コミュニケーションの場として、まだまだ活用して行きたいですね~。
 

いくりさんへ

 投稿者:卓さん  投稿日:2010年 1月16日(土)22時44分2秒
  ご無沙汰しております、まだご覧になられてますでしょうか……?

卓さんは最近、活動の場を「mixi」に移して、日記を書いたりコメントしたりしています。
もしmixiアカウントをお持ちでしたら「卓さん」もしくは「お散歩時間」で
検索をかけてみて下さい。

もしアカウントをお持ちでないようでしたら、いくりさんにでしたら
対応させていただきますので、一声お声かけを!
 

火鉢を貰い受けました。

 投稿者:いくり  投稿日:2008年 2月18日(月)17時56分30秒
  はんてんを着て、手をかざしてると、ほっこりします。

すっかりご無沙汰してしまって、ごめんなさい。
みやさん、ご懐妊おめでとうございます。
生まれてくるお子さんも谷山さん好きになるかも・・・。
家族で谷山さんコンサートなんて、素敵ですね♪
会場にカップルや家族連れがいらっしゃるのに、昨年12月もわたしは夫を連れて行くことができませんでした(涙)。

夜の図書館の白い灯りと街灯、街路樹、そこを歩く女の子、という絵は、
みやさんのいわれるように、風流だと思います。
ばってん、そこにいるのは「おさんどん」ですけん、ちょっと笑えます。
図書館は谷山さんのお好きなモチーフでは?と思いますが、
あんまり曲はないでしょうか?
「図書館はどこですか」以外「ひまわり」くらいしか思いつきません。

冬の曲、冬の曲、と思いながら、『僕は鳥じゃない』を聴いていました。
「おひさま」は冬のひだまりですね。
アルバム全体にわたる澄んだかんじが冬の空気を思わせます。
「あかり」や「夢の歯車」のような静かな曲もしみじみ染み渡ります。
「窓の外を~」も静かな曲なので聴き流していましたが、
改めて歌詞カードをみると、重いんですね。
『僕は~』は谷山熱が復活した、とても好きなアルバムです。
華やかな曲ばかり聴いていたのですが、みやさんのおかげで、静かな曲も聴きいることができました。
わたしも冬の曲を探そう!としましたが、思いついたのは「銀の記憶」。
これは歌詞にまんま「冬」と出てくる・・・!
単純なわたし・・・と思ったのですが、ついでに『カイの迷宮』も聴きました。

ところで、みやさんは、新アルバムを「へんてこ」と思われないなんて、
もうどっぷり谷山ワールドに浸ってますね♪
胎教にはどのアルバムを聴いてますか?
谷山さんは肯定していくちからがすごく強い方だと思うので、
これから育っていくお子さんのエネルギーになりそうです。
もうちょっと寒いですけど、春がやってくるのを待ちながら、
からだに気をつけて過ごしましょうね。
ではでは。
 

こんにちは!

 投稿者:みや  投稿日:2007年12月20日(木)10時41分7秒
  いくりさんこんにちは。
お風邪治られたようでよかったです。
でもまたインフルエンザが流行りだしたみたいです。お互い気をつけましょう。

図書館、街路樹、街灯って谷山さんの世界にリンクする言葉ですね。
歌われた歌もよく合うように思います。そういえば「SORAMIMI」や「ガラスの巨人
」は私も、夜道でよく頭に浮かびました。
口ずさむ最中の心境からするときっと失礼だと思いますけれど、その時のいくりさんを思い浮かべるととても情景に合った、風流な感じを受けます。
その頃からとても谷山さんの歌がお好きだったんでしょうね(^-^)

新譜は正直、そんなにヘンだとは思いませんでした。ってことは私も谷山さんワールドにどっぷりつかってるってことですね(^_^;)
ただ、確かに理詰めではないですね。考えれば考えるほど主題がつかめなくなるような気がします。夫が「まもるくん」の解釈に悩んでいましたよ(笑) 実は今妊娠中なので、今回のゆったりした曲調は胎教にいいかも!?と思ってよく聞いています。

そういえば私にとっての冬の曲は「窓の外を誰かが歩いている」です。
でもやっぱりアルバム「僕は鳥じゃない」で聞くと冬・・?ですね(^^;)

年末年始、慌しい時期になりますね。
お互い健康で来年を迎えましょう(^o^)/
 

小春日和というのでしょうか?

 投稿者:いくり  投稿日:2007年11月30日(金)15時32分26秒
  秋も終わりですね。
おお、おこた、早い!と思いましたが、お返事が遅くなって、もうおこたの季節ですね。
ぬくぬくしたいです。
確かにこの季節にMezzo Pianoはいいですね♪

みやさんは月側ですか。わたしは「わたし」側かな。
「月」と「わたし」が渾然となるところが、いいですよね。
わたしも夜、図書館に通って、街路樹と街灯のある道をとぼとぼ歩いてるとき、
谷山さんを歌いました。
わたしは「SORAMIMI」「ガラスの巨人」「影ふみ」あと「会いたくて」かな?
夜道に合いますね。
そう!「流星少年」がありましたね!
不安がりなのは、わたしの悪い癖だと思ってましたが、
共感していただいて、ほっとしました。

さて、新譜出ましたね。
前に谷山さんのページで「ヘンな歌、好きです、というひとがついてこれないような(というようなキツイ言い方はされてませんでしたが)ヘンな歌をつくった」と書かれてましたが、
ほんと、ヘンテコでかわいくて、みょうちくりんで・・・、なんと表現したらいいんでしょう?語彙がない。
わたしは「クリルカリル」や「お昼寝宮・お散歩宮」のような理詰めの作品が好きなんですが、今度の新譜は、時間や空間がたゆたう異次元に行っちゃってますね。
繰り返し聴くほど、不思議さが増します。
みやさんは、どうお聴きになられましたか?

わたしもここで、みやさんとおはなしできて、とても嬉しいです。
風邪は治りました。
優しいおことば、ありがとうございます。
嬉しいです。

これから年末でばたばたしますね。
みやさんもおからだに気をつけてお過ごしください。
ではでは。
 

早々と、おこたを引っ張り出しました

 投稿者:みや  投稿日:2007年11月13日(火)11時08分6秒
  いくりさんこんにちは。
段々回復されているみたいで安心しました。
「ハーブガーデン」聴きながら体を休めてください(^^)/

そういえば、「SORAMIMI」にちゃんと流れ星がありましたね!
久しぶりに歌いました(^-^*)えっと、アカペラで(>_<)
ありがとうございました。
「流星少年」とか、そのまんまの歌もありましたね。
(浩子さんの話をこんなにおおっぴらに出来るって、ストレス発散にとても効果的です^o^)

「月が誘う」でいくりさんが感じられている「なんとなく不安な感じ」に、少し共感を感じます。
私がこの曲を良く聴いていたのは大学時代で、このままで研究がうまく行くのか!?っていう不安要素を吹き飛ばす気持ちで、少し強めに口ずさんでいました。
「わたしじゃない月のわたし」も同時期に聴いていましたよ。(発売は随分ちがいますけど^_^;) 夜、車で下校するときの気分にぴったりでした。
状況は追いかけられる方だったんですが、気持ちの上で私の役柄は月寄りでした。

秋といえば、「夕焼けリンゴ」なんですが、水玉時間のアルバムの全体の雰囲気は初夏かな・・・。なんとなくですけど。
難しいですね。Mezzo Pianoとか、歌無しですけど、合う様な気がしますが、新譜にも大期待ですね♪
 

秋が深まっていきます。

 投稿者:いくり  投稿日:2007年11月 3日(土)17時23分47秒
  みやさん、かえってご心配をかけてごめんなさい。
もう、治ると思います。

「SORAMIMI」、わたしも流れ星のイメージがあって、でもサビの部分にはそんな歌詞がないので、あれ?と思って最初から歌ってみました。
そしたら、ありました、「流星」ということばが。
みやさんも歌ってみてください。
気づかなかったんですが、【流れ星】、谷山さんの歌に結構ありますね。
『僕は鳥じゃない』聴いていたんですが、「笛吹き」にも「僕は帰る きっと帰る』にも出てきます。他にもありそうですね。

みやさんが「月が誘う」を話題に出されていたので、久しぶりに『しまうま』聴きました。「ハーブガーデン」もあって、このトーンは風邪の気分に合ってました。
「月が誘う」を聴いてると、主婦になりたての頃の、すごく時間もあって自由なんだけど、なんとなく不安な感じを思い出します。
みやさんはどんな感じなのでしょう?
でも、谷山さんには、月が追いかける歌も多いですね。「三日月の女神」とか「わたしじゃない月のわたし」とか。
静かに怖いですね。

わたしがよく鼻歌で歌うのは「MOON SONG」。心ならずも夫を不機嫌にしてしまったとき、とか、ひとり歌います。
「ゆりかごの歌」を声にだして歌ってたときは、夫に動揺を与えてしまいましたが(笑)。(いや、これは夫と喧嘩したときではなくて(笑))
あと「小さな魚」が励ましソングです。

今日はみやさんのおかげで『しまうま』を心地よく聴くことができました。あまり聴かないアルバムだったんです。今日の気分にはぴったりでした。
秋にはどのアルバムが似合うかなあ?
やっぱり新譜かしら?

ではでは。
 

うちの周りの金木犀はすっかり香を失いました (;_;)

 投稿者:みや  投稿日:2007年10月30日(火)10時44分51秒
  いくりさん、
お体大丈夫ですか!?
私への返信なんて、お体の方が大事です。

月の歌といえば、[月が誘う]を結構鼻歌で歌ったりしています。
ガラクタ♪の所が、私自身をあらわしているようで好きなんです。
でもそういえば、月食の歌ってないですね。
というよりも、浩子さんだけではなくて普通に少ないですね(^^;)
流れ星の歌は結構あるのに・・・

と書いてふと思っちゃいました。
そういえばsoramimiって流れ星の歌ではないですね。

天体ショーは、どこかしらアクティブなイメージがあるので、いい意味で暗さのある浩子さんには敬遠されちゃっているのでしょうか。

ともかく、来月の新譜が楽しみです。
いくりさん、お返事は大丈夫ですから、お体を休めてください。
 

金木犀の香りがします。

 投稿者:いくり  投稿日:2007年10月26日(金)20時21分42秒
  秋ですね。
みやさん、ご丁寧に返信いただいたのに、こちらの掲示板でお返事しようと思いつつ、風邪で寝てました。ごめんなさい。
ほんとにいいお天気が続いて、ナマケモノのわたしでさえ、寝ているのがもったいない!ってほどでした。

みやさんには、かえって教えていただくことが多くて、感謝してます。
「お早うございますの帽子屋さん」が3曲。それは、迷いますね。う~ん、欲しいかも。情報、ありがとうございます。

浩子さんと月って、なんか合いますね。いろんな曲が浮かびます。

月食を初めて見たのは、こちらのメインの掲示板で月食が話題になった、2000年のことでした。懐かしいです。・・・

ここで、めまいが・・・。
ごめんなさい。また、ゆっくり書きます。
取り急ぎ、ご返信まで。ごめんなさい。
 

お久しぶりです。

 投稿者:みやメール  投稿日:2007年10月17日(水)11時01分29秒
  こんにちは。
お返事遅くなってごめんなさい。
月食も日食も全部欠けた状態を生で見たことがないので、今回は本当に残念でした。赤い月、よかったんでしょうね。やっぱり日ごろの行いですね(笑)
屋久島も一度行ってみたい場所です。テレビで見るだけでも凄さを感じますもの、壮大なんでしょうね。

「静かでいいな」、私も迷っているんですが、11月の新譜がでるというお話しを聞いて(@w@)、そっちを買ってしまいそうです(^^;)、「お早うございますの帽子屋さん」が3曲も入っていることにほほえましさと浩子さんの音楽活動の長さを改めて感じました。

「鏡」のお話し、よろしいんですか?気を使わせてしまったみたいで申し訳ないです。私は普段携帯を"携帯"しなくて、1日後位に着信やメールに気付くタイプなので(^^;)、時間はいつでも大丈夫ですよ。でもごめんなさい。こんな感じなのでお返事が遅れるかもしれません。因みに前回のメール、何を入れたか忘れちゃったので(苦笑)もう一度入力してみます。
ありがとうございました。
 

明日は十五夜です。

 投稿者:いくり  投稿日:2007年 9月24日(月)09時36分19秒
  晴れるといいな。
月食は曇りだったそうで、残念でしたね。
全部欠けてるときは、月面が赤くて、幻想的でした。

『静かでいいな』は持っているので、買いません。音源が違うようですが、そこまでは聴き分けられないので・・・(涙)。でも11月の新譜は楽しみにしています♪

みやさん、お誕生日が近いんですね。おめでとうございます。お誕生日に贈り物をし合うんですね。なかよしですね♪
『銀の記憶』にある「鏡」についてのエピソード、メールしようかと思いついたんですが、いかがでしょうか?地震のときの書き込みにあるアドレスでいいんですよね?ご都合の悪い時間帯などありましたら、お知らせください。
(わたし自身、ケイタイ持ってなくて、専業主婦にしかメールしたことないので、今ひとつメイワクが分からないのです。)

わたしも猫森集会、見送りです。卓さんはまた行かれるのかな?お時間ありましたら、おはなし聞かせてくださいね。

「はみだしっ子」、ハマられたのですね♪
すごく嬉しいです。
わたしもここで教えて頂いた川上弘美さんにハマってます。
特に、みやさんに『椰子・椰子』をススメて頂いて、最初に読んだのがよかったです。またオススメがありましたら、よろしくお願いします。
橋本みつるさん、「GET DOWN」を読み返してたら、悪寒がしました。1シーン、1シーンが鮮烈で、強く印象に残ります。谷山さんの世界とは違いますが、「いちゃつく」(とまんがの中によく出てくる)恋愛まんがで、20年前の投稿作の頃からのファンです。

屋久島に行ってきました。シダと苔むした岩を見ていると「恋人の種」が口をついて出ました。
 

秋ですね

 投稿者:みや  投稿日:2007年 9月19日(水)10時56分32秒
  こんにちは。
月をめでながら花火とは。
なんだか凄く贅沢な風景ですね♪
月食は見られなかったんですよ(;_;)そもそもニュースのコラムで月食を知った時間が夕方・・・は!と気付いて外に出るも、一面の曇り空。
とても綺麗にかけていたとのことだったので残念に思っています。

新譜を購入されましたか?
もうすぐ誕生日なので何か浩子さんのアルバムをおねだりしたいんですが、以前お話に出た「銀の記憶」をおねだりしようかなと。今回の新譜はまた今度になりそうです。
丁度今猫森集会ですよね。行くわけでもないので、指をくわえてコンサートアンケートを見ることになりそうです(笑)

そういえば新潟には漫画家が多いみたいです。
私もわかつきめぐみさんの描く学園生活にあこがれますが現実はやっぱり・・・(苦笑)
この掲示板ではみだしっ子等、素敵な作品を紹介してもらいました。(凄くはまってます^-^)橋本みつるさんも今度読んでみたいです♪
 

昨日は月食でした。

 投稿者:いくり  投稿日:2007年 8月29日(水)07時33分43秒
  ご覧になりましたか?
うちは月を見ながら、花火をしました。
虫が鳴いていて、秋の気配です。
(と思いたい。暑い方が得意だったけど、さすがに飽きました)。

ご無沙汰しています。
せっかくお返事いただいたのに、とんでしまってごめんなさい。

谷山さん、新譜が出ますね。
毎回、進化していかれるところがすごいです。
歳を重ねるっていいなあ、と思います。
谷山さんワカいけど。
このあいだ、谷山さんがコギャル(死語?)の格好して踊りながら歌われる夢みたけど。(みなさん、ごめんなさい。)
谷山さん、そこまで若くないけど。(せめてなんの曲か覚えていたかった。)

「ゆりかごの歌」は心底怖ろしいですね。
わたしも戦争のシーンなどがテレビで流れると、思い出します。
「学びの雨」もアフガニスタンで学校に通えるようになった女の子たちの歌だとどこかで読んだような気がします。
新譜もまた谷山さんらしい世界の読み方を伝えてくれるのでしょうか?

今、橋本みつるさんのまんがを読んでいます。
新潟県のまんが家さんで、わかつきめぐみさんと合わせて、
新潟の学園生活ってこんなに楽しいのかしら、
と昔から羨ましく思ってます。

夏バテで乱文です。お許しください。ではでは。
 

安心しました。

 投稿者:いくり  投稿日:2007年 7月17日(火)13時40分45秒
  卓さんもみやさんもご無事でよかった。
大変な折にお手数おかけしました。
安心しました。

ではまた。
 

地震大丈夫でした。

 投稿者:みやメール  投稿日:2007年 7月17日(火)10時41分16秒
  私地震は被災地に居なかったんですが
連絡が取れるまではやっぱり不安でした。
御心配有難う御座います。
卓さんも御無事のようでした。
余震もありますがとりあえず一安心、
ほっとしております。

まずは御報告まで。
どうも有難う御座います。
 

地震

 投稿者:いくり  投稿日:2007年 7月16日(月)15時42分4秒
  今日、テレビをつけてなくて、今地震を知りました。
卓さん、ご無事ですか?
みやさんもご実家、心配ですね。
落ち着かれてからでも、お知らせください。

みやさん、嬉しいおことば、ありがとうございます。
お返事はまた今度ゆっくりとします。
では、では。
 

雨大丈夫でしょうか?

 投稿者:みや  投稿日:2007年 7月12日(木)11時16分21秒
  こんにちは。
歳を重ねるのが好きとおっしゃえるいくりさんはとても素敵です(^-^)
「翼」のこと、多分いくりさんがおっしゃるとおりです。
初めて「翼」を聞いたときに自然に911を想像してしまい、怖いっって思ったんですよね。歌の怖さと、当時NEWSで見た映像の怖さがだぶって怖さが倍増したのかもしれません。「学びの雨」や「パタパタ」等好きな歌も沢山あるんですが。

浩子さんの画期…
判定できるほど沢山は(特に初期の作品は)聴いていないので難しいです(^_^;) でも確かに「宇宙の子供」など最近のアルバムはちょっと雰囲気が違う気がしますね。こういう違いを見つけるのもまた楽しいですね♪
 

梅雨の晴れ間です。

 投稿者:いくり  投稿日:2007年 6月27日(水)09時57分40秒
  『翼』は「学びの雨」や「ゆりかごの歌」が収録されてて、9・11以後の作品ですよね。谷山さんの歌は「ゆりかごの歌」以後、「殺す」ということばが出てこないようにも思うんですが。昔ので「そのとき」とかもあるけど、はっきり社会の事件の刺激を受けられて作られたのは、『翼』ですね。みやさんもそこのところを感じられるのですか?
わたしが淋しがりの酷いとき聴いていたのは、『宇宙の子供』でした。このときの猫森集会のパンフで、谷山さんも「淋しい」をテーマに序を書かれていました。名盤だと思いますが、そのときの気持ちを思い出すので、恐ろしくて最近聴いてません。
『銀の記憶』は春の終わりや秋の終わり、曇りの日で気持ちがしんと落ち着いてるとき聴くと、染みわたります。
わたしも春、桜が一斉に咲く頃は、ぞっとします。でも歳を取るにつれて大分慣れてきました。けっこう歳を重ねるのは好きです。
みやさんの書き込み見てて「谷山さんの画期ってどのアルバムだろう」と考えていたのですが、正直、自分の人生の画期になってしまいます(笑)。
『水の中のライオン』、『天空歌集』、『宇宙の子供』、かなあ。
でも失恋3部作のあとの『たんぽぽサラダ』とかの方が、ご本人としては大きな変化かもなあ、などと考えてしまいます。
みやさん、ほかのみなさん、どうお考えになりますか?
 

うちの紫陽花も青くなってきました

 投稿者:みや  投稿日:2007年 6月19日(火)11時03分35秒
  こんにちは。お返事があいてしまってごめんなさい。
多分私が気付かないだけで、歌には作っている人の感情が映し出されていると思います。私がそれを感じてショックだったのはアルバム「翼」でした。
近いうちに「銀の記憶」にも触れてみたいです(次回の誕生日プレかな^-^*)いくり さんが感じた気持ちを少しでも感じられたらいいなと思います。私は結婚して居住地が変わって、淋しがり、というよりは毎年春ごろ、ちょっと憂鬱になります。あんまり季節がのんびりさわやかで行事も特にないので、余計なことを考えてしまうからかな、と自己分析したこともありますが。私も浩子さんのように素敵な年を重ねていきたいです。
ネットって普段の生活にないすばらしい出会いがあって、とても利点だと思うんですけど、実際にお会いしにくいのが少し悔しいですね。卓さんみたいにフットワークを軽くしなくちゃとは思ってるんですが、なかなか難しいですね…(;_;)
 

レンタル掲示板
/9