管理者様へteacup.から重要なお知らせがあります。管理画面よりご確認下さい。

 投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.02.17)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 2月18日(木)20時19分37秒
  ★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.02.17)内外での制裁強化は大きなチャンス-飯塚繁雄家族会代表

本日2月17日、自民党拉致問題対策本部(古屋圭司本部長)会合が開催され、
家族会から飯塚繁雄代表、救う会から平田隆太郎事務局長が参加した。また、調
査会から荒木和博代表、村尾建兒専務理事が参加した。政府からは加藤勝信・拉
致問題担当大臣他、各省庁の担当者が参加した。飯塚代表の発言等は以下の通り。

■内外での制裁強化は大きなチャンス-飯塚繁雄家族会代表

飯塚繁雄(家族会代表)

 日本がいち早く制裁案を発表したことは、日本が拉致・核・ミサイルの順で考
えていることを示したものと思う。また国連安保理事会でも実効性のある措置が
出てくると思う。

 北朝鮮のトップが被害者を返さざるを得ない状況にするしかないし、今回の内
外での制裁強化は大きなチャンスと見ている。交渉窓口は必要だが、政府の強力
な態度と意思が示されたのはチャンスだ。

 しかし、制裁をかけたことで終わるのではなく、次の手も考えて、スピーディ
な措置ができるようにしてほしい。制裁はあくまで手段であり、目的は被害者の
帰国だ。今年もまた待っているので結果を出してほしい。

加藤勝信・拉致問題担当大臣は、北朝鮮が日本人拉致被害者に関する再調査を
全面中止したと発表したが、家族の思いを考えると受け入れることはできない、
と批判した。

 古屋圭司・本部長は、「デービッド・スネドン氏の失踪に関する両院一致決議
案」が米国の上下両院に提出されたことを踏まえ、採択に向けて来週訪米すると
表明した。

 質疑応答では、「出入国管理統計では韓国と北朝鮮を区別して掲載すべき」、
「国連からの圧力を重視すべき」などの意見が出された。

以上



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784  http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

【調査会NEWS2121】(28.2.17)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 2月18日(木)20時18分32秒
  【調査会NEWS2121】(28.2.17)

※このメールには返信しないで下さい。お問い合わせ等は調査会のアドレスcomjansite2003●chosa-kai.jpないし代表荒木のアドレスkumoha351●nifty.com(●を半角の@に変える)までお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■蓮池薫さんの講演

          荒木和博

 2月13日に千葉県市原市で蓮池薫さんの講演がありました。私は参加していないのですが、参加されていた方から内容についてお聞きし、いくつか非常に興味深いことがありました。

 一つは問題になった兄透さんの本とかなり違ったことを言っているという点。たとえば透さんの本では薫さんが横田さん夫妻にめぐみさんが死んだことを伝えているのに信じようとしないと言っていたと書かれていますが、薫さんはめぐみさんの死自体を否定しています。講演の中でこの本のことにも触れ、(兄のやったことに対して)お詫びの気持ちで話したとも言っているそうです。透さんの本はその意味で薫さんから聞いた事実を書いたというより、何者かの意志と情報に基づいて書かれたのかも知れません。

 また、拉致の目的について薫さんは「工作員の教育係」ではなく「工作員にするため」と明確に言ったそうです。もともと工作員の教育係というのは昭和51年(1976)の金正日の指示(工作員現地化)を根拠としているのですが、それよりも直接工作員にする目的が先にあり、それがうまくいかなかった場合に教育係ということだったのでしょう。そう考えれば中学校1年生の少女を拉致しても全く不思議ではありません。元工作員安明進氏も若い方が洗脳しやすいのではないかと言っていました。

 もう一つ、薫さん夫妻を返すことになったとき、最初北朝鮮が書いた筋書きは海岸に行ったらボートがあり、それで沖に出たら漂流して北朝鮮の船に助けられた。あとは自分の意志で北朝鮮に残ったというもだったそうです。いくら何でも無理がありすぎて北朝鮮当局も諦めたようですが、これは寺越事件と同じ筋書きであり、また横田めぐみさんの夫であった韓国人拉致被害者金英男氏の話とも酷似しています。場合によったらボートや船が漂流していた明石靖彦さんや矢倉富康さんのケースとも関連があるかも知れません。

 薫さんもここまで公開の場で話せるなら、ぜひ国会とか、より公的な場で話してもらえないかと思います。話せないことも色々あるとは思いますが、この講演で話したことだけでも十分に意味はあります。与野党もつまらないことで揚げ足取りや弁明をして時間を浪費するよりこういう話でも聞いた方がはるかに価値のあることであるはずです。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです

22:00~23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか

1:00~2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■1月29日記者会見・講演会の映像は次のところでごらんになれます(5本に別れています)

(1) https://youtu.be/qMIrxm1pZko

(2) https://youtu.be/Z80bSJswQRM

(3) https://youtu.be/bpk5Afj_1XE

(4) https://youtu.be/13x4czfMctI

(5) https://youtu.be/2QuTMTT39Go

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか

●代表荒木が出演

●YouTubeで視聴可能

https://youtu.be/i1I1KIXXV78

-----------------

★3月5日(土)13:30「『拉致被害者救出と自衛隊』シンポジウム(5)」(予備役ブルーリボンの会主催)

●拓殖大学文京キャンパス(東京都文京区小日向3-4-14 丸ノ内線茗荷谷駅下車 徒歩5分)

●代表荒木が参加

●問合せ:info@yobieki-br.jp

★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)

●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)

●代表荒木が参加

●問合せ:奥さん(090-3929-5267)

●参加費:5000円(飲食代を含む)

※要事前申込

----------

★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)

●定価1800円(税別)

●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。

_________________________________________

特定失踪者問題調査会ニュース

---------------------------------------------------------

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059

email:comjansite2003■chosa-kai.jp

※■を半角の@に置き換えて下さい。

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A

発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)

※■を半角の@に置き換えて下さい。

●カンパのご協力をよろしくお願いします。

郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会

銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会

(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
 

【調査会NEWS2120】(28.2.16)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 2月18日(木)20時16分31秒
  【調査会NEWS2120】(28.2.16)

※このメールには返信しないで下さい。お問い合わせ等は調査会のアドレスcomjansite2003●chosa-kai.jpないし代表荒木のアドレスkumoha351●nifty.com(●を半角の@に変える)までお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■誕生日

      荒木和博

 今日は金正日の誕生日です。

 金正日は公式には1942年2月16日に中朝国境に近い北朝鮮の白頭山の密営で生まれたことになっています。実際には生年は1941年で、父親金日成の1912年と合わせるために1才サバ読んでいます。また、金日成自身白頭山で抗日闘争などやっておらず、金正日が生まれたのは旧ソ連、ハバロフスクの近郊でした。

 しかしこの「伝説」のおかげで北朝鮮には金正日の「生家」があります。また1980年代頃、白頭山のあたりで抗日闘争をしていたパルチザンが金正日の誕生を喜んで木に「白頭光明星誕生」とか彫り込んだ「スローガン樹木」が相次いで発見されました。何でそれまで見つからなかったのかよく分かりませんが。

 日本に限らず、神話の存在する国はいくつもあります。神話が事実かどうかなどというのは議論しても仕方ないことで、それを言っていれば宗教も成り立たなくなるでしょう。しかし北朝鮮のはそんなレベルではなく、単なるウソです。ウソで始まり、そのウソにウソを重ねて今日にいたっています。金正日は父親のウソを真実として誇張し、その息子として人民の上に君臨しました。しかし最後は父親を死に至らしめることとなり、自らも70歳で死亡しています。本人の健康を管理する医師は多数いたでしょうが、82才まで生きた父親より遥かに早く死んでしまったのはやはりストレスのせいでしょう。

 さてその息子はどうなるのでしょう。金正日の誕生日にちょっと立ち止まって「そもそも北朝鮮とは何だったのか」と考えるのも悪くはないと思います。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです

22:00~23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか

1:00~2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■1月29日記者会見・講演会の映像は次のところでごらんになれます(5本に別れています)

(1) https://youtu.be/qMIrxm1pZko

(2) https://youtu.be/Z80bSJswQRM

(3) https://youtu.be/bpk5Afj_1XE

(4) https://youtu.be/13x4czfMctI

(5) https://youtu.be/2QuTMTT39Go

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか

●代表荒木が出演

●YouTubeで視聴可能

https://youtu.be/i1I1KIXXV78

-----------------

★3月5日(土)13:30「『拉致被害者救出と自衛隊』シンポジウム(5)」(予備役ブルーリボンの会主催)

●拓殖大学文京キャンパス(東京都文京区小日向3-4-14 丸ノ内線茗荷谷駅下車 徒歩5分)

●代表荒木が参加

●問合せ:info@yobieki-br.jp

★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)

●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)

●代表荒木が参加

●問合せ:奥さん(090-3929-5267)

●参加費:5000円(飲食代を含む)

※要事前申込

----------

★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)

●定価1800円(税別)

●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。

_________________________________________

特定失踪者問題調査会ニュース

---------------------------------------------------------

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059

email:comjansite2003■chosa-kai.jp

※■を半角の@に置き換えて下さい。

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A

発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)

※■を半角の@に置き換えて下さい。

●カンパのご協力をよろしくお願いします。

郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会

銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会

(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
 

【調査会NEWS2119】(28.2.15)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 2月18日(木)20時15分27秒
  【調査会NEWS2119】(28.2.15)

※このメールには返信しないで下さい。お問い合わせ等は調査会のアドレスcomjansite2003●chosa-kai.jpないし代表荒木のアドレスkumoha351●nifty.com(●を半角の@に変える)までお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■水面下

      荒木和博

 この期に及んで政府はまだ水面下での交渉継続を働きかけるのだそうです。

 この言葉の矛盾お分かりでしょうか。水面下でやるなら表には出すべきではありません。「水面下で交渉してますよ」と言った時点でもう水面上にあるも同じです。民主党政権当時中井洽拉致問題担当大臣が知人に「これから宋日昊と秘密交渉をしてくる」と言ったという話がありますが、それと大差ありません。

 本気で交渉するなら表は徹底して制裁一辺倒で強硬にしながら、誰も見えないところで交渉の窓口を開かなければなりません。「水面下の交渉をしています」と言うということは、要はやっている振りをするだけです。「制裁によって一時的に相手が窓口を閉ざすだろうが、これが最善の道と確信している。責任を持ってやるので任せてもらいたい」と、総理も担当大臣もなぜ語れないのでしょう。

 「やると言っておいてやらないようにしよう」と水面下で北朝鮮と合意していないことを祈るばかりです。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです

22:00~23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか

1:00~2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■1月29日記者会見・講演会の映像は次のところでごらんになれます(5本に別れています)

(1) https://youtu.be/qMIrxm1pZko

(2) https://youtu.be/Z80bSJswQRM

(3) https://youtu.be/bpk5Afj_1XE

(4) https://youtu.be/13x4czfMctI

(5) https://youtu.be/2QuTMTT39Go

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか

●代表荒木が出演

●YouTubeで視聴可能

https://youtu.be/i1I1KIXXV78

-----------------

★3月5日(土)13:30「『拉致被害者救出と自衛隊』シンポジウム(5)」(予備役ブルーリボンの会主催)

●拓殖大学文京キャンパス(東京都文京区小日向3-4-14 丸ノ内線茗荷谷駅下車 徒歩5分)

●代表荒木が参加

●問合せ:info@yobieki-br.jp

★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)

●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)

●代表荒木が参加

●問合せ:奥さん(090-3929-5267)

●参加費:5000円(飲食代を含む)

※要事前申込

----------

★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)

●定価1800円(税別)

●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。

_________________________________________

特定失踪者問題調査会ニュース

---------------------------------------------------------

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059

email:comjansite2003■chosa-kai.jp

※■を半角の@に置き換えて下さい。

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A

発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)

※■を半角の@に置き換えて下さい。

●カンパのご協力をよろしくお願いします。

郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会

銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会

(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)

______________________________________________________

 

【調査会NEWS2118】(28.2.14)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 2月18日(木)20時14分26秒
  【調査会NEWS2118】(28.2.14)

※このメールには返信しないで下さい。お問い合わせ等は調査会のアドレスcomjansite2003●chosa-kai.jpないし代表荒木のアドレスkumoha351●nifty.com(●を半角の@に変える)までお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■行動対行動

      荒木和博

 「行動対行動」、政府が事ある毎に持ち出す言葉です。

 一昨年、平成26年7月3日、安倍総理は記者団に対して次のように語りました。

---------------------

 日朝交渉の結果、拉致問題を含め、全ての日本人に対する調査が国防委員会、国家安全保衛部という国家的な決断、意思決定をできる組織が前面に出るという、かつてない態勢ができたと判断した。従って、行動対行動の原則に従って、日本が取ってきた一部の措置を解除することとしたいと思う。

--------------------

 そして、今回「かつてない態勢」がなくなったわけです。本当はそもそも「かつてない態勢」など存在しなかったのですが。

 しかし相手が「行動対行動」で来るならこちらもくり返してきた原則に基づき「行動対行動」でいくべきではないでしょうか。

 ストックホルム合意が破綻していることが明らかになった後、ある政府首脳に総理は外務省に騙されているのではないかと言ったとき、その首脳は(外務省レベルではなく)官邸の意思だから、と言っていました。今回の北朝鮮の発表も明らかに金正恩の意志ですが、こちらも総理の意志でやってきたことであり、それぞれ責任はトップにあります。

 本来「行動対行動」というのは北朝鮮が主権を侵害し、多数の日本人を拉致し、それをほとんど返していないという「行動」に見合う行動を日本が実施するということです。拉致被害者がどうして北朝鮮にいるのかを考えれば、なすべき「行動」も明らかだと思います。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです

22:00~23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか

1:00~2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■1月29日記者会見・講演会の映像は次のところでごらんになれます(5本に別れています)

(1) https://youtu.be/qMIrxm1pZko

(2) https://youtu.be/Z80bSJswQRM

(3) https://youtu.be/bpk5Afj_1XE

(4) https://youtu.be/13x4czfMctI

(5) https://youtu.be/2QuTMTT39Go

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか

●代表荒木が出演

●YouTubeで視聴可能

https://youtu.be/i1I1KIXXV78

-----------------

★3月5日(土)13:30「『拉致被害者救出と自衛隊』シンポジウム(5)」(予備役ブルーリボンの会主催)

●拓殖大学文京キャンパス(東京都文京区小日向3-4-14 丸ノ内線茗荷谷駅下車 徒歩5分)

●代表荒木が参加

●問合せ:info@yobieki-br.jp

★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)

●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)

●代表荒木が参加

●問合せ:奥さん(090-3929-5267)

●参加費:5000円(飲食代を含む)

※要事前申込

----------

★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)

●定価1800円(税別)

●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。

_________________________________________

特定失踪者問題調査会ニュース

---------------------------------------------------------

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059

email:comjansite2003■chosa-kai.jp

※■を半角の@に置き換えて下さい。

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A

発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)

※■を半角の@に置き換えて下さい。

●カンパのご協力をよろしくお願いします。

郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会

銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会

(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
 

<再送>【調査会NEWS2117】(28.2.12)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 2月13日(土)19時46分37秒
  <再送>【調査会NEWS2117】(28.2.12)

※先程送ったニュースで金正恩を金正日と誤記していました。その修正と合わせ再送します。前のものは破棄お願いします。夜遅くにすみません。

※このメールには返信しないで下さい。お問い合わせ等は調査会のアドレスcomjansite2003●chosa-kai.jpないし代表荒木のアドレスkumoha351●nifty.com(●を半角の@に変える)までお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■渡りに船

      荒木和博

 北朝鮮の「特別調査委員会」が調査を止めて委員会を解体すると発表したそうです。

 こっちが政府に求めていたことを北朝鮮の方からやってくれたわけで、文字通り「渡りに船」です。理由は以下の通り。

(1)そもそも「特別調査委員会」など有名無実であり、事実上やった仕事は一昨年外務省などの調査団を受け入れた事ぐらいでしかない。あとはやらないことの時間稼ぎの道具であった。

(2)拉致被害者の情報など、特に帰せる人間の情報はストックホルム合意の時点で集まっており、「調査」というのは北朝鮮側に「調べたら出てきた」という逃げ道をつくるだけの意味しかない。時間がかかるはずはない。

(3)2月初めと言われる総参謀長李永吉の粛清やミサイルの繰り上げ発射、そして今回の発表など、金正恩の意向でなければできるはずがない。ストックホルム合意の交渉を断ち切ればこちらがさらに強硬になることも考えられるのにやってしまったのは長期的な見通しどころか短期的な見通しもないことの証拠。

 今必要なのは北朝鮮の発表に一喜一憂するより、今北朝鮮の中がどうなっているのかを冷静に見つめることです。必ず何かが起きています。日本は原則的な姿勢を貫かなければなりません。制裁は粛々とかけるべきですし、今日総聯が抗議の会見をしたということは北朝鮮の指示による日本社会への挑戦なのですから、こちらは拉致実行犯や協力者の摘発など、北朝鮮が日本国内でやってきたことを厳しく摘発していくべきです。

 いずれにしても、北朝鮮に言うことを聞かせるのは力しかないということを再認識しなければならないと思います。皆がそれを理解してくれれば、これまた「渡りに船」だと言えるでしょう。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです

22:00~23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか

1:00~2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■1月29日記者会見・講演会の映像は次のところでごらんになれます(5本に別れています)

(1) https://youtu.be/qMIrxm1pZko

(2) https://youtu.be/Z80bSJswQRM

(3) https://youtu.be/bpk5Afj_1XE

(4) https://youtu.be/13x4czfMctI

(5) https://youtu.be/2QuTMTT39Go

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか

●代表荒木が出演

●YouTubeで視聴可能

https://youtu.be/i1I1KIXXV78

-----------------

★2月13日(土)13:30「建国記念の日を祝う市民の集い」(建国記念の日奉祝祭実行委主催)

●安城市民会館(JR安城駅徒歩20分  0566-75-1151)

●常務理事三宅が参加

●問合せ:林さん(090-2896-2845)

★3月5日(土)13:30「『拉致被害者救出と自衛隊』シンポジウム(5)」(予備役ブルーリボンの会主催)

●拓殖大学文京キャンパス(東京都文京区小日向3-4-14 丸ノ内線茗荷谷駅下車 徒歩5分)

●代表荒木が参加

●問合せ:info@yobieki-br.jp

★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)

●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)

●代表荒木が参加

●問合せ:奥さん(090-3929-5267)

●参加費:5000円(飲食代を含む)

※要事前申込

----------

★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)

●定価1800円(税別)

●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。

_________________________________________

特定失踪者問題調査会ニュース

---------------------------------------------------------

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059

email:comjansite2003■chosa-kai.jp

※■を半角の@に置き換えて下さい。

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A

発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)

※■を半角の@に置き換えて下さい。

●カンパのご協力をよろしくお願いします。

郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会

銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会

(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
 

★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.02.12)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 2月13日(土)19時45分35秒
  ★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.02.12)「特別調査委員会」解体に抗議する家族会・救う会声明

■「特別調査委員会」解体に抗議する家族会・救う会声明


 本日、北朝鮮は、いわゆる「特別調査委員会」を解体すると発表した。これは、
金正恩政権が多くの拉致被害者を今現在も不法に抑留し続けながら、問題解決の
ための努力を一切しないとの意思を表明したもので、強く抗議する。

 そもそも「特別調査委委員会」なるものは、全ての被害者を返すための形式で
あってそれ自体ほとんど意味がないものだった。なぜなら、北朝鮮当局が厳格に
管理している拉致被害者について調査など必要ないからだ。問題の本質は彼らが
全員を返すという決断をするかどうかだった。しかし、これまでその決断がなさ
れず、時間稼ぎばかりが続いた。

 私たちはすでに2月10日の声明で「ストックホルム合意による交渉は、被害者を
取り戻すための実質的な内容に踏み込めていないように見えていた。今回の強い
制裁実施を背景にして、新しく実質的な交渉を持ち、1日でも早い全被害者の救出
を実現して欲しい」と政府に求めていた。したがって、実質的意味のない特別調
査委員会の解体について、一喜一憂をするものではない。

 安倍晋三総理はこの間繰り返して「北朝鮮に拉致問題を解決しなければその未
来を描くことが困難だと認識させなければならない」と言明してきた。その立場
からぶれる必要はない。いまこそ、制裁強化と国際連携でより強い圧力をかける
べきときだ。

 政府は10日に発表した制裁を早急に実行するとともに、厳格な法執行をより強
化するなど国内でかけられる圧力を最大限に高めて欲しい。合わせて、国連安保
理事会での制裁をより強力なものとし、制裁理由に拉致問題を明記するように一
層の外交努力をすることを強く求める。国会は北朝鮮の核ミサイル開発を支援し、
韓国へのスパイ基地の役割を果たしてきた朝鮮総連の活動を厳しく取り締まるこ
とができる新法制定を積極的に検討して欲しい。


平成28年2月12日
北朝鮮による拉致被害者家族連絡会代表 飯塚繁雄
北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会会長 西岡力


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784  http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

【調査会NEWS2117】(28.2.12)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 2月13日(土)19時44分32秒
  【調査会NEWS2117】(28.2.12)

※このメールには返信しないで下さい。お問い合わせ等は調査会のアドレスcomjansite2003●chosa-kai.jpないし代表荒木のアドレスkumoha351●nifty.com(●を半角の@に変える)までお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■渡りに船

      荒木和博

 北朝鮮の「特別調査委員会」が調査を止めて委員会を解体すると発表したそうです。

 こっちが政府に求めていたことを北朝鮮の方からやってくれたわけで、文字通り「渡りに船」です。理由は以下の通り。

(1)そもそも「特別調査委員会」など有名無実であり、事実上やった仕事は一昨年外務省などの調査団を受け入れた事ぐらいでしかない。あとはやらないことの時間稼ぎの道具であった。

(2)拉致被害者の情報など、特に帰せる人間の情報はストックホルム合意の時点で集まっており、「調査」というのは北朝鮮側に「調べたら出てきた」という逃げ道をつくるだけの意味しかない。時間がかかるはずはない。

(3)2月初めと言われる総参謀長李永吉の粛清やミサイルの繰り上げ発射、そして今回の発表など、金正日の意向でなければできるはずがない。ストックホルム合意の交渉を断ち切ればさらに強硬になることも考えられるのにやってしまったのは長期的な見通しどころか短期的な見通しもないことの証拠。

 今必要なのは北朝鮮の発表に一喜一憂するより、今北朝鮮の中がどうなっているのかを冷静に見つめることです。必ず何かが起きています。日本は原則的な姿勢を貫かなければなりません。制裁は粛々とかけるべきですし、今日総聯が抗議の会見をしたということは北朝鮮の指示による日本社会への挑戦なのですから、こちらは拉致実行犯や協力者の摘発など、北朝鮮が日本国内でやってきたことを厳しく摘発していくべきです。

 いずれにしても、北朝鮮に言うことを聞かせるのは力しかないということを再認識しなければならないと思います。皆がそれを理解してくれれば、これまた「渡りに船」だと言えるでしょう。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです

22:00~23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか

1:00~2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■1月29日記者会見・講演会の映像は次のところでごらんになれます(5本に別れています)

(1) https://youtu.be/qMIrxm1pZko

(2) https://youtu.be/Z80bSJswQRM

(3) https://youtu.be/bpk5Afj_1XE

(4) https://youtu.be/13x4czfMctI

(5) https://youtu.be/2QuTMTT39Go

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか

●代表荒木が出演

●YouTubeで視聴可能

https://youtu.be/i1I1KIXXV78

-----------------

★2月13日(土)13:30「建国記念の日を祝う市民の集い」(建国記念の日奉祝祭実行委主催)

●安城市民会館(JR安城駅徒歩20分  0566-75-1151)

●常務理事三宅が参加

●問合せ:林さん(090-2896-2845)

★3月5日(土)13:30「『拉致被害者救出と自衛隊』シンポジウム(5)」(予備役ブルーリボンの会主催)

●拓殖大学文京キャンパス(東京都文京区小日向3-4-14 丸ノ内線茗荷谷駅下車 徒歩5分)

●代表荒木が参加

●問合せ:info@yobieki-br.jp

★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)

●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)

●代表荒木が参加

●問合せ:奥さん(090-3929-5267)

●参加費:5000円(飲食代を含む)

※要事前申込

----------

★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)

●定価1800円(税別)

●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。

_________________________________________

特定失踪者問題調査会ニュース

---------------------------------------------------------

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059

email:comjansite2003■chosa-kai.jp

※■を半角の@に置き換えて下さい。

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A

発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)

※■を半角の@に置き換えて下さい。

●カンパのご協力をよろしくお願いします。

郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会

銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会

(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
 

【調査会NEWS2116】(28.2.12)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 2月12日(金)23時14分25秒
  【調査会NEWS2116】(28.2.12)

※このメールには返信しないで下さい。お問い合わせ等は調査会のアドレスcomjansite2003●chosa-kai.jpないし代表荒木のアドレスkumoha351●nifty.com(●を半角の@に変える)までお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■情報

      荒木和博

 先日富山のチューリップテレビ(JNN系列)でオンエアされたニュースで、屋木しのぶさんの失踪の日付が分かったと報じられていました。当時のことを知る人を捜し当てて、それまで昭和43年1月中旬とされていたのが15日と推定できました。今から48年前のことになり、そんなことが今頃分かるのかと思う方もおられるでしょうが、これまでも現地調査で60年前の失踪についてすら新たな情報が分かったことがいくつもありました。あきらめないでやっていれば何かしら成果はあるものです。スタッフの皆さんに敬意を表します。

 ご家族の場合、特に失踪当時に思い込んだことが、他の情報が少ない分定着しやすく、そこから外れる情報は見逃していることが少なくありません。偽装工作でもやられるとなおのことで、それが偽装と思っていてもやはりそこに引きずられます。今回軍事施設と失踪の関係についても調べれば調べる程色々なことが出てきています。例えばスペインで騙されて拉致された松木薫さんの実家が熊本だったということは前から知っていましたが、先日お姉さんの斉藤文代さんと話していてその場所が陸上自衛隊西部方面総監部のすぐ近くだったことが分かりました。拉致の現場はスペインですが、場合によってはスペインに行く前から目をつけられていた可能性もあると思います。

 今後ご家族宛のニュースなどを通じあらためて情報提供へのご協力を求める予定ですが、多少でも真相究明に近づけばと思っています。関係各位には一層のご協力をよろしくお願いします。

 それにしても、新聞なら地方紙でも記事が紹介できるのですが、テレビやラジオの場合、放送されていない地域には紹介できないのが何とも残念です。前述チューリップテレビのニュースでも富山だけでなく東京も舞台になっています。別の失踪者のご家族や支援者が見ても何かヒントになるのではないかと思える良い番組があるのですが。勝手にネットに流すと著作権上の問題になりますが、何か良い方法があったら教えていただければ幸いです。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです

22:00~23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか

1:00~2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■1月29日記者会見・講演会の映像は次のところでごらんになれます(5本に別れています)

(1) https://youtu.be/qMIrxm1pZko

(2) https://youtu.be/Z80bSJswQRM

(3) https://youtu.be/bpk5Afj_1XE

(4) https://youtu.be/13x4czfMctI

(5) https://youtu.be/2QuTMTT39Go

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか

●代表荒木が出演

●YouTubeで視聴可能

https://youtu.be/i1I1KIXXV78

-----------------

★2月13日(土)13:30「建国記念の日を祝う市民の集い」(建国記念の日奉祝祭実行委主催)

●安城市民会館(JR安城駅徒歩20分  0566-75-1151)

●常務理事三宅が参加

●問合せ:林さん(090-2896-2845)

★3月5日(土)13:30「『拉致被害者救出と自衛隊』シンポジウム(5)」(予備役ブルーリボンの会主催)

●拓殖大学文京キャンパス(東京都文京区小日向3-4-14 丸ノ内線茗荷谷駅下車 徒歩5分)

●代表荒木が参加

●問合せ:info@yobieki-br.jp

★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)

●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)

●代表荒木が参加

●問合せ:奥さん(090-3929-5267)

●参加費:5000円(飲食代を含む)

※要事前申込

----------

★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)

●定価1800円(税別)

●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。

_________________________________________

特定失踪者問題調査会ニュース

---------------------------------------------------------

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059

email:comjansite2003■chosa-kai.jp

※■を半角の@に置き換えて下さい。

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A

発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)

※■を半角の@に置き換えて下さい。

●カンパのご協力をよろしくお願いします。

郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会

銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会

(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
 

【調査会NEWS2115】(28.2.11)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 2月12日(金)23時13分23秒
  【調査会NEWS2115】(28.2.11)

※このメールには返信しないで下さい。お問い合わせ等は調査会のアドレスcomjansite2003●chosa-kai.jpないし代表荒木のアドレスkumoha351●nifty.com(●を半角の@に変える)までお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■処刑

       荒木和博

 北朝鮮の李永吉総参謀長が処刑されたと報道されています。韓国の国情院あたりが出所のようですが、感触からすれば可能性は高いと思います。

 去年は大物で言えば玄容哲人民武力部長が機関銃で銃殺されたと言いますが、その前の張成沢といい、さらにその前のやはり総参謀長李英鎬とか、ともかくよくまあこんなに殺すものです(李英鎬はまだ生きているという説もありますが)。ミサイル発射の前倒しもおそらく体制の動揺と関係しているんでしょう。

 権力というのはどんな独裁政権でも不安定なものです。安泰のように見えてもどこに落とし穴があるか分からず、権力中枢にいる人間はそれを維持するために必死なはずです。人事も日本ならいいところ首にするくらいが関の山ですが、北朝鮮なら処刑まで人事異動のうちでしょう。その意味での緊張感は日本の比でありません。

 今回北朝鮮のミサイルごときで大騒ぎして、脅威だといって独自の制裁を決めたわけですが、本当に心配するなら防空壕を作るとか退避の訓練を国民にさせなければいけないはずです。そのような話は全くありませんでした。迎撃ミサイルも100パーセント当たる保障はありません。いつ飛んでくるか注視するだけでは、「発射しました」と告知して、あとはミサイルが飛んでくるのが見えたら当たらないように逃げろというのが関の山です(逃げられればの話ですが)。結局、本当は脅威だと思っていないのではないでしょうか。

 いずれにしても北朝鮮が長距離弾道ミサイルの開発や核開発をやめるのは体制が変わったときだけです。相次ぐ幹部の処刑をしっかり分析し、「金正日主義対外情報学」の言葉で言えば「瓦解」工作をしっかりやった方が遥かに国民の安全は確保できると思います。

 政治家も役人も、そうしなければ処刑されると思えばもっとしっかりやるのでしょうが。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです

22:00~23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか

1:00~2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■1月29日記者会見・講演会の映像は次のところでごらんになれます(5本に別れています)

(1) https://youtu.be/qMIrxm1pZko

(2) https://youtu.be/Z80bSJswQRM

(3) https://youtu.be/bpk5Afj_1XE

(4) https://youtu.be/13x4czfMctI

(5) https://youtu.be/2QuTMTT39Go

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか

●代表荒木が出演

●YouTubeで視聴可能

https://youtu.be/i1I1KIXXV78

-----------------

★2月11日(木)16:00「紀元節奉祝式典」(式典実行委主催)

●星陵会館(永田町駅6番出口3分  03-3581-5650)

●代表荒木が参加

●問合せ:展伝社(03-5314-9470)

★2月13日(土)13:30「建国記念の日を祝う市民の集い」(建国記念の日奉祝祭実行委主催)

●安城市民会館(JR安城駅徒歩20分  0566-75-1151)

●常務理事三宅が参加

●問合せ:林さん(090-2896-2845)

★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)

●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)

●代表荒木が参加

●問合せ:奥さん(090-3929-5267)

●参加費:5000円(飲食代を含む)

※要事前申込

----------

★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)

●定価1800円(税別)

●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。

_________________________________________

特定失踪者問題調査会ニュース

---------------------------------------------------------

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059

email:comjansite2003■chosa-kai.jp

※■を半角の@に置き換えて下さい。

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A

発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)

※■を半角の@に置き換えて下さい。

●カンパのご協力をよろしくお願いします。

郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会

銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会

(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
 

/150