teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ssクラス特売http://www.2chshop.com/ss.htm(13)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


わ、一番乗り?

 投稿者:KEI  投稿日:2017年12月11日(月)18時14分25秒
返信・引用
  「万屋大悟の・・・」
土曜日に届きました、カバーがオッチャンの写真だったので一瞬柴田よしきさんのハナちゃんかと思ったけど(ウソです、全然似てませんよね)一気に読了

なるほど・・・そういうことでしたか・・・自称スレッカラシがあっさりやられました
やっぱし太田さんにハズレなし!!

http://blog.goo.ne.jp/keiyoshino

 
 

Re: 新刊

 投稿者:太田忠司  投稿日:2017年11月28日(火)09時46分7秒
返信・引用
  > No.3085[元記事へ]

KEIさんへのお返事です。

> 来月発売とAzonが知らせてくれました
> 楽しみに待っております

今週末には見本ができるそうです。お楽しみに。
 

新刊

 投稿者:KEI  投稿日:2017年11月27日(月)13時13分43秒
返信・引用
  来月発売とAzonが知らせてくれました
楽しみに待っております

http://blog.goo.ne.jp/keiyoshino

 

Re: 『ミステリなふたり あなたにお茶と音楽を』

 投稿者:太田忠司  投稿日:2017年 7月17日(月)10時22分31秒
返信・引用
  > No.3083[元記事へ]

〇MACO-POOHさん

 お読みいただきましてありがとうございます。
 冒頭のモノローグは第一回に書きましたけど、新太郎君がイラストを付けている菅沼絵美子という作家のエッセイです。
さだまさしは、彼の曲に「パンプキンパイとシナモンティー」という有名なのがありまして、それのことです。
 

『ミステリなふたり あなたにお茶と音楽を』

 投稿者:MACO-POOH  投稿日:2017年 7月15日(土)14時05分2秒
返信・引用
  読了しました。
今回は築山瞳さん目線ですね。

ところで、最初のモノローグ部分は新太郎くんでしょうか?
最後の「さだまさし?」の意味が良くわからなかったのですが。

ではでは。
 

Re: 現代の小説2017

 投稿者:太田忠司  投稿日:2017年 7月 1日(土)10時45分52秒
返信・引用
  > No.3081[元記事へ]

〇KEIさん

 ありがとうございます。
『猫とスコッチ』は我ながら気に入っている短編です。今回このアンソロジーに選ばれて本当に嬉しかったですね。
 また思いついたら、こういうシリーズ物ではない独立した短編を書いてみたいです。
 

現代の小説2017

 投稿者:KEI  投稿日:2017年 6月30日(金)09時45分3秒
返信・引用
  昨日届いたので即拝読しました
さすが冴えてますね、まだ全部読んでないけど今のとこ太田さんが一押しです
でもこのヤなヤツはどこへ行っても同じことをやりそう、もう一発お灸をすえてやらなきゃ収まらない
と思う私は根性悪なんでしょうか?

http://blog.goo.ne.jp/keiyoshino

 

Re: 現代の小説2017

 投稿者:太田忠司  投稿日:2017年 6月22日(木)10時22分35秒
返信・引用
  > No.3079[元記事へ]

〇MACO-POOHさん

 お買い上げありがとうございます。
 収録されている『猫とスコッチ』は我ながら自信作であります。
 楽しんでいただけたら幸いです。
 

現代の小説2017

 投稿者:MACO-POOH  投稿日:2017年 6月22日(木)01時18分37秒
返信・引用
  が届きました。それも警報が出るくらいの豪雨の中です。
郵便やさんに感謝です。
週末にゆっくり読む予定です。
 

Re: 『優しい幽霊たちの遁走曲』

 投稿者:MACO-POOH  投稿日:2017年 3月17日(金)23時28分46秒
返信・引用
  太田忠司さんへのお返事です。

毎度お世話様です。

nifty のメールアドレスは生きていますか?
(そちらへ返事を入れましたが)
宜しくお願い致します。


> 〇MACO-POOHさん
>
>  読了ありがとうございます。
> 『優しい幽霊たちの遁走曲』は僕がこれまで書いてきた小説の中で一番「変」なものを目指しました。
>  だからいつもの雰囲気とは違っていると思います。
> 「sarisari」で書いている『沙之里幽譚』もミステリではありませんが、別の意味で振り切ったものを書くつもりでいます。
>
>  ところでMACO-POOHさんって、今でもあの会社にお勤めでしたっけ?
>  今度、僕が勤めていたバブル時代のことを書こうと思ってるんですが、よかったらあの頃のことをちょっとお話ししたいなと思って。
>
 

レンタル掲示板
/152