管理者様へteacup.から重要なお知らせがあります。管理画面よりご確認下さい。

 投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


【調査会NEWS2323】(28.10.29)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年11月12日(土)14時13分42秒
  【調査会NEWS2323】(28.10.29)
※このメールには返信しないで下さい。お問い合わせ等は調査会のアドレスcomjansite2003●chosa-kai.jpないし代表荒木のアドレスkumoha351●nifty.com(●を半角の@に変える)までお願いします。
-------------------------------------------------------------------
<戦争放棄>
           荒木和博

 昨日国家基本問題研究所の勉強会で西修先生の憲法に関するお話しを聞いたのですが、そのとき本題とは関係ないことでふと思いついたことがありました。「戦争放棄」についてです。

 私たちは子供の頃から日本国憲法の特徴の一つとして「戦争放棄」があると聞かされてきました。試験にも何度となく出たように記憶しています。

 しかし、条文を読むと「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」とあるものの、戦争それ自体を放棄するとは書いてありません。いや、しようとしても相手がそれを守ってくれるわけではありません。

 解釈の仕方はどうであれ、敵がやってきたら戦わざるをえないのは当然です。だからこそ自衛隊もあるわけで、守るつもりがないなら(条文そのままに解釈するなら)何もしないでおかなければなりません。自衛隊も在日米軍も安保条約も無用です。

 「戦争放棄」という言葉は、何か自分たちの意志で戦争を避けられるというイメージがあり、故意に相手の存在を無視していると言えるでしょう。まあ、条文に書いてどうにかなるなら憲法を改正して「台風放棄」とか「地震放棄」とか書いておくのも悪くないかも知れません。

 日本が戦争から逃れたつもりでいた間、朝鮮半島は休戦状態が今日まで続き、北朝鮮からは死を覚悟した工作員が頻繁に出入りして、国民を拉致していました。「戦争放棄」の意味をもう一度考え直すべきときではないでしょうか。

<現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00~23:00 短波5935kHz,5965kHz(300kW),5985kHz(100kW)のいずれか
23:05~23:35 短波5935kHz,7325kHz(300kW),5985kHz(100kW)のいずれか
23:30~24:00 中波1431kHz
01:00~02:00 短波5915kHz,6090kHz,6165kHz(300kW)のいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・会費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・10月29日(土)18:00「岸和田青年会議所公開定例会」(同会議所主催)
・岸和田市産業会館(南海本線岸和田駅・阪和線東岸和田駅徒歩15分 072-439-5287)
・代表荒木・専務理事村尾・常務理事三宅が参加
・問合せ 岸和田青年会議所(072-439-7584)

・11月6日(日)11:00「北朝鮮拉致問題解決を願う都民集会」
・東京国際フォーラム(有楽町駅下車すぐ)
・専務理事村尾が参加
・問合せ 東京都人権部(03-5388-2588)

・11月9日(水)18:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム」(同会主催)
・グランドヒル市ヶ谷(市ヶ谷駅徒歩5分 03-3268-0111)
・代表荒木が参加
・問合せ 予備役ブルーリボンの会(info@yobieki-br.jp)

・11月12日(土)13:30 拉致問題講演会(群馬県主催)
・富岡市生涯学習センターホール(上信電鉄西富岡駅徒歩10分 0274-62-1531)
・代表荒木が参加
・問合せ 県健康福祉部健康福祉課地域福祉推進室(027-226-2518)

・12月18日(日)13:30「拉致被害者全員の帰国実現を訴える!12.18山口県民集会」(同会議所主催)
・山口県立図書館(山口駅徒歩20分 083-924-2111)
・代表荒木が参加
・問合せ 渡邊さん(090-3300-9686)

・12月22日(木)18:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム」(同会主催)
・堺市産業振興センター(大阪府堺市北区長曽根町183 中百舌鳥駅から300メートル)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp

・平成29年1月28日(土)10:30「国際講座」(拓殖大学海外事情研究所主催)
・拓殖大学文京キャンパス(丸ノ内線茗荷谷駅徒歩5分
・代表荒木が参加
・問合せ 拓殖大学オープンカレッジ課(03-3947-7166)
----------
・チャンネル桜【防人の道NEXT】靖国の宴~国を問わない英霊の語らい-荒木和博氏に聞く[桜H28/8/24]
・代表荒木が出演
・YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/oBSXH4yPqzw

・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________
 

【調査会NEWS2322】(28.10.28)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年11月12日(土)14時09分14秒
  【調査会NEWS2322】(28.10.28)
※このメールには返信しないで下さい。お問い合わせ等は調査会のアドレスcomjansite2003●chosa-kai.jpないし代表荒木のアドレスkumoha351●nifty.com(●を半角の@に変える)までお願いします。
-------------------------------------------------------------------
<都民集会で「しおかぜ」公開収録>
           荒木和博

 11月6日(日)、有楽町の東京国際フォーラムで東京都主催の「北朝鮮拉致問題解結を願う都民集会」が開催されますが、この場でしおかぜの公開収録も行われることになりました。詳細は以下の通りです。奮ってご参加下さい。なお、小池知事も参加し挨拶の他しおかぜメッセージの収録もしていただく予定です。

日時 平成28年11月6日(日)11:00~12:20
会場 東京国際フォーラム ホールD7(有楽町駅下車すぐ 北斜向かい)
内容
1、主催者メッセージ(小池知事)
2、拉致被害者・特定失踪者家族からの訴え
 飯塚繁雄さん(家族会代表・田口八重子さんの兄)
 飯塚耕一郎さん(家族会事務局次長・田口八重子さんの長男)
 藤田隆司さん(藤田慎さんの甥・藤田進さんの弟)
 宮澤新平さん(宮澤康男さんの弟)
3、「しおかぜ」公開収録
 (1)小池知事・上記ご家族
 (2)コンサート・参加者による合唱
 参加アーティスト sayaさん、宇佐美由美子さん、フミエイツさん、サネヨシさん
司会 村尾建兒(調査会専務理事)・葛城奈海(しおかぜアナウンサー)

※なお、同じD棟の6階ホワイエでは工作員の上陸用水中スクーターのレプリカなどの展示を行います。また屋外では署名活動も行う予定です。

<現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00~23:00 短波5935kHz,5965kHz(300kW),5985kHz(100kW)のいずれか
23:05~23:35 短波5935kHz,7325kHz(300kW),5985kHz(100kW)のいずれか
23:30~24:00 中波1431kHz
01:00~02:00 短波5915kHz,6090kHz,6165kHz(300kW)のいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・会費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・10月29日(土)18:00「岸和田青年会議所公開定例会」(同会議所主催)
・岸和田市産業会館(南海本線岸和田駅・阪和線東岸和田駅徒歩15分 072-439-5287)
・代表荒木・常務理事三宅が参加
・問合せ 岸和田青年会議所(072-439-7584)

・11月6日(日)11:00「北朝鮮拉致問題解決を願う都民集会」
・東京国際フォーラム(有楽町駅下車すぐ)
・専務理事村尾が参加
・問合せ 東京都人権部(03-5388-2588)

・11月9日(水)18:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム」(同会主催)
・グランドヒル市ヶ谷(市ヶ谷駅徒歩5分 03-3268-0111)
・代表荒木が参加
・問合せ 予備役ブルーリボンの会(info@yobieki-br.jp)

・11月12日(土)13:30 拉致問題講演会(群馬県主催)
・富岡市生涯学習センターホール(上信電鉄西富岡駅徒歩10分 0274-62-1531)
・代表荒木が参加
・問合せ 県健康福祉部健康福祉課地域福祉推進室(027-226-2518)

・12月18日(日)13:30「拉致被害者全員の帰国実現を訴える!12.18山口県民集会」(同会議所主催)
・山口県立図書館(山口駅徒歩20分 083-924-2111)
・代表荒木が参加
・問合せ 渡邊さん(090-3300-9686)

・12月22日(木)18:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム」(同会主催)
・堺市産業振興センター(大阪府堺市北区長曽根町183 中百舌鳥駅から300メートル)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp

・平成29年1月28日(土)10:30「国際講座」(拓殖大学海外事情研究所主催)
・拓殖大学文京キャンパス(丸ノ内線茗荷谷駅徒歩5分
・代表荒木が参加
・問合せ 拓殖大学オープンカレッジ課(03-3947-7166)
----------
・チャンネル桜【防人の道NEXT】靖国の宴~国を問わない英霊の語らい-荒木和博氏に聞く[桜H28/8/24]
・代表荒木が出演
・YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/oBSXH4yPqzw

・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________
 

★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.10.28)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年11月12日(土)14時08分29秒
  【調査会NEWS2322】(28.10.28)
※このメールには返信しないで下さい。お問い合わせ等は調査会のアドレスcomjansite2003●chosa-kai.jpないし代表荒木のアドレスkumoha351●nifty.com(●を半角の@に変える)までお願いします。
-------------------------------------------------------------------
<都民集会で「しおかぜ」公開収録>
           荒木和博

 11月6日(日)、有楽町の東京国際フォーラムで東京都主催の「北朝鮮拉致問題解結を願う都民集会」が開催されますが、この場でしおかぜの公開収録も行われることになりました。詳細は以下の通りです。奮ってご参加下さい。なお、小池知事も参加し挨拶の他しおかぜメッセージの収録もしていただく予定です。

日時 平成28年11月6日(日)11:00~12:20
会場 東京国際フォーラム ホールD7(有楽町駅下車すぐ 北斜向かい)
内容
1、主催者メッセージ(小池知事)
2、拉致被害者・特定失踪者家族からの訴え
 飯塚繁雄さん(家族会代表・田口八重子さんの兄)
 飯塚耕一郎さん(家族会事務局次長・田口八重子さんの長男)
 藤田隆司さん(藤田慎さんの甥・藤田進さんの弟)
 宮澤新平さん(宮澤康男さんの弟)
3、「しおかぜ」公開収録
 (1)小池知事・上記ご家族
 (2)コンサート・参加者による合唱
 参加アーティスト sayaさん、宇佐美由美子さん、フミエイツさん、サネヨシさん
司会 村尾建兒(調査会専務理事)・葛城奈海(しおかぜアナウンサー)

※なお、同じD棟の6階ホワイエでは工作員の上陸用水中スクーターのレプリカなどの展示を行います。また屋外では署名活動も行う予定です。

<現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです>

22:00~23:00 短波5935kHz,5965kHz(300kW),5985kHz(100kW)のいずれか
23:05~23:35 短波5935kHz,7325kHz(300kW),5985kHz(100kW)のいずれか
23:30~24:00 中波1431kHz
01:00~02:00 短波5915kHz,6090kHz,6165kHz(300kW)のいずれか

<調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等 >
※事前申込み・会費等についてはお問い合わせ先にご連絡下さい。

・10月29日(土)18:00「岸和田青年会議所公開定例会」(同会議所主催)
・岸和田市産業会館(南海本線岸和田駅・阪和線東岸和田駅徒歩15分 072-439-5287)
・代表荒木・常務理事三宅が参加
・問合せ 岸和田青年会議所(072-439-7584)

・11月6日(日)11:00「北朝鮮拉致問題解決を願う都民集会」
・東京国際フォーラム(有楽町駅下車すぐ)
・専務理事村尾が参加
・問合せ 東京都人権部(03-5388-2588)

・11月9日(水)18:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム」(同会主催)
・グランドヒル市ヶ谷(市ヶ谷駅徒歩5分 03-3268-0111)
・代表荒木が参加
・問合せ 予備役ブルーリボンの会(info@yobieki-br.jp)

・11月12日(土)13:30 拉致問題講演会(群馬県主催)
・富岡市生涯学習センターホール(上信電鉄西富岡駅徒歩10分 0274-62-1531)
・代表荒木が参加
・問合せ 県健康福祉部健康福祉課地域福祉推進室(027-226-2518)

・12月18日(日)13:30「拉致被害者全員の帰国実現を訴える!12.18山口県民集会」(同会議所主催)
・山口県立図書館(山口駅徒歩20分 083-924-2111)
・代表荒木が参加
・問合せ 渡邊さん(090-3300-9686)

・12月22日(木)18:30「予備役ブルーリボンの会シンポジウム」(同会主催)
・堺市産業振興センター(大阪府堺市北区長曽根町183 中百舌鳥駅から300メートル)
・代表荒木が参加
・問合せ info@yobieki-br.jp

・平成29年1月28日(土)10:30「国際講座」(拓殖大学海外事情研究所主催)
・拓殖大学文京キャンパス(丸ノ内線茗荷谷駅徒歩5分
・代表荒木が参加
・問合せ 拓殖大学オープンカレッジ課(03-3947-7166)
----------
・チャンネル桜【防人の道NEXT】靖国の宴~国を問わない英霊の語らい-荒木和博氏に聞く[桜H28/8/24]
・代表荒木が出演
・YouTubeで視聴可能
https://youtu.be/oBSXH4yPqzw

・channel AJER(チャンネル アジャ)では代表荒木の担当する番組『救い、守り、創る』を送信しています。会員制ですが1回30分の番組の前半は無料で視聴していただけます。
http://ajer.jp
※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。
----------
<荒木共著『自衛隊幻想」』(産経新聞出版) >
・定価1200円(税別)
<荒木著『靖国の宴」』(高木書房刊) >
・定価1000円(税別)
<荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊) >
・定価1800円(税別)
_________________________________________
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:comjansite2003■chosa-kai.jp
※■を半角の@に置き換えて下さい。
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/
YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A
発行責任者 荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は
kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)
※■を半角の@に置き換えて下さい。
<カンパのご協力をよろしくお願いします>
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
______________________________________________________
 

★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.10.28)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年11月12日(土)14時07分36秒
  ★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.10.28)核・ミサイルと切り離して全被害者救出を先行させよ-特別
集会報告6

■核・ミサイルと切り離して全被害者救出を先行させよ-特別集会報告6

櫻井 どうもありがとうございました。次に家族会の皆様宜しくお願いいたします。

◆拉致問題を第一優先で

飯塚繁雄(家族会代表、田口八重子さん兄)

 ご協力いただき感謝します。あらゆる情勢、情報を吸収しています。拉致問題
については当然ですが、北朝鮮を取り巻く問題がやたら多いんですね。これは総
理をテレビで見ているとすぐ分かります。とにかく拉致問題を取り巻く色々な情
報、情勢は、我々にとってはややこしくて、実際に分からない部分が相当ありま
す。

 そういう中から何をすべきかを判断していくわけですが、私が常に言っている
のは、拉致問題最優先という言葉です。最近は第一優先と言っています。そうだ
としたら、どんな状況下にあろうとも、拉致問題を第一優先にしてくださいと声
を大にして総理も言っています。

 この問題が片付かなければ、拉致の問題も解決できないのか、そういう順番に
なってしまいます。先ほど西岡さんからも話があったように、北で家族が生きて
待っている。そういう状況がまのあたりにある。ですから、他の問題をさて置い
てもと言っては失礼ですが、より先にやるべきだということは絶対に政府の方々
にも、特に総理大臣は分かっていると思うんですが、声を大きくして言っていき
たいと思います。

 今、北朝鮮とのパイプは切れていないという話もよく聞きます。これは安倍総
理と北との水面下での細いパイプがつながっているのではないかとは思います。
最近言っているように、単なる協議だけではなく、被害者を取り返すための実質
的な協議を早くしてくれないと困るわけです。

 これは難しいかもしれませんが、どういったすべがあるのかということを色々
模索しますが、これについては我々がこうしてくれというようなことはなかなか
言えません。

 政府は北朝鮮に対し協議を強く要請しているという話はよく聞きます。本当に
しているのかと、先ほどの話にもありましたが、何がハードルになっているのか
ということも考えなければなりません。北朝鮮に向けての実質協議、あるいは帰
国に向けての色んな情報について、より具体的な協議を本当にしているのかとい
うことを私は心配しています。

 いかにして金正恩に日本人を返す決断をさせるか。それから、それぞれの問題、
それぞれのイベント等が日本人の帰国に直接つながってくるのか。この2点を私
たちはターゲット・ポイントという意味で注視しています。

 難しい問題と思うんですが、私たちとしては、単に家族が帰ってくればいいん
です。どんな方法であろうとも、です。極端な方法も色々ありますが、どんな方
法であろうと家族が帰ってくればいいわけです。それが実現できるとなれば、今
後ともこんな問題が二度と起こらないような日本につながると思います。

 国連関係でも色々やってきましたが、先日カービーさん(元北朝鮮における人
権に関する国連調査委員会委員長)にも会って、「北朝鮮の人権に関する国際世
論が段々高まっていますが、問題は中国です。中国が人権問題を真剣に考えるか
どうか。それをターゲットに今後も是非活躍してください」と言ったら、「明日
行くから言っておきます」と言っていました。

 そういう邪魔な問題もあるんですが、私たちとしては、身体の続く限り頑張っ
ていきますので、色々な面でまたご支援ください。ありがとうございました(拍
手)。

◆総理は、本気でやる方を動かしていただきたい

横田早紀江(横田めぐみさん母)

 皆様こんにちは。長い間ご支援いただいてありがとうございます。本当に感謝
です。

 今櫻井先生や三人の先生から色々な話がありましたが、西岡先生もおっしゃい
ましたが、国民大集会決議の3番目に「立法府は、北朝鮮のようなテロ集団を支
える活動をわが国内で行うことを阻止する新法を作れ」とあります。

 こういう大事なことを言っているんですが、そのことがなかなか実現されない。
そういうものが作り上げられないという状況がずっと続いているのではないかと
思います。こういう大事なことは、政府がそうだという形ですぐに作り上げてい
かなければそれが有効にならないという大事な問題があります。

 だいぶ前に総理にお会いした時に、「小泉さんと金正日氏が会った時のように、
国のトップ同士が真剣に目を見て、言葉を出して、そうじゃなくてこうだと心か
ら話し合わなかったら分からないと思うんです」と言いました。

 色々な提起をしてもぜんぜん伝わってないという状況が十何年も続いているわ
けですから、「必ずトップ会談をしていただきたい」と言いました。総理は「そ
う思っています」とおっしゃいました。でもそれは今ではありません。いつかは
そうするという言葉を私は待っているわけです。

 それから日朝交渉が大事なので、外務省が色々言われていますが、私たちには
分からないところですが、知恵のある方がいらっしゃりはずなんです。議員さん
の中にも。しかし、自民党とか民主党とか色々あって党派的な闘争とか、個人的
な欲とか、色々なものがまず先に立って、「あの人は立派でできそうだけど別に
あの人がしなくてもいじゃないか」というような思いの人もいるかもしれません。

 経験があって、北朝鮮を実際に見てきた方で、上手に話もできる方が必ずいらっ
しゃると思いますので、知恵のある心の正しい方、解決しなければならないと本
当に思っている方を総理ご自身が選んで、水面下であれなんであれ、交渉し、総
理もトップ会談の中ではっきりとそのことを言っていただき、解決に向けてやっ
ていただきたいと思います。

 計画だけで終わるのではなく、すぐに実現できることなんですから、国民は議
員の方を分かっていますので、本気でやる方を動かしていただきたいと私は思っ
ています。

 皆様には長い間ご支援をいただいていますが、それが私たちの力になっていま
す。これは日本にとって本当に恥ずかしい問題で、いつまでも置き去りにしてお
くわけにはいかない大事な問題です。

 私たち家族はこういう運命に置かれたのでしょうがいないですが、なんとか助
け出してあげたい。それは国民全部の問題だということを分かっていただきたい
と思います。本当に今日までありがとうございました(拍手)。

◆韓国の家族会代表からの情報はシグナルなのか

本間 勝(田口八重子さん兄)

 今日はどうもありがとうございました。

 拉致被害者の救出は、北と接点のある朝鮮総連の協力が得られるか、それとも
朝鮮総連が今まで通り北の支持通り動いて反日教育をやって、日本に反するよう
な行動をやっていけば、この問題は朝鮮総連を通じては、なかなか解決しないと
思います。

 韓国の家族会の代表から先日、「松本京子さんが体調を崩して入院した」とい
う情報が出てきたというのは、何かのシグナルだと思います。これは西岡先生ど
うなんですか。

◆松本京子さん情報は北の謀略情報、これを乗り越えて救出へ

西岡 短く言うのは難しいことですが、今回情報を出した韓国の家族会の方は、

「横田めぐみさんは死んでいる。その死亡診断書を自分は持っている」と数年前
記者会見で言った人です。

 彼自身が何を考えているかは私はよく分かりません。何回か会ったことはあり
ますが、今は付き合いがありません。

 ただ、今回の松本さんの情報が正しい情報だったと仮定すると、なぜ彼のとこ
ろにそういう正しい情報が近かいリークされたのか、です。

 ストックホルム合意に戻る危険性を先ほどから繰り返し言いましたが、松本さ
んは2002年9月には認定されていなかったんです。金正日が「死んだ」とし
て「返すのをやめなさい」と言ったリストに入ってないんです。

 そういう人を、最終的に統一戦線部は何人か返して、8人とそれ以外の人は
「死亡」として終らせる案として準備していたかもしれない。その人の一番新し
い情報が出てきた。

 もしも松本さんが帰ってきて、「本当に入院していました」ということを本人
が言ったら、この情報が正しいということになる。そうすると、同じ人が言って
いる「めぐみさんが死んでいる」という情報も正しいということになる。

 松本さんだけを返して、それ以外の人を返さないということを、当初から統一
戦線部が考えていたという兆候があります。

 それと、「もう一度二年前に戻ろう」という勢力があることと、今回このタイ
ミングで「めぐみさんが死んだ」と言っている人のところに松本さんの情報が出
てきたのは、まだ断定的なことは言えないし、うがった見方かもしれないのです
が、相手が何をするか分からないところなので、大変気を付けなければならない。

 そういう点で、もう一山くるのではないか。「死んだ」ということで終わらそ
うという側の謀略が。そこを乗り越えてやっと細い道が頂上に向かえると思って
います。

本間 長くなりますので以上で終わります。ありがとうございました(拍手)。

◆複雑な情報戦をかいくぐって絶対に同胞を助け出そう

櫻井 最後の本間さんの質問は、ご家族としては心の底から聞きたいことだった
と思います。それに対して西岡さんの回答は、このような情報も、生存情報も、
どういう目的で誰が誰に出したのかということまで見ないとならないような、非
常に複雑な情報戦が行われていることだと思います。その中で向こう側は既に言っ
た「8人死亡」を正当化させて、その上で日本をだまして、取れるものは取って
しまおうという情報戦で、これが今も続いているわけです。

 こうした複雑な状況をかいくぐって、日本国の力と、絶対に同胞を助け出すと
いう意思を貫徹していかなければならないと思います。

 この拉致事件は、日本という国にとっては、日本国は一体独立国なのかという
究極の問いを突き付けているわけです。そしてまた国民一人ひとりにとっては、
人生というのは、色々な宗教の解釈はありますけれど、それでもこの人生は一度
きりなわけですから、本当にみなさんがお元気なうちに、拉致された人たちが生
きているうちに、どうしても救い出さなければならない。

 国民の一人として、自分の人生と重ね合わせて見て、これは他人事ではないん
だと、人生そのものなんだということを忘れないようにして、世論を喚起し続け
る、世論がこれを支持し続けるということがとても大事だということを強調して
終わりたいと思います。

 今日は長い時間ありがとうございました(拍手)。

以上


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784  http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

【調査会NEWS2190】(28.5.6)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 5月 7日(土)10時58分51秒
  【調査会NEWS2190】(28.5.6)

※このメールには返信しないで下さい。お問い合わせ等は調査会のアドレスcomjansite2003●chosa-kai.jpないし代表荒木のアドレスkumoha351●nifty.com(●を半角の@に変える)までお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■労働党大会、本当にやってるのか?

         荒木和博

 36年ぶりの党の大会で外国マスコミから「開催しているとみられる」などと報道されるのはどう考えても異常です。それでも「まあ、北朝鮮だから」となってしまうのが北朝鮮の異常なところでしょう。

 そもそもこの党大会、何で開いたのでしょう。金日成のときから開かなくなって、金正日のときは一度も開かなかったのに今回開くというのは何か意味があるはずです。

 党大会の下(代表者会という変則的な会議は別として)に位置する中央委員会も平成5年(1993)12月、金日成と金正日が激しく衝突したとみられる時期にやってから平成22年(2010)9月、党代表者会と抱き合わせで開かれるまで実に17年間開かれませんでした。それまでは年2回程度開かれていたのですが。本来総書記は「朝鮮労働党中央委員会総書記(朝鮮語では総秘書)」という肩書きだったのに金正日が就任したときも中央委員会を開きませんでした。

 しかも17年ぶりの中央委が行われた9月28日の未明、突然金正恩が大将として発表されました。これが実質的な公式デビューだったと思いますが、なぜこんなに急だったのか、これも不思議です。

 一つの推測ですが、この党大会、中国の圧力でやらされたのではないでしょうか。何でそう思うかについてはあらためて書いてみたいと思います。いずれにしても本当に大会をやったという報道のあった後の話ですが。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです

22:00~23:00 5935kHz,5965kHz(300kW) 5985kHz(100kW)のいずれか

23:05~23:35 5935kHz,7325kHz(300kW) 5985kHz(100kW)のいずれか

01:00~02:00 5915kHz,6090kHz,6165kHz (300kW)のいずれか

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★5月21日(土)15:00 「拉致問題の風化を許さない! in Higashihiroshima(同会実行委員会主催)

●東広島芸術文化ホール(西条駅徒歩7分 082-426-5900)

●代表荒木が参加

●問合せ:塚本さん(090-1335-1035)

★7月24日(日)「みんなで考えよう 拉致と特定失踪者の問題」(真の平和と人権を考える市民の会主催)

●岡山市

●代表荒木が参加

----------

★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)

●定価1800円(税別)

●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。

_________________________________________

特定失踪者問題調査会ニュース

---------------------------------------------------------

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059

email:comjansite2003■chosa-kai.jp

※■を半角の@に置き換えて下さい。

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A

発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)

※■を半角の@に置き換えて下さい。

●カンパのご協力をよろしくお願いします。

郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会

銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会

(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
 

【調査会NEWS2189】(28.5.6)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 5月 7日(土)10時57分58秒
  【調査会NEWS2189】(28.5.6)

※このメールには返信しないで下さい。お問い合わせ等は調査会のアドレスcomjansite2003●chosa-kai.jpないし代表荒木のアドレスkumoha351●nifty.com(●を半角の@に変える)までお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■大澤昭一さんのスピーチ

         荒木和博

 5月4日10時(現地時間)からニューヨークで政府主催のシンポジウムが開催され、大澤孝司さんのお兄さん、昭一さんがスピーチされました。その内容をお知らせします。政府未認定拉致被害者のことについてさらに国際的認知を広げる機会になったものと思います。

--------------------------------------

 皆さん、こんにちは。私は大澤昭一です。

 今日は、私の大切な弟≪大澤孝司≫について、また、北朝鮮当局の組織的犯罪である拉致問題についてお話をする機会をいただき、感謝します。

 私の弟≪孝司≫は、私と10歳違いです。彼は3人兄弟の末っ子でした。彼が突然姿を消したのは、42年前、1974年2月24日です。場所は、日本海に浮かぶ「佐渡島」の静かな田舎町でした。当時、彼は27歳でした。

 彼は大学で農業土木を学び、その後、新潟県職員となり、農業政策の遂行を担っていました。1970年代の当時、日本の農業の課題は、農場を近代化し、生産性を向上させることでした。彼は、佐渡島に赴任を命じられ、そこで職場の仲間とともに、圃場の大規模な整備に汗を流していたのです。

 彼が突然姿を消した2月24日は、まだ雪の降る寒い日曜日でした。休日を隣町で楽しんだ彼は、夕方、自分の住む町に帰ってきたそうです。彼は、宿舎の近くの食堂に寄り、夕食を食べました。いつも利用する朝鮮料理風の焼き肉を提供する小さな店です。

 その後、近くの商店に立ち寄り、たばこを買っています。商店のおかみさんに「おやすみなさい」と挨拶してそこを出ました。1970年代の田舎町には街灯はまだありません。真っ暗です。おかみさんは、その暗闇の先に数人の不審な人物がいたといい、彼が出た直後に車が急発進するタイヤの不審な音を聞いたといいます。

 そして、そのまま弟の姿は消えました。警察や職場の仲間で1000人規模の大掛かりな捜索を行いましたが、彼の足どりを見つけることはできませんでした。

 もちろん、彼自身が自ら姿を消すような原因は何もありません。彼が大切にしていたカメラも部屋にそのまま残されていました。私たちは、まるでマジシャンのイリュージョンを見るような気持ちでした。

 ところが14年前、驚くべき事実が判明します。北朝鮮が初めて日本人を拉致したことを公式に認め、被害者5人とその子どもたちを日本に返したのです。

 皆さんは、その中に曽我ひとみさんという女性がいたことをご存じでしょうか。

 彼女は、1978年、母親のミヨシさんと一緒に拉致され、北朝鮮でアメリカの人と結婚をしていたのですが、彼女の突然の帰国が私たちにとって衝撃だったのは、彼女の拉致された状況と、弟の失踪した状況とあまりにも似ていたからです。

 ひとつは、彼女の失踪が、動機の見当たらないものであったこと。さらには、拉致は弟の失踪の4年後、弟が消えた佐渡島の町であったこと。

犯行の手口は、夜の闇の中、男たちの急襲。もちろん、彼女は日本の政府も把握していなかった拉致被害者です。すべて弟の状況と重なっていました。

 その結果、県知事や警察は、弟の失踪について拉致の可能性をはじめて指摘するようになりました。私たち家族もまた、当時の諸状況から、北朝鮮による拉致と確信しています。

 日本に帰国した拉致被害者、脅されて工作員に手を貸した人々、北朝鮮を亡命した≪工作員≫などの証言から、北朝鮮には当局による拉致組織が存在し、拉致を実行する多くの工作員がいること、拉致被害者は日本だけでなく、世界各国にまたがることが分かっています。

 工作員は拉致犯罪のプロフェショナルです。彼らは密入国を繰り返し、指令にふさわしい人物を探し出し、緻密な計画と、大胆な手口で、小さな痕跡も残さず、被害者を北朝鮮に拉致しています。事実、曽我ひとみさんは北朝鮮の発表ではじめて拉致されていたことがわかりました。

 皆さん、今なお独裁者が統治する北朝鮮では、密かに拉致され、招待所と呼ばれる檻の中で命の危険におびえながら、独裁者の野望のために囚われている多くの人がいることを知ってください。

 日本では、「北朝鮮工作員によって拉致された疑いがある失踪者」を『特定失踪者』と呼んでいます。日本の警察は、800人以上について、捜査・調査を行っております。また日本弁護士連合会は独自の調査結果として、少なくとも78人は拉致の疑いが極めて濃厚であるとしています。弟はその中の一人です。

 私たちは『特定失踪者』についても北朝鮮にその全容を明らかにさせるよう、日本の政府に求め続けています。

 皆さんにお願いします。どうか独裁者に拉致された人たちを解放し、人間としての尊厳を取り戻し、自由の空気を吸わせてやるために、皆さんの力を貸してください。

 弟は子供のころはいたずら好きな元気な少年でした。

 彼の姿が見えなくなって既に42年、その間、高齢の父と母は、息子との再会を果たさないまま天国に召されました。それでも私の家族は、多くの支援者と一緒に、彼の帰国を待ち続けています。

 重ねてお願いします。どうか皆さんの力で、北朝鮮の拉致の犯罪を暴いてください。被害者を一日もはやく独裁政治から解放してください。本日は、皆さまにこのお願いをするためにここに来ました。

 ご清聴ありがとうございました。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです

22:00~23:00 5935kHz,5965kHz(300kW) 5985kHz(100kW)のいずれか

23:05~23:35 5935kHz,7325kHz(300kW) 5985kHz(100kW)のいずれか

01:00~02:00 5915kHz,6090kHz,6165kHz (300kW)のいずれか

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★5月21日(土)15:00 「拉致問題の風化を許さない! in Higashihiroshima(同会実行委員会主催)

●東広島芸術文化ホール(西条駅徒歩7分 082-426-5900)

●代表荒木が参加

●問合せ:塚本さん(090-1335-1035)

★7月24日(日)「みんなで考えよう 拉致と特定失踪者の問題」(真の平和と人権を考える市民の会主催)

●岡山市

●代表荒木が参加

----------

★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)

●定価1800円(税別)

●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。

_________________________________________

特定失踪者問題調査会ニュース

---------------------------------------------------------

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059

email:comjansite2003■chosa-kai.jp

※■を半角の@に置き換えて下さい。

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A

発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)

※■を半角の@に置き換えて下さい。

●カンパのご協力をよろしくお願いします。

郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会

銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会

(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
 

【調査会NEWS2188】(28.5.4)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 5月 7日(土)10時57分17秒
  【調査会NEWS2188】(28.5.4)

※このメールには返信しないで下さい。お問い合わせ等は調査会のアドレスcomjansite2003●chosa-kai.jpないし代表荒木のアドレスkumoha351●nifty.com(●を半角の@に変える)までお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ゴールデンウィーク

    荒木和博

 この間年が明けたと思ったらもうゴールデンウィーク、それも後半です。連休が明けたら世の中、とくに永田町は参院選が近づいて話が前に進みにくくなります。サミットもあり、熊本の地震はまだ余震が続いており、そのうち別のところでまた大規模な地震災害が起きるかも知れません。

 状況が落ち着いたらとか思っていると、時間ばかりが経っていきます。できることを何とかしないと。そんなことを考えていると昭和48年(1973)年2月、島根県益田市で失踪した益田ひろみさん(当時20歳)のお母さん、益田シゲ子さんのことを思い出します。お元気なときは私もお宅にお邪魔したり、集会でお会いしたりしていました。ときどきは事務所に電話を下さいましたが、やがてそれもできなくなり、去年の6月29日に亡くなられました。享年91歳。そのときもメールニュースでお知らせしましたが、お母さんの「しおかぜ」メッセージはYouTubeでお聞きいただけます。もう一度この言葉を、一人でも多くの方に噛みしめていただきたいと思う次第です。

https://youtu.be/1qMxBQQFtkc

-----------------------------------

 なつかしい、そして大好きなひろみちゃん

  お元気ですか。お母さんはとても心配しています。お母さんももう八十になりました。年には勝てません。足腰が悪くなってやれません。一度会いたいね。

 ひろみちゃんが益田の高島屋から失踪して何年になるかなあ。近所の人は皆北朝鮮に拉致されたのではないかと心配しています。お母さんもそう思っています。北朝鮮でいったい何をしているの。教えて。お母さんは心配なの。景子姉さんも大阪で元気で頑張って心配しているのよ。

  ひろみちゃんはいつか絶対元気で帰ってくると待って居ます。お母さんも毎日毎日ひろみちゃんのことを忘れることなく今日まで来ました。お父さんもひろみちゃんのことを心配してとうとう亡くなりました。四年位前になります。

 この放送を聴いたら連絡をしてね。待っています。

 なつかしいそして大好きなひろみちゃんを一人さびしく待っているお母ちゃんより

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです

22:00~23:00 5935kHz,5965kHz(300kW) 5985kHz(100kW)のいずれか

23:05~23:35 5935kHz,7325kHz(300kW) 5985kHz(100kW)のいずれか

01:00~02:00 5915kHz,6090kHz,6165kHz (300kW)のいずれか

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★5月21日(土)15:00 「拉致問題の風化を許さない! in Higashihiroshima(同会実行委員会主催)

●東広島芸術文化ホール(西条駅徒歩7分 082-426-5900)

●代表荒木が参加

●問合せ:塚本さん(090-1335-1035)

★7月24日(日)「みんなで考えよう 拉致と特定失踪者の問題」(真の平和と人権を考える市民の会主催)

●岡山市

●代表荒木が参加

----------

★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)

●定価1800円(税別)

●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。

_________________________________________

特定失踪者問題調査会ニュース

---------------------------------------------------------

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059

email:comjansite2003■chosa-kai.jp

※■を半角の@に置き換えて下さい。

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A

発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)

※■を半角の@に置き換えて下さい。

●カンパのご協力をよろしくお願いします。

郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会

銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会

(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
 

【調査会NEWS2187】(28.5.3)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 5月 7日(土)10時56分35秒
  【調査会NEWS2187】(28.5.3)

※このメールには返信しないで下さい。お問い合わせ等は調査会のアドレスcomjansite2003●chosa-kai.jpないし代表荒木のアドレスkumoha351●nifty.com(●を半角の@に変える)までお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■むかっとしてミサイル

            荒木和博



 「金正日の料理人」こと藤本健二氏が毎日新聞のインタビューで金正恩が「(北朝鮮の外交官が)アメリカに近づくと無理難題を突き付けてくる。むかっとしてミサイルを発射している」と発言したと話しています。

 むかっとしてミサイルを撃たれたらたまったものではありませんが、最近のやり方を見ていると、おそらくその通りなのでしょう。これから先も金正恩がむかっとするたびにミサイルを撃ったり核実験をやるのだと思います。まあ、平成14年(2002)6月の黄海での南北海軍の交戦、いわゆる「第2延坪海戦」もその3年前に同様の交戦で北朝鮮海軍が韓国海軍に完敗した仕返しですから大差ありません。考えてみれば北朝鮮のやっていることはことごとくそんなことです。真面目に国際関係がどうとか時間と金をかけて分析するより横っ面を張り飛ばした方が早いのではないのでしょうか。

 むかっとしてミサイルを撃つ人相手にまともな外交交渉で拉致被害者を取り返せるはずはありません。それともヨイショして喜ばせて返させるんでしょうか。それなら外務省を使わないで吉本の芸人さんでも送り込んだ方が良いのでは(金正恩のコメディをやっている人もいますし)。

 さて、今日は憲法記念日ですが、「むかっとしてミサイルを発射する人」の公正と信義に信頼してわれらの安全と生存を保持するわけにはいきません。やはり安全と生存を保持するためには戦うしかないと思います。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです

22:00~23:00 5935kHz,5965kHz(300kW) 5985kHz(100kW)のいずれか

23:05~23:35 5935kHz,7325kHz(300kW) 5985kHz(100kW)のいずれか

01:00~02:00 5915kHz,6090kHz,6165kHz (300kW)のいずれか

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★5月21日(土)15:00 「拉致問題の風化を許さない! in Higashihiroshima(同会実行委員会主催)

●東広島芸術文化ホール(西条駅徒歩7分 082-426-5900)

●代表荒木が参加

●問合せ:塚本さん(090-1335-1035)

★7月24日(日)「みんなで考えよう 拉致と特定失踪者の問題」(真の平和と人権を考える市民の会主催)

●岡山市

●代表荒木が参加

----------

★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)

●定価1800円(税別)

●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。

_________________________________________

特定失踪者問題調査会ニュース

---------------------------------------------------------

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059

email:comjansite2003■chosa-kai.jp

※■を半角の@に置き換えて下さい。

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A

発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)

※■を半角の@に置き換えて下さい。

●カンパのご協力をよろしくお願いします。

郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会

銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会

(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
 

【調査会NEWS2186】(28.5.1)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 5月 7日(土)10時55分25秒
  【調査会NEWS2186】(28.5.1)

※このメールには返信しないで下さい。お問い合わせ等は調査会のアドレスcomjansite2003●chosa-kai.jpないし代表荒木のアドレスkumoha351●nifty.com(●を半角の@に変える)までお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■大澤昭一さんニューヨークでの政府行事に参加

 昭和49年2月に佐渡で失踪し、松原仁・元拉致担当大臣が在任中拉致され北朝鮮に生存していると明らかにした大澤孝司さんの兄、昭一さんがニューヨークで日本政府が開催するシンポジウムに参加します。

 シンポジウムは現地時間の5月4日(水)10時からニューヨークの国連本部会議室で行われ、大澤さんの他に加藤勝信・拉致問題担当大臣、横田拓也・家族会事務局長、脱北者呉セヒョク氏、ダルスマン国連北朝鮮人権状況特別報告者、キング米国務省北朝鮮人権特使、シン・ヒューマンライツウォッチ国際司法上級顧問らが登壇します。

 政府主催の国外での拉致問題啓発行事には毎回特定失踪者家族も参加しており、今回の大澤さん参加で認定されていない拉致被害者の問題についてさらに理解が進むことが期待されます。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです

22:00~23:00 5935kHz,5965kHz(300kW) 5985kHz(100kW)のいずれか

23:05~23:35 5935kHz,7325kHz(300kW) 5985kHz(100kW)のいずれか

01:00~02:00 5915kHz,6090kHz,6165kHz (300kW)のいずれか

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★5月21日(土)15:00 「拉致問題の風化を許さない! in Higashihiroshima(同会実行委員会主催)

●東広島芸術文化ホール(西条駅徒歩7分 082-426-5900)

●代表荒木が参加

●問合せ:塚本さん(090-1335-1035)

★7月24日(日)「みんなで考えよう 拉致と特定失踪者の問題」(真の平和と人権を考える市民の会主催)

●岡山市

●代表荒木が参加

----------

★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)

●定価1800円(税別)

●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。

_________________________________________

特定失踪者問題調査会ニュース

---------------------------------------------------------

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059

email:comjansite2003■chosa-kai.jp

※■を半角の@に置き換えて下さい。

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A

発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)

※■を半角の@に置き換えて下さい。

●カンパのご協力をよろしくお願いします。

郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会

銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会

(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
 

【調査会NEWS2184】(28.4.30)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 5月 7日(土)10時54分42秒
  【調査会NEWS2184】(28.4.30)

※このメールには返信しないで下さい。お問い合わせ等は調査会のアドレスcomjansite2003●chosa-kai.jpないし代表荒木のアドレスkumoha351●nifty.com(●を半角の@に変える)までお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■昭和40年代

        荒木和博

 今日はこれからお知らせしているセミナーです。今回はまだ問題提起で、参加された方からのご意見も参考にしながら今後さらに分析をしていきたいと思います。

 これまで議論してきてひっかかっているのが昭和40年代に日本の中に何かの変化があったのではないかということです。

 まだ具体的には分かりません。国際関係とのつながりもあるでしょうし、南北朝鮮の関係もあると思います。全部ひっくるめて分析する必要があります。

 官邸の拉致問題に関するホームページの「北朝鮮による拉致問題とは」という部分には冒頭次のように書かれています。

「1970年頃から80年頃にかけて、北朝鮮による日本人拉致が多発しました。現在、17名が政府によって拉致被害者として認定されています。」

 何か他人事みたいな書き方ですが、政府が長年そういう対応をしてきたことも、単に不作為というようなことではない、はるかに奥深い問題があるような気がしています。

 13年前、調査会を立ち上げたとき、次から次へと届くご家族からの問合せを見ていて、底なし沼に足を突っ込んでいるような感覚にとらわれました。今それに似た感覚をもう一度感じているところです。関係各位のご協力をよろしくお願い申しあげます。

----------------------------------------------------------------

昭和20年(1945)8月15日        玉音放送(日本の敗戦→朝鮮半島の解放→米ソによる分断)

             9月2日    降伏文書調印

昭和23年(1948)8月15日        大韓民国政府樹立

             9月9日    朝鮮民主主義人民共和国政府樹立

昭和25年(1950)6月25日        朝鮮戦争勃発

             8月10日    警察予備隊設置

昭和26年(1951)9月8日        日米安保条約締結

昭和27年(1952)4月28日        主権回復

昭和28年(1953)7月27日        朝鮮戦争休戦

昭和29年(1954)7月1日        自衛隊発足

昭和30年(1955)10月13日    左右社会党統一

             11月15日    保守合同(自由民主党結党)

昭和34年(1959)12月14日    在日帰国(北送)運動開始

昭和35年(1960)            日米安保改定・池田政権発足(1960年体制)

昭和36年(1961)5月16日        韓国で軍事革命(朴正煕権力を掌握)

昭和38年(1963)5月11日        寺越事件

昭和40年(1965)12月        日韓国交正常化

昭和45年(1970)3月30日        よど号事件

             4月30日    サイゴン陥落

昭和46年(1971)12月30日    園田一・敏子失踪(以後1970年代にアベック・夫婦の拉致・失踪が集中)

昭和47年(1972)9月29日        日中国交正常化(日中共同宣言)

昭和48年(1973)8月8日        金大中事件

昭和49年(1974)8月15日        文世光事件

昭和51年(1976)            金正日工作員現地化指示

昭和52年(1977)            ダッカ・ハイジャック事件

                     久米裕・松本京子・横田めぐみ拉致

昭和54年(1979)10月26日    朴正煕大統領暗殺

昭和55年(1980)6月        欧州で松木薫さん・石岡亨さん拉致

昭和58年(1983)            ラングーン事件(全斗煥大統領爆殺未遂)

昭和62年(1987)11月        大韓航空機爆破事件

平成2年(1990)9月        金丸・田辺訪朝団

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです

22:00~23:00 5935kHz,5965kHz(300kW) 5985kHz(100kW)のいずれか

23:05~23:35 5935kHz,7325kHz(300kW) 5985kHz(100kW)のいずれか

01:00~02:00 5915kHz,6090kHz,6165kHz (300kW)のいずれか

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★4月30日(土) 12:30 セミナー「なぜ北朝鮮は拉致を行ったのか」(調査会主催)

●小石川運動場会議室(東京都文京区後楽1-8 Tel 03-3811-4507)

●飯田橋駅徒歩5分(都営地下鉄大江戸線C3出口を出て3分)

●代表荒木他役員が参加

★5月21日(土)15:00 「拉致問題の風化を許さない! in Higashihiroshima(同会実行委員会主催)

●東広島芸術文化ホール(西条駅徒歩7分 082-426-5900)

●代表荒木が参加

●問合せ:塚本さん(090-1335-1035)

★7月24日(日)「みんなで考えよう 拉致と特定失踪者の問題」(真の平和と人権を考える市民の会主催)

●岡山市

●代表荒木が参加

----------

★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)

●定価1800円(税別)

●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。

_________________________________________

特定失踪者問題調査会ニュース

---------------------------------------------------------

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059

email:comjansite2003■chosa-kai.jp

※■を半角の@に置き換えて下さい。

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A

発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)

※■を半角の@に置き換えて下さい。

●カンパのご協力をよろしくお願いします。

郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会

銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会

(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
 

/150