管理者様へteacup.から重要なお知らせがあります。管理画面よりご確認下さい。

 投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


【調査会NEWS2146】(28.3.13)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 3月13日(日)23時27分22秒
  【調査会NEWS2146】(28.3.13)

※このメールには返信しないで下さい。お問い合わせ等は調査会のアドレスcomjansite2003●chosa-kai.jpないし代表荒木のアドレスkumoha351●nifty.com(●を半角の@に変える)までお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■米国

         荒木和博

 色々なところでお話しをすると、よく言われるのは「米国なら国民1人拉致されても軍艦を出して取り返しに行く」という話です。これはかつては石原慎太郎・元東京都知事がアメリカ映画の「風とライオン」を引き合いに出して話していたのですが、この映画のできた1970年代ならともかく、オバマ大統領の顔を思い浮かべて取り返しに行くと考える人はほとんどいないと思います。自国民でも可能性希薄なのだから、日本人を助けるはずはありません。

 いわんやトランプだヒラリーだなどということになったら、米国に頼むよりジンバブエかブータンにでも頼んだ方がましでしょう。今の米国では口先の応援ばかりで余計な借りを作るだけで、他の国の方が借りを作る心配が少ない分良いかと。

 例えば昔の米国だったとしても軍事的に考えて多数の被害者を全て救出作戦で取り返すのは極めて困難です。14年前に金正日が拉致を認めたのは当時のブッシュ政権が強硬で、「イラン・イラク・北朝鮮=悪の枢軸」と名指しされ、自らの生存が危ういと思ったからです。しかしそれはなおのこと米国には不可能で(北朝鮮が勝手に思い込むという可能性はありますが)、いずれにしても自分でやるしかありません。逆に日本が拉致被害者救出の過程で他の国の被害者も救出すれば、国際的な地位は一気に高まるはずです。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです

22:00~23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか

1:00~2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■「ふるさとの風」・「しおかぜ」共同公開収録

3月18日(金)19:30~21:00  開場19:00

西鉄ホール 福岡市中央区天神2-11-3ソラリアステージビル6F(西鉄福岡天神駅北口)

入場無料(事前登録不要)

主催 内閣官房拉致問題対策本部事務局 特定失踪者問題調査会

■神奈川特別検証「軍事施設と失踪」(スケジュールは変更の可能性があります)

3月30日(水)

8:30 神奈川県庁出発

9:00 戸塚区汲沢「深谷通信施設」近辺着(寺島佐津子さん・森武史さん最終失踪関連地点調査)

11:20 金沢区「小柴貯油施設」近辺着(河嶋功一さん最終失踪関連地点調査)

14:00 東京電力横須賀火力発電所周辺(岡元幸弘さん最終失踪関連地点調査)

15:00すぎ 総括(ぶら下がり取材)後解散

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか

●代表荒木が出演

●YouTubeで視聴可能

https://youtu.be/i1I1KIXXV78

-----------------

★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)

●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)

●代表荒木が参加

●問合せ:奥さん(090-3929-5267)

●参加費:5000円(飲食代を含む)

※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)

●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)

●代表荒木・常務理事三宅が参加

●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)

●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)

●代表荒木宅が参加

●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------

★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)

●定価1800円(税別)

●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。

_________________________________________

特定失踪者問題調査会ニュース

---------------------------------------------------------

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059

email:comjansite2003■chosa-kai.jp

※■を半角の@に置き換えて下さい。

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A

発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)

※■を半角の@に置き換えて下さい。

●カンパのご協力をよろしくお願いします。

郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会

銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会

(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
 

【調査会NEWS2145】(28.3.12)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 3月13日(日)23時25分43秒
  【調査会NEWS2145】(28.3.12)

※このメールには返信しないで下さい。お問い合わせ等は調査会のアドレスcomjansite2003●chosa-kai.jpないし代表荒木のアドレスkumoha351●nifty.com(●を半角の@に変える)までお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■鹿児島の事件と山本美保さんDNAデータ偽装事件

 ニュースの2131号でもお知らせしたように鹿児島の冤罪事件は「山本美保さんDNAデータ偽装事件」と極めて良く似ています。この事件は鹿児島放送が綿密に取材しテレビ朝日の系列で報道されました。「山本美保さんDNAデータ偽装事件を究明する会」では全役員がこの録画を見ていますが、これについて山本美保さんの妹さん、森本美砂さんは「警察は、裁判所に持ち込まれた証拠を裁判所、弁護側に黙って持ち出してはいけないことは承知しているが、それ以上に誤認逮捕の不名誉なことだけは、さけなければならず、証拠隠蔽、鑑定試料の工作偽造に及んだ。被告人の不利(他のアリバイを立証できない)を利用して、犯人にでっち上げた警察の隠蔽、証拠偽造事件といえる。警察は、様々な事件を扱うので、シナリオを作るのは容易なんだと思いました。シナリオに基づいて、証拠を組み立てていくプロですね。姉の一連のことでも、昨年からの丁寧な対応は、私達家族から警察が訴えられないためのシナリオは出来上がっているのかもしれません」と言っています。

 本件について「究明する会」の井上泉幹事が以下のようにまとめましたのでご参考までお知らせしておきます。

=事件概要=

 2012年10月7日 深夜2時頃 鹿児島最大の繁華街にて17歳の少女が男の声をかけられ、路地裏に引き込まれ路上で強姦された。

 事件発生から約12分後に少女がアルバイト先店長にメールをし、その8分後に現場に到着した店長が警察に通報。二日後に繁華街で岩元健吾さんを見かけ、「犯人をみつけた」と少女が警察に通報し、岩元さんは一か月後に逮捕される。岩元さんは当時記憶が無いほどの酩酊状態ではあったが、犯行におよんだのであれば、それなりの痕跡が残っているはずであり、強姦したという自覚が無いと無罪を主張し続けた。

=逮捕の決め手=

 ◎少女が岩元さんを犯人だと言っている

 ◎少女の胸に付着していたDNAが岩元さんの唾液のDNAと一致

 (※1:鹿児島県警科捜研A氏の鑑定による)

 ◎嫌がる少女を岩元さんが引っ張って歩く姿が防犯カメラに映っている

=逮捕を躊躇すべき事柄=

 ◎見せられた防犯カメラの映像は不鮮明で二人の様子が確認できない。その上、警察の話では少女と

  岩元さんを映しているはずの他の防犯カメラ4台が全て壊れているため確認は出来ないとの事。

 ◎少女の供述によると「犯人に馬乗りになられ、右手で首を抑えつけられていた。その時、男性が通り、

  『助けて!』と叫び、助けを求めた。」  しかし、その通りかかった男性の供述では「カップルが

  いちゃついていると思った。立っていた。服は着ていた。」

  男性の供述が少女の話と全く食い違い、少女の狂言である可能性も考えられた。

  (にも関わらず、警察は「目撃証言は無い」と言い張る)

 ◎少女の体内から検出された精液は微量のため鑑定不能とのこと

  (※2:鹿児島県警科捜研A氏の鑑定による)

 ◎少女の衣類のショートパンツからは岩元さんとは別人の精液のDNAが検出されていた

  (にも関わらず、警察側から検証結果として出されていなかった)

 以上の内容を考えると、岩元さんを犯人と判断するのは、※1の少女の胸に付着していたとされる唾液のDNAのみである

2015年3月16日 「2年4カ月ぶりに岩元さん保釈される」

 警察側が鑑定不能と報告した少女の体内に残された精液のDNA鑑定は、いとも簡単に再鑑定が出来、岩元さんとは別人のDNAが検出された。鑑定を行った日大・押田茂實教授は「科捜研が困難だと言っている鑑定なのに、ごく普通のやり方で簡単に結果が出たので驚いた」と言っている。既に最初の科捜研でのDNA鑑定で少女の衣服のショートパンツから検出されたDNAと同じものであるという事も判明する。

2015年5月12日 裁判所や被告側に黙って行われたDNA鑑定

 押田教授のもとに鹿児島県警より「体液の試料を早く返してほしい」と執拗に連絡が入る。鹿児島県警警察官が押田教授から試料を受け取り、鹿児島の科捜研へ渡す。それから6日後、大阪医科大学・鈴木廣一教授に渡り再々鑑定が行われる(※3:鈴木教授に鑑定依頼をしたのは科捜研A氏)



≪再々鑑定結果≫

 ショートパンツに付着していた体液のDNAと皮膚細胞からは岩元さんのDNA、二人分のDNAが検出された。



2016年2月12日 「岩元さん 無罪判決」

 「最初に科捜研で行われた鑑定は著しく稚拙な鑑定技術、又不適切な操作により鑑定できなかった可能性がある。また、被告人のDNAが検出できなかった事で、捜査官の意向で鑑定不能という結果を出したことも否めない」と裁判官は検察側を痛烈に批判した。



DNA偽造の疑い

前述※1~3に関与しているのが、科捜研A氏である

※1…少女の胸に付着している唾液のDNAが岩元さんの口腔粘膜のDNAと一致

(疑)・胸に唾液が付着していたのであれば、ブラジャーに付着していても然るべきだがそれは無かった。

※2…少女の体内に残っていた精液は微量であるため鑑定不能と報告

(疑)・まさに普通の鑑定技術で検出できるものであり、結果的には岩元さんとは別人のものであった

   ・そのDNAはショートパンツから検出されたものと同一人物だった

※3…大阪医大、鈴木教授に再々鑑定の依頼をした

(疑)・鈴木教授に渡す前に6日間科捜研に鑑定試料を保管していた。

   ※1で用いた口腔粘膜を試料に付着させる事が出来る場所である

 正当な手続きを取らず、裁判所や被告側に黙って再々鑑定を行っていた上に、押田教授のもとにある試料を鹿児島の科捜研で6日間保管し、そののち大阪医大の鈴木教授のもとへ渡している。

 元科捜研・藤田氏の話では、「科捜研の技術は稚拙ではなく正確な判定が出来る技術はあるはず。しかしながら、捜査官の意図とする結果を求められる場合もある。」とのこと。

 藤田氏の話と上記の疑いを合わせると、鹿児島県警・検察からの指示・意向により、科捜研において意向に沿わない結果は無視し、意向に沿うよう試料に操作を加えたと疑われても仕方がない。

(1) 路上で押し倒されて強姦されたにも関わらず、少女の衣類、身体には全く傷がなかった。

(2) 不鮮明な防犯カメラの映像を証拠として提出し、他にも映っているはずの防犯カメラ4台は全て壊れて

  いるという理由で提出されない

(3) 目撃証言が少女の証言とは大きく食い違っていたが、警察は目撃証言自体を無いと言い張る

(4) ショートパンツから岩元さんとは別人のDNAが検出されたのも関わらず、公表しなかった

(5) 少女の体内に残っていた精液は微量でDNA鑑定は不可能であるとしたが、実際は簡単に鑑定できた。

  結果は岩元さんとは別人のものであり、しかもショートパンツに付着した精液と同一人物だった。

*以上①~⑤を見ても、岩元さんを犯人とする方向に結果を持っていこうとしている意図が明らかである。これらの事から、再々鑑定で大阪医大・鈴木教授の元に持ち込むまでの6日間に、押田教授から引きあげた試料に対して、岩元さんの口腔粘膜・唾液をなすりつけるという操作をしたのではないかと疑われる結果になった。

 元東京高裁裁判長 木谷明氏は黙って行われた再々鑑定について「このような検察のやり方では不正な取り扱いをしたと疑われても仕方ない。証拠能力がないと割り切るべき。」と話す。



美保さんDNA事件を振り返って

  美保さん問題の流れをみると、鹿児島強姦事件と似ているところが多々ある。山形のご遺体Yさんと美保さんを結びつけるため、両者を別人と判断できるものに対しては無視をし、唯一DNA鑑定の一致を主張された。しかもそのDNA鑑定は家族に黙って行われたもので、その試料の保管状況等からも証拠能力は無い。

  科警研で明確な結果が出なかったとし、名古屋大学にて再鑑定を行うまで、山梨県警のもとに約4カ月保管された。20年も前の試料(骨髄の粉)にフレッシュな血液を付着させるのは、鑑定結果に矛盾が生じるような気もしていたが、充分操作を加える時間があったものと思われる。

  勿論もっとこの強姦事件の問題点は放送しきれないボリュームでまだまだあるのかもしれない。しかし今、美保さん問題の時系列表の問題点を見ながら思うのは、美保さん問題にはそれどころではないほどの矛盾点が盛りだくさんだ・・・とつくづく思う。

  欲しい結果の体液等を元々の試料に付着させれば、期待する結果が得られるものなんだ・・・と今回再確認出来た。

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです

22:00~23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか

1:00~2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■「ふるさとの風」・「しおかぜ」共同公開収録

3月18日(金)19:30~21:00  開場19:00

西鉄ホール 福岡市中央区天神2-11-3ソラリアステージビル6F(西鉄福岡天神駅北口)

入場無料(事前登録不要)

主催 内閣官房拉致問題対策本部事務局 特定失踪者問題調査会

■神奈川特別検証「軍事施設と失踪」(スケジュールは変更の可能性があります)

3月30日(水)

8:30 神奈川県庁出発

9:00 戸塚区汲沢「深谷通信施設」近辺着(寺島佐津子さん・森武史さん最終失踪関連地点調査)

11:20 金沢区「小柴貯油施設」近辺着(河嶋功一さん最終失踪関連地点調査)

14:00 東京電力横須賀火力発電所周辺(岡元幸弘さん最終失踪関連地点調査)

15:00すぎ 総括(ぶら下がり取材)後解散

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか

●代表荒木が出演

●YouTubeで視聴可能

https://youtu.be/i1I1KIXXV78

-----------------

★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)

●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)

●代表荒木が参加

●問合せ:奥さん(090-3929-5267)

●参加費:5000円(飲食代を含む)

※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)

●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)

●代表荒木・常務理事三宅が参加

●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)

●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)

●代表荒木宅が参加

●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------

★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)

●定価1800円(税別)

●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。

_________________________________________

特定失踪者問題調査会ニュース

---------------------------------------------------------

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059

email:comjansite2003■chosa-kai.jp

※■を半角の@に置き換えて下さい。

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A

発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)

※■を半角の@に置き換えて下さい。

●カンパのご協力をよろしくお願いします。

郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会

銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会

(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
 

★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.03.11-2)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 3月13日(日)23時24分0秒
  ★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.03.11-2)制裁強化と国際連携の圧力で全被害者を救出しよう6

■制裁強化と国際連携の圧力で全被害者を救出しよう6

■家族の訴え

◆日本の国がこんなことでいいのか、早く新法制定を

横田早紀江(横田めぐみさん母)

 皆様こんばんは。今日もたくさんの皆様がお集まりくださり、ありがとうござ
います。

 本当に色々なことが次から次に起きて、私たちはやはり子どもたちの命の問題
をかかえていますので、一つひとつのことに一喜一憂しながら、必ず解決できる
んだと信じて頑張っています。

 今日も色々な話をしていただきありがとうございました。また島田先生や古屋
先生、ご苦労様でした。私たちにはできないようなことを、救う会の皆様や全国
の皆様のお力をいただく中で、ようやくここまで、国連の動きまでくることがで
きました。

 私たちはやはり、20年近くの活動ですので、最初の頃の署名活動とか様々な
ところを通ってきましたので、信じられないことなんですね。本当にここまで来
たんだなという思いをしています。

 先ほど西岡先生の話にありましたように、朝鮮総連の活動、そして違法行為が、
日本の国の中で、堂々と長い年月行われ続けてきたんだということです。

 私たち一般庶民は何も知らなかったんですね。そんなことがあるなんて思って
もみなかったですし、そのようなことがあって、色々な工作員がここを根拠地に
して動き回って、拉致とか色んな問題が起きていた。

 私はいつも思い出すんですが、増元さんのお父様と、鹿児島とかで一緒に街頭
活動をした時に、お父様が涙を流しながら、大きい声で絶叫なさったんですね。
「本当にこの日本の国は何をしてたんだ。こんな大問題が日本の国内で24年間
も置き続けていたというのに、日本は一体何をしていたんだ」と。

 あのお父様が涙をぽろぽろ流しながらですね。通りかかる皆さんがみんな素通
りしていかれる頃だったんです。今のように署名にあつまってくださらなかった
んです。

 「そんなことって本当にあるんですか」、「本当なんですか」と言いながら、
ほとんどの方が通り過ぎていく中で、「書いてください。一人でも書いてくださ
い」、「るみ子やめぐみちゃんたちを助けてください」、「政府に出す署名なん
だから、こんなことが起きていたのに何をしてたんですか」と、本当に大きな声
で絶叫なさっていて、私はびっくりしました。

 何を言いだされるのかとお顔を見ると、ぽろぽろと涙を流して、本当に悲しい
思いをしておっしゃったことがずっと胸の中にあります。早くに亡くなられまし
たが、お父様の一言ひとことは忘れられません。

 お亡くなりになる前も、「俺は日本を信じる。だからお前も日本を信じろ」と
照明さんに向かっておっしゃった言葉とか、大切なものを残していかれたんです。
私たちはそういうことをしっかり受け止めて、日本の国かこんなことでいいのか、
と。こういうことが何年も繰り返されているわけですし、何とかしなければなら
ない、と言うだけではなくて、こういう新法の制定を、国会でもっと多くの方が
口に出していただきたい。

 議員の方があれだけいらっしゃるんですから、もっともっと、このような大事
なことを議題にして、総理に向かって、すぐに新法を制定してくださいと、三日
間くらいでやり遂げてくださいというくらいのことを言ってくださる方がいても
いいと思うんです。

 いつも国会の様子を見ていても、民主党とか色々な方がいらっしゃいますが、
ただ安倍総理を攻めるだけでなく、もっと日本国がどうでなければいけないんで
しょうかというところで、きちんとお話をしあえるような、ことばの交換ができ
るような国会になってほしいなあと、私はいつももったいないなあと思うんです。

 「助けて!」と言っている人の姿をいつも思いますから、何を見ているんです
かと思えるようなことがありますので、どうかその点も、早く、速やかに、大事
なことを制定していただくようお願いします。

 議員の方が生き生きと言葉を発していただき、安倍総理もそれを受けられて、
私も大事なことだと思うと必ずおっしゃると思いますから、政治をきちんと、まっ
すぐに、拉致問題も含めて日本がこんなことでいいのかという増元さんのお父さ
んの言葉そのままのことだけなんです。

 純粋な筋はそれだけなんです。日本の国家がまっすぐになるためにはそれだけ
なんです。私たちはそのために、長い年月を皆様に助けられて今日まで来ました。
向こうに捕われた人たちが、本当に全部が元気で帰ってくるかどうかは私たちは
分からないと思っています。

 しかし、できる限り、一人でも多くの方が命をいただいて、日本に、「ありが
とう」って帰って来れる日を迎えてあげたいと思っていますので、どうか今後と
も、真剣にこの問題に取り組んでいただきたいと思っています。本当にありがと
うございます(拍手)。

◆みんなが元気で一緒に帰ってくることを待っています

横田 滋(横田めぐみさん父、家族会前代表)

 みなさんこんばんは。これまで何回も、どうすれば帰ってくるかということを
みんなで研究したわけですが、しかし結果的には帰ってきたのは5人だけでした。

 それも一時帰国で、返すべきかどうか等色々なことを言いました。筋を通して
外交上の約束だからという人も一人はいましたが、他の方は、「犯人のもとに被
害者を返す必要はない」というのが圧倒的でした。

 それで帰ってきたのですが、子どもや財産はそのままになりました。家族は約
1年半後に帰ってきました。理屈をつけるよりも、今まである仕組みででも、そ
れを北朝鮮が実行すれば必ず帰ることができると思います。

 みんなが元気で一緒に帰ってくることを待っています(拍手)。

◆朝鮮総連は自国に対し被害者を返せと言うべき

本間勝(田口八重子さん兄)

 皆さん、今日はどうもありがとうございます。

 北朝鮮は今日、短距離ミサイルを飛ばしたということで報道されていますが、
本当に金正恩という若い大将は何をやるか分からない。火遊びが屁でもないとい
う危険な状態です。

 これは世界中が、あの体制にあの国を任せていたら危ないぞという方向に来て
いるわけです。韓国でさえ、金正恩の体制を崩壊させると、朴槿惠大統領が自ら
言っているわけです。それに対して金正恩は激怒していますが。

 その体制の危うさ、どこの国も支援しないような状態。またそういう中でも、
自分の国の利益のために中国やロシアは、ある程度は裏のところで支援していく。
そういう体裁に対し、実効性が危うく思われる中味で今回の国連決議されたよう
です。

 西岡さんや島田さんも言っておられますが、本当に中国やロシアが実効性を持
つ動きをしないと、ただの条文になるような感じだと思います。

 私は、家族会・救う会の今後の運動方針は、今までの運動方針にないところを
色々検討して、救う会幹事会でも誰も反対しない全員一致の運動方針ですので、
内容的にはじっくりこれを読んでいただければと思います。

 本当にこれを一つひとるつぶしていかなければ追い込めないよと思うはずです。

 「最終決戦」と言うのは、もう何回も言っています。「もう待てない」と。高
齢になっていますし。だったら強く「最終決戦」だと。北朝鮮は本当に拉致被害
者を返すのか返さないのかと、そこまで追い詰めてやるべきではないかと思いま
す。

 返さなかったら、アメリカのトランプじゃないですが、100倍返しするぞと。
それだけ許さないぞということだと思います。それはこの運動方針に出ています。

 早紀江さんもおっしゃいましたが、総連の問題。北朝鮮は実行責任者ですが、
日本においても、そういう運動方針があり、日本に対し協力的でなかった。日本
人と共生している大地なんですから、ほんとうは自国のやった罪は罪として認め
て、それに対して自国に対し、この問題は日本に協力して返してやるべきじゃな
いかということを、やるべきなんですが、それがやられていない。

 そうすると私は、総連の解体までもっていかないと北朝鮮は困らないと思うん
です。これを解体させるには理由づけがあるわけですが、過去の人道の罪は戦後
の北朝鮮の在日と日本人妻の送還事業があり、相当の人たちが北朝鮮に帰った。
帰ったために、同じ朝鮮民族なのに最低のランクに落とされ、悲惨な目にあって
いる。騙された、と。それをやったのは総連の幹部です。

 私の妹八重子の拉致は、総連の幹部が指示して行ったわけです。八重子を池袋
からだまして連れてこい、と。これを警視庁が知って、後に犯人を追及して、家
宅捜索までいったのに、日本のある代議士がそれを止めさせた。そういうことか
ら、総連の幹部というのは罪が確定してもいいくらいなんです。

 拉致被害者が帰ってこないということで、拉致が未解決の罪というのも作って
いいと思います。これは国際的には人道に対する罪ですからね。それを日本がや
る。拉致被害者を返さないのなら、拉致は未解決の罪として国連の中で訴追させ
るよ、と。そして金正恩を処罰させる。

 そこまで追い詰めないと、私は北朝鮮は日本を甘く見て、今まで通りのらりく
らりした対応しかしてこないんじゃないかと思います。

 まずは、総連をはっきり解体させるぞというところまで言ってもいいと思いま
す。総連に関してはこの運動方針の中で色々取り組んではいますが、そこまでの
覚悟でやらないと総連と言うものは解体させられないんじゃないかと思います。

 今年は返すのか、返さないのか、ということで、私たちはもう待てないという
ことを、これが本当の最終決戦なんだということを見せてほしい。それも期限を
つけて、いつまでに返さないのなら、総連は解体させ、北朝鮮が当てにできない
ように追いつめてします。

 中国、ロシアがどう支援するか分かりませんが、日本からの莫大な金が今まで
行っていたが、これからはもう行かないということになれば、金正恩の体制は確
実に危うくなってきます。暗殺するまでもありません。

 私が声を大にして言いたいのは、総連の解体を追及していこうじゃないかとい
うことです。以上です。ありがとうございました(拍手)。

◆平和と安全は戦って自分たちで守らなければならない

増元照明(増元るみ子さん弟)

 お疲れさまです。いつもありがとうございます。

 今日は飯塚代表が体調を崩して、こちらにこられないので、皆さんに宜しくと
のことでした。私も2月の初めに腹膜炎を患って10日ほど入院しました。ちょっ
と遅れれば危なかったようです。そういう歳というか、人間には何があるか分か
らないというのが今の状況です。

 いつ倒れてもおかしくないというのが現状ですが、そんな中、国連ではああい
う決議がありました。

 私は言葉の遊びみたいな感じがするんですが、「最終決戦が続いている」、そ
の前は「最後の決戦だ」とか。もうそういう悠長なことを言っている状況ではな
いのが家族の現状です。

 先ほどから朝鮮総連のことが度々でましたが、現行法で朝鮮総連に圧力をあか
けられないという話がありますが、破防法をかければいいだけのことじゃないで
すか。破防法があるんですから、それをかけるべきだと思います。

 これ以上朝鮮総連に自由にやらせることもないし、ましてや援助を出させるこ
ともないでしょう。神奈川県はまだ出そうとしているようですが。こんなことを
国民が許していること自体が、北朝鮮を支援、支持している団体を許していると
言う状況になりますからね。これはやはり、変えていかなければならないのでは
ないでしょうか。

 制裁に関しても、日本があらゆることを、現行法でやれることをすべてと言っ
ていますが、なんですべての人間を止めないんでしょう。すべての送金もなぜそ
う言わないんでしょうか。送金は止まっていますが、なぜ人を止めないんでしょ
うか。

 あの人たちは朝鮮籍の方たちですよね。日本人が苦しんでいるにも関わらず、
それを支持している団体の組織員ですよ。それをなぜ私たちが許しているんでしょ
うか。それは人道ということなんでしょうか。

 じゃあ、拉致被害者の人権とか拉致被害者の今の境遇は、どういうふうに考え
るんでしょうか。その方たちは。そう思うと、なんてゆるい国なんだと思います。
報道も含めて、なんてゆるい報道なんだ、と。私たちの危機感を全然分かってい
ただいていない。

 先日「産経新聞」に、「今回の制裁法に関して、もっと厳しい法案を」という
家族会の意見に、政府高官の方たちか代議士か分かりませんが、「家族の気持ち
も分かるけれども、外交問題だから」と言っているバカな人もいるんです。

 外交問題ですか、これ。犯罪でしょう。人さらいでしょう。人質をとってたて
こもっている犯人に、何十年も余裕を持たせて、取り戻せない国というのは未来
がありませんよ。国民を守れない国に未来があるわけがないでしょう。それを安
倍さんは言うべきだと思いますよ。国民に対しても。

 このままでは未来がない国なんだ、と。私たちの国は。現行法でも、現憲法で
も、国民の命を守るためには、私たちは戦うんだと、それくらいの覚悟を言うべ
きじゃないですか。

 先日、シールズを支援するために香山リカさんという人が、「平和と安全は戦っ
て、勝ち得なければならない」という演説をしたらしいですが、趣旨は一緒だと
思います。平和と安全は戦って自分たちで守らなければならないんですよ。それ
が国というものであり、国民の義務じゃないですか。それを考えなきゃいけない
のに、もうこんなに長くなってしまった。

 家族会が発足したのが1997年です。その時に言われたのは、これまで私た
ちが黙って20年という月日が過ぎてしまいました。今後も私たちが黙っている
と、また20年という月日がそのまま何も起こらず過ぎますよ、ということです。

 そこで私たちは覚悟をして、実名を出して運動を続けてきました。結局、5人
は帰ってきましたが、20年近く経って解決にも至っていない現状を、私たちは
もっと考えるべきですよね。

 北方領土のこともそうですが、何十年も解決しない問題を、ただ運動している
だけではすまない状況になっているのではないでしょうか。拉致問題を北方領土
化してはならない。竹島問題化してはならない。これは人の命がかかっている問
題です。そのことをもっと強く訴えていかなければならないと私は思っています。
以上です(拍手)。

以上



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784  http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.03.11)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 3月13日(日)23時22分52秒
  ★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.03.11)制裁強化と国際連携の圧力で全被害者を救出しよう5

■制裁強化と国際連携の圧力で全被害者を救出しよう5

■家族会・救う会の運動方針と北朝鮮の現状2

◆困っていることをやめてほしければ拉致被害者を返せ

西岡 北朝鮮が「対話ができなくなっている」と言ったら、「未来がないぞ」と
言い返したのに対話を切れなかったんです。

 そして冒頭言いましたように、北朝鮮にとって一番痛い外貨源が削られた。少
なくとも開城工団地撤退で生の外貨はいかなくなりました。労働者にドルで払う
月給は労働者にはいってなく、労働党が取っていたんです。しかも、北朝鮮のお
金でごく一部だけ払っていたんです。

 労働者たちは北のお金よりも、韓国からもらった「チョコパイ」なんかを横流
しすると高く売れるので、それが楽しみで通っていたようです。しかし、韓国か
ら入っていた1億ドルがなくなった。

 朝鮮総連に「持ってこい」と言って、持ってこさせていたのと同じです。石炭
輸出も中国が国連制裁を守れば10億ドルがマイナスになる。張成沢と軍が争っ
て、張成沢処刑騒ぎまで起きたような石炭輸出を本当に中国が止めるのであれば、
内部矛盾はより高まると思います。

 「制裁と国際連携」という点で、日本も現行法規でできることをほぼ全部やり
ました。私は日本政府の独自制裁を見て驚いたんですが、古屋先生たちがまとめ
た自民党の13項目よりも厳しいことが書いてあるんです。

 北朝鮮の船は制裁で日本に入港できないのですが、第三国船で北朝鮮に寄港し
た船舶は特定船舶入港禁止法では止めることができるんです。私は自民党に意見
を求められた時に、「それも入れろ」と言ったんですが、「公海自由の原則があ
る」、「第三国の船会社に迷惑をかけるのはだめだ」との国土交通省の見解もあ
り、自民党案は「北朝鮮に寄港した第三国の舶は検査を厳しくする」となってい
ました。

 今回の独自制裁では「入港禁止」です。色々な配慮を超えて法律に書いてある
ことをやること決められたことが分かりました。

 北朝鮮が困る方向に制裁が強まったことは間違いありません。ただ、北朝鮮の
秘密の外貨が今いくらあるのか分からないんです。分からないので、いつ、どう
動くのかを簡単に予測はできませんが、困らせることをして、この困っているこ
とをやめてほしければ拉致被害者を返せと、出口を見せることはできている。

◆安倍総理のポケットにコメ支援は入っている

西岡 この運動方針の2ページ目に、「現在、日本は対北朝鮮人道援助を停止し
ているが、これは北朝鮮が偽遺骨や偽死亡診断書などを提出するというあまりに
非人道的行為を行ったことが契機とされている。核やミサイルでなく拉致問題が
理由となっている。従って、彼らが死亡とした8人の生存を認めて被害者全員を
帰国させるなど拉致問題で誠実な対応をとれば、米韓も実施してきた人道支援は
再開しうる。これは実質的話し合いの有力なカードの一つだ」と書きました。

 前の運動方針にもあったんですが、下の方に小さな字で書いていました。それ
を上に持ってきました。我々は、拉致被害者が帰っていないのに、コメ支援をす
る時に、座り込みをして反対しました。座り込みをして反対した団体が、被害者
が帰ってくれば、それをカードとして使ってもいいと言った。

 同じことなんです。被害者が帰ってこないのに出すのを反対したんです。しか
し、否定法で書くのと、肯定法で書くのは違います。実質的な話し合いをするな
らば、安倍総理のポケットにコメ支援は入っている、ということが分かるように
運動方針が書かれています。

 しかしそれでも、拉致被害者について、全員を返すという実質的交渉が始まら
ないのであれば、未来がないことを思わせるように、「より一層強い制裁をかけ
る。国際連携をする」しかないと思っています。

◆国際テロ組織を支援することができなくなるような新法制定を

 現行法規で、できる限りの制裁がなされたのであれば、我々は新法を作るべき
だとも書きました。「朝鮮総連の活動を厳しく取り締まることができる新法制定
を求める」です。

 去年の12月に、朝鮮総連がいかに危険な団体なのかということについて様々
な観点から議論をする国際セミナーをやりました。朝鮮総連の現役の商工会の会
員で、過去に専従だった人も出てきて、「今の朝鮮総連のやり方は間違っている」
と、総連に意見書を出したという人が実名で、出てきてくれました。

 核・ミサイル開発を支援している資金や技術を出してきたのが朝鮮総連です。
あるいは韓国に対するスパイ活動に基地になっている。韓国に対するテロの基地
にもなっている。

 今の朴槿恵大統領のお母さんは、在日韓国人に暗殺されたんです。在日韓国人
は日本生まれで、韓国語ができなかったのですが、朝鮮総連の幹部に洗脳されま
した。万景峰号が大阪まで来て、それに乗っていた北朝鮮の幹部に「朴大統領を
暗殺しろ」という指令を受けて韓国に行った。

 それなのに、「朝鮮総連を厳しく取り締まってほしい」という当時の朴正煕政
権の要求を、日本政府は拒否しました。テロ支援基地に日本がなったんです。

 最近でも、朝鮮大学校の元副学長がスパイだということが明らかになりました。
これは警視庁が詐欺事件で元副学長を逮捕したんですが、韓国で捕まった韓国の
地下組織、スパイ組織と連絡を取って、朝鮮総連の元副学長が北朝鮮から指令を
受けて、それを韓国の地下組織に伝えていたことが明らかになっています。

 それも、韓国を転覆する活動をするスパイの基地になっているわけで、それが
朝鮮大学校です。朝鮮大学校、朝鮮総連は元副学長を守らなかった。逮捕された
らすぐ辞表を受け取って、「我々と関係がない」と言った。つまり、事実だから
です。

 本来なら朝鮮大学校の彼の研究室や朝鮮大学校の主要な施設を家宅捜索すべき
だった。日本国内に、海外のテロ集団を支援する組織がある。朝鮮総連は今、学
校の子どもたちや内部に対して、「水爆実験は、日本人の前であまり喜ぶな」と
指令を出しています。しかし、組織の中ではお祝いをしているんです。誇りだと
思っているわけです。そういうことを教えているんです。

 そういう団体に、(地方自治体が)補助金まで出しているということは、どう
考えてもおかしい。ISのような国際テロ集団があって、そのISの思想を日本の各
種学校の中で教えている。彼らは正しい、と。西洋帝国主義はおかしい、と。そ
してその卒業生がISに向かおうとしていたら、そういう学校に補助金を出すのか。

 日本の今の破壊活動防止法は、日本国内で破壊活動をする団体に対してだけ解
散命令をかけられます。国際テロ組織を支援するということは、対象じゃないわ
けです。スパイ防止法でも、日本国内の秘密を持ち出すということです。もうす
こし広い概念で、国際テロ組織を支援することができなくなるような新法が必要
だと思います。また北朝鮮に対する強い圧力になります。そして、制裁と国際連
携で実質的な交渉の場に彼らを引き出す。

◆追い風になり、最終決戦が続いている

西岡 今年の見通しですが、3月になると米韓軍が軍事演習を始めます。それに
対して北朝鮮は、「黙ってはいない」と公然と言っています。何かするかもしれ
ません。もしかしたら5回目の核実験をする可能性もある。一定程度緊張が高ま
ります。

 そして5月の党大会があります。しかし外貨が涸渇して苦しくなってきた場合
に、金正恩氏は何を選ぶのか。表向き強いことを言うでしょうが、核とミサイル
問題で話し合いをするというところまで行くかどうか。

 彼らは憲法に核保有国だと書き、党大会でも金正恩の功績として核保有国になっ
たというでしょう。それなのに、それを外交手段にすることはありえない。

 中国が今おかしなことを言って、米朝平和条約の会談をしようと言っています。
アメリカがそれに乗るようなことになると、核ではなく、平和問題で交渉が始ま
るということになって、拉致ではない出口を金正恩が見つけてしまうかもしれな
い。それも中国が変数ですが。

 それがない場合、核について一切議題にできないと金正恩が思った場合に、議
題にできるものは拉致問題です。日本の制裁も、アメリカの制裁も、拉致被害者
が帰ってくることが条件で、制裁を緩めることができる。その緩める部分が北朝
鮮にとってどのくらい魅力的なのか。様々な、詰めなくてはならないことがあり
ますが、実質的な、返す時の条件交渉をしてほしい。

 そのパイプがつながっているか、つながっていないかが進展の度合いです。ス
トックホルム合意が結ばれたことは進展でも何でもなかった。制裁を緩めてしまっ
た点でマイナスだった。しかし今、国際制裁も含めて制裁が強まった。そこに
「拉致」が理由に書かれている。日本の制裁には明確に書かれていますし、アメ
リカはまだ発動していない法律に書いてある。これは追い風だと思っています。

 ですから最終決戦は終わっていない。最終決戦は続いている。制裁と国際連携
で実質的な交渉に引き出す。しかし、実質的な交渉は秘密で行われると思います
から、もしかしたら物事が動くときは、半年とか1年、何も動いていないように
見えるかもしれません。

 そういうことも考えながら、我々はとにかく被害者が帰ってこない以上、制裁
の圧力を強めるべきだ、国際連携を強めるべきだと思います。アメリカの議会は
それを分かって、法案にも書いてくれました。叫び続ければ、世界は少しずつで
すが変わるということを信じて、今年も運動を続けていきたいというのが運動方
針です。

(6につづく)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784  http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

【調査会NEWS2144】(28.3.11)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 3月13日(日)23時21分55秒
  【調査会NEWS2144】(28.3.11)

※このメールには返信しないで下さい。お問い合わせ等は調査会のアドレスcomjansite2003●chosa-kai.jpないし代表荒木のアドレスkumoha351●nifty.com(●を半角の@に変える)までお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■釣り

        荒木和博

 昨日ある人と話をしていて、ふと今の政府の対応は針も付けずに釣り糸を垂らしているようなものではないかという話になりました。

 核とミサイルで制裁をして(それはそれで良いと思いますが)、一方で「日本はストックホルム合意を破棄していない。対話の窓口を閉ざしていない」と政府は言っているわけですが、かといって何かしているようには見えません。これでは釣り竿から針も付けない糸を垂らして、糸に魚が食いついてくれるのを待っているようなものではないでしょうか。せめて針が付いていれば間違って引っかかる魚もいるかも知れませんが。「糸に食いついて釣られてくれたら餌をあげるよ」と言われて食いつく魚はいないでしょう。

 まあしかし、釣り竿から糸が垂れていればとりあえず釣りをしているようには見えます。その格好が大事なのかも知れません。

 そういえばこの話とは関係ありませんが、釣りに行っていなくなり、車が残っていた特定失踪者に岡元幸弘さん(昭和62年失踪)と山下貢さん(平成元年失踪)がいます。3月30日の特別検証では岡元さんについても調べます(周辺に多数の軍事施設がある)。ちなみに「金正日主義対外情報学」には次の一節があります。

-----------------------

偉大な首領金日成同志におかれては次のように教示された。

 〈顔面関係とは、初歩的にその人と接触するための第一段階に過ぎません〉

 顔面関係とは、人々が互いに顔も知り挨拶もする程度の人間関係である。人々の間の交際は主に顔面関係から始まる。

 顔面関係が進化すれば親密関係に、ひいては〈密友〉関係に、革命的同志関係に発展することになる。

 対象が釣りを好む人物であれば、釣り場で顔面関係を築くことができ、彼が登山を好むのであれば登山道で接触の機会を作ることもできるだろう。そして、対象の趣味や生活上の特性に応じて劇場や体育競技場、喫茶店や食堂、公園や遊園地といった場所で接触の契機をつくることもできるだろう。

----------------------------

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです

22:00~23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか

1:00~2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■「ふるさとの風」・「しおかぜ」共同公開収録

3月18日(金)19:30~21:00  開場19:00

西鉄ホール 福岡市中央区天神2-11-3ソラリアステージビル6F(西鉄福岡天神駅北口)

入場無料(事前登録不要)

主催 内閣官房拉致問題対策本部事務局 特定失踪者問題調査会

■神奈川特別検証「軍事施設と失踪」(スケジュールは変更の可能性があります)

3月30日(水)

8:30 神奈川県庁出発

9:00 戸塚区汲沢「深谷通信施設」近辺着(寺島佐津子さん・森武史さん最終失踪関連地点調査)

11:20 金沢区「小柴貯油施設」近辺着(河嶋功一さん最終失踪関連地点調査)

14:00 東京電力横須賀火力発電所周辺(岡元幸弘さん最終失踪関連地点調査)

15:00すぎ 総括(ぶら下がり取材)後解散

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか

●代表荒木が出演

●YouTubeで視聴可能

https://youtu.be/i1I1KIXXV78

-----------------

★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)

●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)

●代表荒木が参加

●問合せ:奥さん(090-3929-5267)

●参加費:5000円(飲食代を含む)

※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)

●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)

●代表荒木・常務理事三宅が参加

●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)

●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)

●代表荒木宅が参加

●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------

★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)

●定価1800円(税別)

●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。

_________________________________________

特定失踪者問題調査会ニュース

---------------------------------------------------------

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059

email:comjansite2003■chosa-kai.jp

※■を半角の@に置き換えて下さい。

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A

発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)

※■を半角の@に置き換えて下さい。

●カンパのご協力をよろしくお願いします。

郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会

銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会

(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
 

★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.03.10)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 3月13日(日)23時19分58秒
  ★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.03.10)制裁強化と国際連携の圧力で全被害者を救出しよう4

■制裁強化と国際連携の圧力で全被害者を救出しよう4

■家族会・救う会の運動方針と北朝鮮の現状

◆「対話ができなくなっている」と脅したが、対話を続けた北朝鮮

西岡 去年、「最終決戦の時、不退転の決意で全員救出を!」という運動方針を
決めました。全力で闘ってきましたが、しかし最終決戦は終わらなかった。そこ
で、「最終決戦は続いている 制裁と国際連携で全員救出実現を!」としました。

 去年の運動方針で、「特別調査委員会の調査はそもそも必要ない。北朝鮮は拉
致被害者について、既に情報をもっている」。だから「報告書が問題ではなく、
被害者が帰ってくるかどうかが問題なんだ。報告書をくれと言うべきではない。
被害者の帰国を求めよ」と主張しました。

 それから、「期限を切って、帰国が実現しなかった場合は追加制裁をかけよ」
という運動方針を決めていました。

 去年を振り返ると、北朝鮮は色々な揺さぶりをかけてきました。去年は一昨年
に比べて、公の日朝協議が開かれなかった。局長級の公式協議は一度もありませ
んでした。それが一昨年との大きな違いです。

 一昨年は3月に局長級協議があり、5月にストックホルム合意があり、7月に
特別調査委員会設置、その後9月に結果を聞きに行ったらまだ終わってないと言
われ、結果を聞きに来いということで10月に平壌に行き、局長級協議がありま
した。そこまで5回、公式の協議が開かれています。

 その後公式協議は全くない。しかし、水面下ではひんぱんに外務省と北朝鮮が
会っているようです。聞くところによると、月1回会うという約束になっている
との話があります。それが秘密協議であるならば、漏れてくるのはおかしいので
すが、行うとマスコミにすぐに出るというのもおかしなことですが、パイプは切
れていない。

 去年北朝鮮は、「4つの分科会を作ったけれども、拉致以外の2つの分科会の
調査が終わった。拉致に関する調査はまだ終わっていない」と言っていました。
これは報道にもありますし、私が北朝鮮側から取った情報でも間違いありません。

 それに対して安倍政権は、「拉致について何も報告がないならいらない。拉致
なしの報告書を受け取ることはしない」と言っていました。

 当初安倍政権は、山谷大臣などが繰り返し言っていたのは、「ストックホルム
合意に基づいて、迅速で正直な報告を求める」でした。「正直な」というところ
に、「また嘘をつくなよ」ということを踏まえていたのですが、それに対し我々
は、「報告書はいらない。被害者が帰ってくるかどうかだけが判断基準だ。なぜ
なら彼らは調査をする必要がないからだ」と言っていました。

 水面下で、「拉致以外のものについてまず渡したい」ということについて、安
倍政権は拒否しました。私の聞いているところでは、外務省は、「ストックホル
ム合意に書いてあるのだから先にできたものを貰った方がいい」と言っていたと
の話もあります。しかし安倍総理は、「それはだめだ」と拒否しました。

 そして3月26日に、朝鮮総連の議長と副議長の自宅を家宅捜索をしました。
そうしたら北朝鮮は4月2日に、「政府間対話ができなくなっている」と通報し
てきました。これは北京の大使館ルートを通して通報してきたわけです。

 ちなみに、日本が独自制裁した後北朝鮮が、特別調査委員会の解体を発表しま
したが、これは通報ではなかった。「朝鮮中央通信」が報道しただけのものです。
公式の通報は未だにない。4月2日の通報の方が公式なんです。

 今回は、特別調査委員会を解体するだけで、対話を切るとは言っていません。
ストックホルム合意を破棄するとも言っていない。4月2日は、「政府間対話が
できなくなっている」と微妙な表現でした。「できなくなった」とは言っていな
い。

 その理由として朝鮮総連の議長、副議長の自宅を家宅捜索したことと、拉致問
題を国連に持ち込んだことを挙げています。「対話を切るぞ」という脅しをかけ
てきたんですが、この時安倍政権は毅然として、4月3日、安倍総理がテレビカ
メラの前で、「拉致問題が解決しなければ北朝鮮は未来を描くことが困難だと認
識させなければならない」と言いました。

 向こうが「対話を切るぞ」と脅したら、「未来がないぞ」と返した。大変な緊
張関係です。本当にこの後対話が切れるかなと観察していましたが、その後も外
務省との接触は続いています。

 8月には、岸田外務大臣が、李・スヨン外相とアセアン拡大外相会議で会いま
した。「対話はできなくなっていなかったんです」。その後も朝鮮総連の議長の
息子は逮捕され、有罪になり、国連でも人権問題が取り上げられ、そのことにつ
いて政府は積極的に外交活動をしました。しかし彼らは、対話を切ってこなかっ
た。

◆日本のマスコミ等を利用して世論を分断しようとしたが、日本は動ぜず

 彼らも日本から取りたいものが残っていたということです。しかし、彼らの最
初の狙いは4つの分解を作って、拉致以外のものを先行させて一定の金を取ろう
と考えていたとしか見えませんが、それについては安倍政権は拒否した。

 そうしたら8月に状況が変わりました。拉致以外のものを先行させる絶好のチャ
ンスが8月にあったからです。日本の清津会のグループが墓参に行きました。

 この時、日本のマスコミがたくさんついていきました。そこに残留日本人が出
てきて、「私はこういう風に過ごしています」と言うのかなあとか、「墓地が破
壊されそうになっています。工事が進んでいます」と見せるのかなあとか、「調
査が終わっているのに日本が受け取らないのはけしからん」と言うのではないか
と思っていましたが、墓参団に対し、宋日昊大使は出てきませんでした。実務者
が出てきただけ。扱いが冷たかった。

 一方、同志社大学の浅野という先生が8月に訪朝しました。そこに宋日昊大使
が出てきました。そして言ったのが、「拉致問題についても調査は終わっている」
と。8月に、拉致以外のものを先に出す方針から、「拉致の調査は終わっている」、
マスコミの報道では「ほぼ終わっている」と言ってきました。

 しかし、「その内容は2002年の小泉訪朝の時とほぼ同じだ」、「日本政府
が政治的影響を恐れて受け取らない」、「ストックホルム合意を守っていないの
は我々ではなく日本だ」と8月から言い始めました。

 許宗萬総連議長が9月初め、総連が主催したパーティでもそういうことを言い
ました。朝日新聞と共同通信が、そのような記事を書きました。

 前にも言いましたが、9月にジュネーブで、国連人権理事会主催で初めて「北
朝鮮人権セミナー」が開かれました。これまで日本政府主催のもの、NGO主催の
ものはありましたが、国連人権理事会が主催して、一国の人権問題を扱うセミナー
を開いたのは初めてです。

 そこにパネラーとして飯塚耕一郎さんが出ました。しかし、国連主催で、北朝
鮮は国連加盟国ですから、反論権が保障されています。そのパネルディスカッショ
ンで耕一郎さんが話した後、北朝鮮大使が発言することが決まっていました。

 当初北朝鮮は、「パネラーに入れろ」と言ったそうですが、それは認められま
せんでした。それが9月です。8月に「調査は終わっている。受け取らないのは
日本が悪い」と言い始めた時に、このジュネーブのセミナーがありました。

 飯塚耕一郎さんが田口八重子さんのことを訴えた後、「何を言っているんだ。
調査は終わっている。受け取らない日本政府が悪い」、「このような人権騒動は
誠実に拉致問題の調査をしている我々に対する誹謗中傷だ」と言うのに一番いい
舞台だったのです。

 実は私は大変緊張していました。多分日本政府もそれを察知して、現地の大使
ではなく、一番詳しい拉致対策本部の石川事務局長がジュネーブにきていました。
北朝鮮が反論したら、その後日本政府が手を挙げて反論する。北朝鮮がどういう
ことを言うか、何通りも想定して発言内容を考えていると事前に言っていました。

 しかし、結果的に北朝鮮は、「調査は終わっている」と言いませんでした。拉
致問題自体を出しませんでした。飯塚耕一郎さんが発言した直後なのに、「人権
騒動はアメリカのでっちあげだ。けしからん」と。「日本もアメリカも戦争犯罪
国だ」とは言いましたが、拉致は言いませんでした。

 私が北朝鮮内部から、後で聞いた話では、「日本に色々揺さぶりをかけたが、
死んだということでは動じなかったので日本に調査結果を渡すのを延期した。年
内はしない」ということでした。

 実はその時言われたのが、「2002年の結果とほぼ同じです」という内容を
総合すると、その時一番懸念されたのが、新たな死亡の証拠を出すということで
す。

 2002年に一度通報してきたことを日本政府は受け入れられないとして色々
な反論をしているわけです。死亡診断書はでっちあげだとか、遺骨は偽物だった
とかです。それなのに「2002年と同じだ」と言うためには何か出さなければ
ならない。

 私の北朝鮮の複数の情報筋から、一昨年春1回、去年8月に1回、「危ないで
すよ。殺されて『遺骨』を作る危険がまた高まってきました」と聞いています。
ですから、「分かっているんだ」、「そんなことをしても日本人は死んだと言わ
れてもあきらめない。逆に日朝関係は最悪になりますよ」と。

 そして、「日本の技術であれば、誰の骨かだけではなく、いつ死んだのかも分
かる。民間の救う会でさえ具体的な生存情報を持っている。政府も持っているは
ずだ。今は明らかにしないが、変なことをしたら明らかになる」、「2013年
まで生きていた人が『遺骨』で帰ってきて、それが94年に死んだと言われても、
それは信じられない。帰って来た瞬間に虐殺だと言いますよ」ということを繰り
返しいいました。

 家族会の横田早紀江さんも、伊原局長がいるところで、「被害者が帰ってくる
のが問題で『遺骨』なんかいりません。もらってこないでください」と明確に話
しておられました。

 結局彼らは、そのカードを切ることができないで、9月が過ぎた。「報告書で
はなく人を返せ」ということで、何とか危ないところを切り抜けることができた
のではないかと思っています。

◆返すことを前提にした実質的な交渉はまだ始まっていない

 しかし、なぜこんなに危ないことになってしまったのかと言うと、ストックホ
ルム合意に根本的な欠陥があったからというのが我々の主張です。合意をするの
であれば、被害者を返すという裏約束を取ってから合意をすべきだった。

 3月以降、北朝鮮が拉致を含む協議に応じると言ったことは進歩です。よかっ
たと思います。しかし、すぐ5月に合意をしてしまった。合意を見て、紙に書い
てないけれども、北朝鮮が返すという約束をしたんだろうか。返すことが前提で
日本人妻問題や、終戦時の遺骨問題が入っているのだろうか。そういうことであ
れば評価できないわけではないと思いました。

 そして当時は色々な情報が乱れ飛んでいました。日本経済新聞は、「30人の
リストが来ている」と報道しました。外務省筋のリークでは、「今回の交渉の相
手は国家保衛部だ。国家保衛部のミスター金と田中均局長が交渉していた時に出
てきていた男で、信用できる。国家保衛部は秘密警察だからすべてのことが調査
できるんだ」と。こういうのがたくさん出てきました。

 我々専門家からすると、国家保衛部は党に権限がなく、拉致をしたのは党です
から、全く北朝鮮のことを知らないリークだったのですが、一時本当に被害者が
帰ってくるのではないかと雰囲気が盛り上がりました。

 私は逆に見ていて、「裏約束で返すということが詰まってないんだな。危ない。
返さないのに日本に接近してきたということは、新たな死亡の証拠を出そうとし
ていると思われる」と。

 つまり、本当に返すということのためには、返す条件の裏交渉が必要なんです。
彼らは被害者の名簿を持っているわけです。そして2002年に返せなかった理
由もあるわけです。その理由があるにもかかわらず返そうと彼らが思うかどうか。
それは返さなければどれだけ不利益が来るかということとのバーターでなければ
ならない。

 2002年には、日本から100億ドルのお金が来ると北朝鮮の内部では言わ
れていました。それでもめぐみさんたちは秘密をたくさん知りすぎているので返
さなかった。アメだけでは絶対帰ってこないんです。制裁と国際連携の圧力で、
彼らと被害者を帰す条件を話し合う交渉に引きずり出すということ以外に、助け
出す道はない。

 それは我々がずっと言ってきたことですが、一昨年は条件の話し合いをしない
で表の合意をしてしまった。そこが失敗の原因だったと思います。北朝鮮側は、
4つの分解を作ったんだから日本人妻や終戦時までの遺骨の問題を先にやりたい
と言うし、日本側は拉致が最優先だと言う。そこことさえ詰まってなかったんで
す。北朝鮮側は、金正恩は、「話が違うじゃないか」と言っています。

 安倍政権は、「拉致が最優先であることを繰り返し北朝鮮に伝えた」と言って
いましたが、本当に伝わっていたのかという疑問が出てくる状況です。つまり、
返すことを前提にした実質的な交渉はまだ始まっていないんです。それを始める
には圧力以外にない。

◆2年前より今の方が情勢は有利

 そういう風に思うと、2年前より今の方が情勢は有利だと私は思っています。
国際連携がより進んだ。北朝鮮が核・ミサイル実験をしました。これは拉致問題
とは関係なく、彼らにはアメリカ本土まで届く核ミサイルを持つという至上命題
があります。そして3年に1回実験しなければならないのは、まだ技術的課題が
残っているからです。

 しかしその過程で、彼らが見せた対応を注意深く見ると、安倍政権に対する激
しい非難を避けています。朴槿恵大統領に対する口汚いののしり、オバマ大統領
についても、「人権騒動はアメリカがやった」とか、「アメリカは我々の体制を
滅ぼそうとしている」とすべての責任をアメリカにまわしていますが、日本に対
しては「日本当局」というだけで、安倍さんに対し呼び捨ての非難はないんです。

 加藤(拉致担当)大臣も非難されていない。あるところで、大臣は「俺は認識
されていないのかな」と言っていました。山谷大臣の時は、「有象無象」とか
「人間のクズ」とか言われていました。古屋先生も随分言われました。

 しかし、向こうは安倍さんは批判しないんです。朝鮮総連に対する取り締まり、
厳格な法執行の方針を決めたのは第一次安倍政権です。そして国連に持ち込んだ
のも安倍さんのリーダーシップです。それなのに安倍批判をしない。

 日本と韓国は、同じ日に独自制裁を発表しました。韓国については次の日に、
「韓国は開城工団の稼働を中止する」と言った。中止だから再稼働の余地を残し
たのですが、北朝鮮は「開城から追放する。財産を全部没収する。開城を軍事基
地にする」と、すぐ次に日に発表しました。

 ところが日本に対してはその次の日で、夜10時になって、「朝鮮中央通信」
の報道だけが出た。「朝鮮中央通信」は特別調査委員会が談話を出したと言って
いるんですが、談話の全文を出していない。未だにどこも報道していない。

 日本に対する対話を切る気がないことが分かります。こちらから対話を切る気
がないと日本が言わなくても、必要な時は彼らはやりますし、必要じゃない時は
やめるんです。それが一番よく分かったのは去年の4月3日です。

(5につづく)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784  http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

【調査会NEWS2143】(28.3.10)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 3月13日(日)23時19分2秒
  【調査会NEWS2143】(28.3.10)

※このメールには返信しないで下さい。お問い合わせ等は調査会のアドレスcomjansite2003●chosa-kai.jpないし代表荒木のアドレスkumoha351●nifty.com(●を半角の@に変える)までお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■口数

      荒木和博

 昔、某国(北朝鮮ではありません)の情報機関の人と話していて、何度も同じことを言ってくるのに気付いたことがあります。否定してもまたしばらくすると同じことを言ってきて「いや、さっきも言ったように…」とこちらが返すことが続きます。何で同じことを何度も言ってくるのだろうかと思っていたのですが、同じ国の別の人から同様のことをされて気付きました。一種の刷り込みのようなものなのですね。何度も聞いているうちに頭に残って何かのときに出てくる、あるいは相手(この場合は私)に同じことを何度も言わせるように誘導して、それを自分自身が考えているように刷り込んでしまうとか。

 おそらくはそういうマニュアルがあるのだと思います。そういえば日本でも、かつて時々会っていた警察庁の人で見るからにそういう役だと分かる人がいました。山本美保さんの事件や、国内の工作員の話になると繰り返し否定をして、当たり障りのない話をするペアの課長と役割分担しているのがよく分かりました。

 心理的な捜査については「金正日主義対外情報学」にも次のような一節があります。政治家などこういう人が多いかと思いますが、口数の多い人はご注意を。

----------------------------------------

 談話誘出の対象になり得る人物は、敵の秘密資料を知っていながらも口数が多い人物である。口数が多い人間は、一般的に自慢が好きで自分が知っている秘密内容に対しても話すようになる。このような人間は外部から心理的衝撃を少し与えるだけでも興奮を抑制できず、秘密内容も打ち明けることになる。反対に、口が硬くて内省的な人間は必要なことだけを話すため談話誘出がうまく通じないことがある。

----------------------------------------

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです

22:00~23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか

1:00~2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■「ふるさとの風」・「しおかぜ」共同公開収録

3月18日(金)19:30~21:00  開場19:00

西鉄ホール 福岡市中央区天神2-11-3ソラリアステージビル6F(西鉄福岡天神駅北口)

入場無料(事前登録不要)

主催 内閣官房拉致問題対策本部事務局 特定失踪者問題調査会

■神奈川特別検証「軍事施設と失踪」(スケジュールは変更の可能性があります)

3月30日(水)

8:30 神奈川県庁出発

9:00 戸塚区汲沢「深谷通信施設」近辺着(寺島佐津子さん・森武史さん最終失踪関連地点調査)

11:20 金沢区「小柴貯油施設」近辺着(河嶋功一さん最終失踪関連地点調査)

14:00 東京電力横須賀火力発電所周辺(岡元幸弘さん最終失踪関連地点調査)

15:00すぎ 総括(ぶら下がり取材)後解散

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか

●代表荒木が出演

●YouTubeで視聴可能

https://youtu.be/i1I1KIXXV78

-----------------

★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)

●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)

●代表荒木が参加

●問合せ:奥さん(090-3929-5267)

●参加費:5000円(飲食代を含む)

※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)

●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)

●代表荒木・常務理事三宅が参加

●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)

●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)

●代表荒木宅が参加

●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------

★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)

●定価1800円(税別)

●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。

_________________________________________

特定失踪者問題調査会ニュース

---------------------------------------------------------

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059

email:comjansite2003■chosa-kai.jp

※■を半角の@に置き換えて下さい。

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A

発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)

※■を半角の@に置き換えて下さい。

●カンパのご協力をよろしくお願いします。

郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会

銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会

(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
 

【調査会NEWS2141】(28.3.9)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 3月 9日(水)23時23分10秒
  【調査会NEWS2141】(28.3.9)

※このメールには返信しないで下さい。お問い合わせ等は調査会のアドレスcomjansite2003●chosa-kai.jpないし代表荒木のアドレスkumoha351●nifty.com(●を半角の@に変える)までお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■職業

       荒木和博

 もう大分前ですが、元工作員安明進氏が日本にいたとき、一緒に神楽坂の料理屋に行ったことがありました。

 そこは高級料亭というほどではないのですが、純日本風の店。個室で食事をしていたら女将がやってきて挨拶をしました。安氏が韓国人と気付くと「ちょっと勉強してるんですよ」とか何とか言って二言三言韓国語で話していったのですが、女将が退室するやいなや安氏が「あれは北朝鮮の言葉です」と言いました。おそらく総聯系の学校で習ったのではないかとのこと。

 その店には政治家でも来る人がいると聞きました。着物を着た美人の女将から「先生、○○のこと、どうなっているのかしら」とか聞かれたら喜んで話してしまう議員も少なくないでしょう。まあその店がそういう店という証拠はないのですが。

 ちなみに「金正日主義対外情報学」には次のような一節があります。あるいは田口八重子さんの拉致、あるいは山田妙子さんや堺弘美さんらの失踪もこのようなことと何かの関係があるのかも知れません。皆様くれぐれもご注意を。

--------------------------------------------

 情報活動に有利な職業を選択しそれに対する偽装をうまく行わなければならない。

 偉大な領導者金正日同志におかれては次のように指摘された。

 《敵区工作で職業問題は大変重要です》

 偉大な首領金日成同志におかれては次のように教示された。

 《今後偽装を地帯的特性に則してさらにうまく行わなければなりません》

 情報活動に有利な職業というとき、それは敵上層人物と自然に接触して情報工作を行うことができ、組織の安全を保障するにも有利な職業のことをいう。

 そのような職業としては高級料亭や遊興場などの奉仕業体の成員になることもあり、医院や薬局、郵便配達というものにもなり得る。

-------------------------------------------------

▲現在「しおかぜ」の放送時間と周波数は以下の通りです

22:00~23:00 5910kHz 5985kHz 6135kHz 7400kHz(300kW)のいずれか

1:00~2:00 5910kHz 5955kHz 5985kHz(300kW) 5990kHz(300kW)のいずれか

■神奈川特別検証「軍事施設と失踪」(スケジュールは変更の可能性があります)

3月30日(水)

8:30 神奈川県庁出発

9:00 戸塚区汲沢「深谷通信施設」近辺着(寺島佐津子さん・森武史さん最終失踪関連地点調査)

11:20 金沢区「小柴貯油施設」近辺着(河嶋功一さん最終失踪関連地点調査)

14:00 東京電力横須賀火力発電所周辺(岡元幸弘さん最終失踪関連地点調査)

15:00すぎ 総括(ぶら下がり取材)後解散

■調査会役員の参加するイベント(一般公開の拉致問題に関係するもの)・メディア出演・寄稿・特定失踪者問題に関する報道(突発事案などで、変更される可能性もあります)等

★チャンネル桜【防人の道NEXT】日本は北朝鮮に何をされてきたのか

●代表荒木が出演

●YouTubeで視聴可能

https://youtu.be/i1I1KIXXV78

-----------------

★4月2日(土)16:00「関西防衛を支える会歴史勉強会」(同会主催)

●錦城閣(地下鉄・京阪天満橋駅直上)

●代表荒木が参加

●問合せ:奥さん(090-3929-5267)

●参加費:5000円(飲食代を含む)

※要事前申込

★4月3日(日)13:30 「救国の闘い講演会」(三宅博事務所主催)

●三宅博事務所(大阪市営地下鉄谷町線・八尾南駅前 072-949-1388)

●代表荒木・常務理事三宅が参加

●問合せ:三宅博事務所(上記)

★4月29日(金)14:30 講演会(英霊の栄誉を守り顕彰する会主催)

●文京シビックセンター(地下鉄後楽園・春日駅前 03-3812-7111)

●代表荒木宅が参加

●問合せ:佐藤さん(090-6709-9380)

----------

★荒木著『北朝鮮拉致と「特定失踪者」』(展転社刊)

●定価1800円(税別)

●問合せ 展転社(03-5314-9470)

※特定失踪者に関わる報道は地域限定であってもできるだけ多くの方に知らせたいと思います。報道関係の皆様で特集記事掲載や特集番組放送などについて、可能であればメール(代表荒木アドレス宛)にてお知らせ下さい。

_________________________________________

特定失踪者問題調査会ニュース

---------------------------------------------------------

〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル301

Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059

email:comjansite2003■chosa-kai.jp

※■を半角の@に置き換えて下さい。

調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp/

YouTube https://www.youtube.com/channel/UCECjVKicFLLut5-qCvIna9A

発行責任 者荒木和博(送信を希望されない方、宛先の変更は

kumoha551■mac.com宛メールをお送り下さい)

※■を半角の@に置き換えて下さい。

●カンパのご協力をよろしくお願いします。

郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会

銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会

(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はご連絡下さい)
 

★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.03.09)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 3月 9日(水)23時21分6秒
  ★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.03.09)制裁強化と国際連携の圧力で全被害者を救出しよう3

■制裁強化と国際連携の圧力で全被害者を救出しよう3

西岡 では島田さんから訪米報告の補足をお願いします。

◆スネドン議案の関係者とこれから

島田洋一・救う会副会長(福井県立大学教授)

 訪米報告についての配布資料をご覧ください。デヴィド・スネドンさんは20
04年8月に中国雲南省で失踪した青年で、当時24歳でした。様々の状況証拠
と極秘の情報からして、彼は中国内で脱北者支援をする人権活動家と疑われて北
朝鮮側に拉致されたものと思われます。ついでに、英語教師として使おうと北朝
鮮が考えたかもしれません。

 このスネドンさんの家族は何回も日本に来られて、古屋元大臣に対してもそう
ですが、我々救う会や家族会に対しても、自分たちの息子、兄弟を取り戻したい、
と。拉致問題については日本は知識があり、最も真剣に取り組んでいるから、是
非日本からアメリカに対して働きかけてくれないかという依頼を受けてきました。

 また非常にまじめなご家族なので、私個人としても、何とかスネドンさんを取
り戻したいとの強い思いを持っています。従って、アメリカに当事者意識を持っ
てもらうことが戦略的にも極めて大事なんですが、同時にスネドンさんを日本の
被害者とともに早く解放させなければならないという思いがあって、こういう決
議案を受けて動いているということです。

 今回の訪米についての簡単な補足ですが、面会者リストの中のビリー・ロング
下院議員とダイアナ・デゲット下院議員は、米議会日本研究グループ訪日議員団
として毎年日本を訪れ、外務大臣初め関係者と懇談していますが、両者は共同議
長を務めている民主・共和両党のトップです。いわば親日人脈を通じて賛同者を
増やそうという趣旨で会いました。

 デゲット下院議員は、古屋さんが言われた通り、ナンシ・ペロシ院内総務と大
変親しい関係にある点も重要だと思います。

 24日に会ったクローディア・ロゼット、シャノン・ティエッジの二人は非常
にしっかりしたジャーナリストで、ロゼットさんというのは、国連の不正、欺瞞、
機能不全等を鋭く追及することで国際的に知られています。

 アナン前国連事務総長が、追われるように辞めましたが、あのアナン氏の長男
等が絡んだイラクの石油不正輸出事件を最初に追及したのはロゼットさんで、注
目を浴びているジャーナリストです。

 ティエッジは「ディプロマット」誌編集主幹で外交が専門です。ネット配信も
しています。外国に影響力があります。この二人のインタビューを長い時間に渡っ
て古屋大臣が受けられ、近々記事が出ると思います。これを発信のツールとして
日本政府なども使っていただきたいと思います。

 25日の、ナンシー・ペロシさんは、下院の民主党の院内総務でトップの人で
す。こういう決議案は、民主・共和両党のコンセンサス、両党から賛同者が集まっ
て、「誰も異議ありませんね」、「異議なし」という形で通すのが一番効率的だ
と、何人もの米議会に詳しい人たちが言っていました。

 民主党側の賛同者を増やすと言う意味で大変重要な人です。実際に我々が会っ
たのは黒人の女性の補佐官ですが、「スネドン氏のケースについては既によく知っ
ている」ということで、大いに動いてくれるのではないかという感触を持ちまし
た。

 ポール・ライアン下院議長。46歳で共和党の若手で、前回の大統領選挙で副
大統領候補になった人。今の大統領選でも、共和党はかなり分裂状態ですが、7
月の党大会の段階で誰も過半数を集められない場合、一からの投票になるのです
が、その場合ポール・ライアン氏が共和党の候補としてかつがれるのではないか
と言われている重要人物です。

 これも黒人の男性補佐官に会いました。大変優秀なエネルギッシュな人で、大
いに動いてくれると思います。

 マルコ・ルビオ議員については先ほど古屋元大臣が言われた通りですが、非常
に事務所の反応が早くて、既に(決議案の)共同提案者に名前を連ねています。

 デブ・フィッシャー上院議員は、女性で、デブラを縮めてデブと呼ばれます。
ネブラスカ州の議員です。スネドン家はユタ州とネブラスカ州に大変ゆかりが深
いということで、両州の議員が当初共同提案者になっているんですが、そのうち
の一人です。

 この人はかなり早い段階でマルコ・ルビオ上院議員を大統領候補として指示す
るとの声明を出した保守本流の人です。

 マイク・リー上院議員とは本人と会いました。上院側の決議案提出者ですが、
アメリカの保守団体の投票行動の調査では、最も理念的保守として信頼できる議
員のトップになっています。まだ45歳と若いんですが、本格保守のホープで法
律家です。

 デヴィン・ニューネス議員は、アメリカの議会で日本議連ができましたが、そ
の共同議長をしばらく前までやってきた人です。親日人脈の一人で、現在情報特
別委員長。スネドン決議案は上院では外交委員会に付託されていますが、下院で
は外交委員会と情報特別委員会に付託されています。早く処理が終わった方のルー
トで事が進むのだろうと思いますが、その委員長ということで重要人物です。

 スティーブ・シャボット議員も外交委員会に所属していて、常に議員本人が会っ
てくれる人です。亡くなった中川昭一さんとも親しかった方です。親身になって
拉致問題を考えてくれます。

 クリス・スチュアート下院議員は決議案の下院側の提出者ですが、実はスチュ
アート議員の長男が、スネドンさんに、「自分も韓国、中国に留学したい」とい
うことで、先輩としてスネドンさんから色々教えを受けていたという関係もあっ
て、極めて熱心に取り組んでくれています。元空軍のパイロットで、日本に赴任
していたこともあるという方です。

 ベン・サス上院議員は45歳、若手で、ネブラスカ州選出で、共同提案者の一
人です。実は数日前、「仮に共和党大会がトランプ氏を候補として指名しても、
自分はトランプ氏を支持しない」という明確な宣言を、共和党議員として最初に
出した人です。この人も本格的な保守で、注目されている若手の一人です。

 こういう人たちに会ってきたんですが、感触としては、上院下院両方でこの決
議案が通るというのが最も注目度、認知度が高まるし、いいことだと思いますが、
上院の方は対立案件が色々あって、どうなるかかなり不透明です。だから下院の
方でまず通って、上院の方はどうなるか、というようなことになるかも知れませ
んし、全く分かりません。両院が同じペースで進むとは限らない。私の感触では
下院が早く進むのではと思いました。

 例の慰安婦決議案が2007年に通りましたが、これは下院でしか通りません
でした。そういう意味ではどちらかの院を通るだけでも、インパクトはあります
から行方を見守りたいと思っています。

 あと1点だけ言えば、この間保守派の最高裁判事が亡くなって、その後任をど
うするかで民主党・共和党がかなりもめているんですが、上院司法委員会のメン
バーにこのマイク・リー上院議員が入っており、またオリン・ハッチというユタ
州の上院議員、スネドン決議案の共同提案者ですが、この二人が司法委員会に入っ
ています。

 その意味で、マイク・リー上院議員が出した決議案が反発を買う恐れもありま
すが、この辺はどうなるのか全く分かりません。以上です。

西岡 島田さんに聞きたいことがあります。先ほど古屋先生も言及されましたが、
制裁という観点からすると、米上院下院が法律を通し、オバマ大統領がサインし
た新しい北朝鮮制裁強化法ですが、これはどういう法律で、その法律の中に実は
外国人拉致問題が明記されたと聞いているんですが、それについて解説してくだ
さい。

◆新米北朝鮮制裁強化法に拉致解決すれば制裁解除の条項

島田 アメリカでごく最近通り、大統領が署名して成立した北朝鮮制裁強化法は、
ここに原文がありますが、主に中国をターゲットにして、北朝鮮と怪しい取引が
ある金融機関に対し、アメリカの銀行に口座を持たせない。

 すなわち、「北朝鮮と取引を続けたら国際業務はできなくなりますよ」、「北
朝鮮との取引か、アメリカとの取引か、国際取引全般で中国はどっちを選ぶのか」
ということで、そういう制裁を大統領に促すというものです。180日以内に大
統領が発動するかどうか議会に対して返答しなければならない、という制裁項目
が並んでいます。

 注目すべきは、401条と402条です。こういう場合には、制裁を解除し得るとい
うものが6つか挙げてあります。

 1.北朝鮮が偽札造りを止めた時。偽札を作る輪転機を見ている前で破壊する
こと。2.金融取引の透明化。3.類似の国連決議を北朝鮮が遵守した時。4番
目が拉致です。外国人拉致被害者に関して、その状況を明らかにし生存者を本国
に返す措置を北朝鮮がとった時。5.人道支援で物資に関するモニターを北朝鮮
がきちんと受け入れた時。6.強制収容所の状況が改善された時。

 全部において改善が見られたら制裁を緩和するとの書き方ではないので、6つ
の内のどれかについて状況の改善が見られた場合、あるいは国務省が改善したと
言えば制裁緩和が可能になります。

 日本としては、他の何が動こうが拉致問題が動かない限り制裁を緩和すべきで
ないというプレッシャーをアメリカにかけなければいけないし、逆に拉致問題で
北朝鮮が進展を見せれば、金融制裁の緩和もできるんだよという言い方もできる
でしょう。

 続く項目では、制裁を完全に解除できる場合の例が書いてあり、アメリカ人拉
致被害者に関する状況説明、解放も含めて拉致問題が解決される場合には全面解
除も可能という書き方になっています。

 要するに、この制裁強化法を緩めるとか解除するに当たっては、拉致が重要な
要素になっていますし、拉致の要素の重要度をさらに増すために、日本政府が様
々な形で働きかけていく必要があると思います。

◆アメリカの法律に「拉致」という言葉が入ったのは大きな成果

西岡 私はこれを聞いて大変驚きました。アメリカの法案なのに、外国人拉致被
害者の状況を報告し帰国させることが、制裁を緩める条件に明記されているとい
うことです。

 「アメリカ人を含む」は完全解除のところに書いてあって、緩めるところでは
外国人拉致被害者が書いてある。アメリカというのは、世界の警察官だったとか、
今はやめるとか言っていますが、テロ支援国指定制度もそうですが、世界中の国
でこの国がテロ支援国だとアメリカが決める。国連と関係なく国務省が決めて、
議会に報告すると制裁をかける。

 ある面で一方的なところもあるんですが、自国の法律を解除する条件に、北朝
鮮国内の政治犯収容所の状況とか、外国人拉致のことも入っている。我々が初め
てアメリカで拉致を訴えたのは2000年で、小泉訪朝の2年前ですが、16年
経って、これは古屋先生のように何回も我々が行って、「やってください」と頼
んでないんですよね。

 ワシントンの大使館がどのくらいロビーをしたか分かりませんが、とにかく法
案に入り、これが上下両院で可決されて大統領もサインした。「制裁と国際連携
の圧力で北朝鮮を拉致被害者を返す実質的な交渉の場に引き出す」という運動方
針を立てているわけですが、先ほど言ったように、今回の安保理事会の決議では
「拉致」という言葉は残念ながら入らなかった。しかし、アメリカの法律には
「拉致」という言葉が入っている。

 「外国人拉致」には日本人拉致も含まれる。これは対外的働きかけの大きな成
果だし、古屋先生が完全解除の所で、アメリカ人拉致と入っているのはスネドン
さんしかないので、アメリカ議会に対して議員外交で働きかけたことが、「アメ
リカ人だけのことでいいのか」として入ったとすれば、決議は上程されただけで
可決されていませんが、大きな成果があったと言えるのではないか。

 もちろん6つの条件の中で、「北朝鮮が人道支援のモニタリングを受け入れた
場合」というのは一番やりやすいことで、モニタリングを受け入れたふりくらい
は彼らはいつでもしますので、これが改善したとして金融制裁が緩んでしまうか
もしれません。

 そういう心配もありますが、逆に拉致が明記されているというのは大きなこと
で、国連の決議を遵守する、つまり核・ミサイル開発を止めることは彼らには相
当むつかしい。憲法に核保有国と書いているんですから。政治犯収容所の改善も
大変むつかしい。そういう点で今回核・ミサイルで制裁が強まりましたが、少な
くとも日本とアメリカの制裁は拉致が理由に明記されるところまできた。

 もちろん今島田さんの解説にあったとおり、この法律が通ったから金融制裁が
かかるわけではなく、大統領に金融制裁をかけるようにうながすという法律です
から、まだオバマ大統領は金融制裁をかけていません。180日以内に、かける
かどうかを議会に報告しなければならない。半年です。

 このことについても、「かけるべきだ」と、是非日本政府は外交努力をしてほ
しいと思いますし、特に拉致が理由に入っていることについて、日米関係の友好
の印だと感謝し、拉致を理由に金融制裁をかけてほしいという外交をしてもらい
たいと強く願います。

 我々がターゲットにしてこなかったのに入ったというのは望外のことですが、
嬉しかったです。

 ちなみにテロ支援国指定が解除されたということがありました。あれは200
8年でした。実はテロ支援国指定の理由に最初拉致は入ってなかったんです。北
朝鮮がテロ支援国だという理由は、よど号ハイジャッカーをかくまっていること
と、大韓航空機テロをやったり、ラングーンテロをやったということが国務省の
資料に明記されていたんです。

 当時金大中政権とクリントン政権が北朝鮮に対して宥和的な姿勢を見せて、ア
ジア開発銀行から多額の資金を融資するという動きがあったんです。その時、ア
メリカの議会調査局が、「拉致も理由になりうる」という報告書を出したんです。

 その時、「拉致は現在進行形だとも考えられる。イランがアメリカの外交官を
抑留していた時はそれが終わるまでテロが終わっていないとの解釈をした。拉致
についてもそのような理解が可能だ」という議会調査局の報告書があり、200
0年に我々が訪米する時、実は古森義久さんがそれを送ってくれたんです。

 私はそれを一生懸命読んで、「拉致もテロだ」と。拉致が理由に書き込まれた
ら、アメリカはテロ支援国指定を解除できない。そうすると北朝鮮にアジア開発
銀行からお金が行かないという点で彼らが嫌がることができると思って、アピー
ルをし始め、2003年に訪米した時に、アーミテージ国務副長官が、「もちろ
ん拉致も理由に入ります」と口頭で言ってくれて、その次の年から報告書に「拉
致も理由」と書かれました。

 そして、「拉致が解決するまでアメリカはテロ指定を解除すべきでない」とい
う下院決議まで通っていたわけです。しかし、ブッシュ政権の末期に北朝鮮にだ
まされて、「核開発は止めます」という口約束にだまされて解除したら、核実験
が起きたということがありました。

 今回は、法律に書いた。アメリカが制裁する法律に「拉致」を書き、解除の理
由に書いた。これはつまり、制裁の理由になるわけです。拉致が明記された。は
やり、言わないとだめだけど、言うと少しずつですが理解は深まるのではないか。

 2000年に行った時は議員にほとんど会えず議員の補佐官に会ったり、国務
省でも課長にも会えなくてその下の人に会ったりしていましたが、言い続けると
拉致が重大な問題だということが分かり、法律にも書き込まれた。

 日本政府は今独自制裁をして、その理由に「拉致も入っている」と言いました
が、我々は拉致だけを理由に制裁を強めてくださいと言ってきましたが、今の所
それはかなわなかったわけです。

 しかし、アメリカは、自国民が拉致されているということは政府としてまだ認
定していないにも関わらず、法律に、制裁をかけた場合、「外国人被害者が帰国
するまで制裁を緩めてはならない条件の一つ」と書いたということです。

 これは本来ならワシントンから、この法案が通った時とか、大きくニュースに
なってもおかしくないことなのに、なぜワシントンの日本人記者たちは気づかな
いのかなと思います。

 我々は運動方針を決める合同会議で、島田副会長からそれを初めて聞いたんで
すが、ワシントンはこの法律についてどう言っていますか。

島田 共和党の方は、基本的にオバマ氏が早く実施すべきだということ、そして
中国側が安保理制裁決議でちょっと譲ってきたから、この中国の銀行をターゲッ
トにしての英再発動をやめようというような取引に使ってはいけない、と言って
います。でもオバマ政権は懸念した方向に今行きつつあると思います。

 また、こういう場合に一旦課した制裁を緩和できるということで6つ挙げたと
言いましたが、その緩和も「1年を限度として緩和できる」と書いてあります。
一端緩和しても、1年経って何ら改善が見られなかったら、制裁が元に戻るとい
うことです。初めから期限を決めて緩和する。このあたりも法律の技術面で参考
にすべきだと思います。

西岡 ストックホルム合意の時は3つの制裁を解除して、ほぼ1年で結果が出る
と官房長官などが繰り返し言っていましたが、1年経っても元に戻さなかった。
それは期限が明記されてなかったからですね。我々は期限を切ってくれと言いま
したが。この法律は期限を切っているところが大変示唆する所が多いと思います。

 この後、配布資料に基づき、家族会・救う会の運動方針についてお話させてい
ただきます。

(4につづく)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784  http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.03.08)

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 3月 8日(火)22時53分46秒
  ★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.03.08)制裁強化と国際連携の圧力で全被害者を救出しよう2

■制裁強化と国際連携の圧力で全被害者を救出しよう

◆国連の輸出入制裁は中国が利用するだけ

島田 今日発表があったので、原文をすぐ読みました。西岡さんの指摘の通り安
保理決議が厳格に実施されればかなり北朝鮮に対して打撃になる。しかし、これ
には「ビッグ イフ」、大きな疑問がつくわけです。

 決議の履行状況について、各国は90日以内に国連に報告することになってい
ますが、従来の制裁決議に関して言うと、国連加盟国193の内、157が未だ
に報告していない。それを国連は放置しているわけです。いかにも国連らしい話
です。

 しかし、まず報告が出なければ、貿易状況が一体どうなっているかの基本デー
タすらないわけですから、やはり日本とアメリカが中心になって、報告書を出さ
ない国に対してはODAを止めるというような圧力をかける必要がある。

 そして、これまで制裁決議を最も守っていないと言われる国が、中国、イラン、
ロシア、ナミビアですが、ある法律ができたということと、やくざがそれを守る
かどうかは全然別の話です。

 今でも国連安保理決議は北朝鮮に対して、核・ミサイル関連物資の輸出入を禁
止していますが、北朝鮮のミサイル運搬車両が中国製であることは周知の事実で
す。これを指摘しても中国は知らん顔。

 オバマ政権は米中関係を悪くしたくないので厳しく追及しないんです。今回の
決議でも、「北朝鮮に生活上必要のある場合については例外にする」というよう
な例外規定が色々なところに入っています。

 例えば船の検査を強化する、北朝鮮の船に関してはすべて検査する。しかし、
検査の定義がどこにも書いてない。しかも留保条件として、「人道物資の行き来
に支障がでないようにする」と。つまり北朝鮮が、「この船には食糧も積んでい
るんだ」と言えば、たいていの船は実際に入って行って検査したら人員もお金も
かかりますので、書類くらい見て、「ミサイルとは書いてないな。じゃあもう行
け」ということになると思います。

 これもアメリカあたりが、「プロフェッショナルな人員、費用を我々が面倒見
てあげる」という形で実効性を担保しないとほとんど意味がない。

 それから、石炭の輸出入の禁止。これも「北朝鮮の生活上必要なものは例外と
する」とあります。唯一レアアースについてだけ、留保なしに「北朝鮮からの輸
出を禁止する」と書いています。なぜそうなっているかというと、レアアースは
国際市場の90%を中国が抑えています。中国としては、北朝鮮が商売のライバ
ルとして出てきたことになる。

 最近北朝鮮がレアアースを大々的に輸出したいと発表したのですが、そうなる
と中国にとって北朝鮮がライバルになるし、相場も下がる。従って、国連制裁決
議を利用して北朝鮮のレアアース産業をつぶしにかかったということでしょうね。

 要するに、中国にとってプラスになる面に限って制裁を実行する。その他の面
は、北朝鮮に対し何かプレッシャーをかけたい時に、制裁決議もあるしアメリカ
が最近うるさいからちょっと○○を止めるよ、と部分的には使うでしょうが、基
本的に中国は信用できない。

◆金融制裁も中国に有利な制裁

 もう1点。金融制裁的なことが書いてあります。「各国は新たに銀行の支店を
作らせない。現在あるものについても早期に撤退を迫る」とあります。これだけ
見ると、北朝鮮は外国に全く銀行の支店を持てなくなるようで、厳しそうですが、
「但し北朝鮮の中にある外国の銀行については、北朝鮮国民の生活に必要がある
場合、あるいは北朝鮮の外交活動に必要な場合については例外的に認める」と。

 現在、北朝鮮に支店を持っているのは中国の銀行くらいのものです。要するに
金融を独占しようということです。これも極めて利己的な発想で、中国に有利で
すからこういう条項は守ると思います。

 これも守らない国に対しては日本がODAを止める等の行動をとっていかないと
実効性が担保できないと思います。

西岡 古屋圭司元大臣が忙しい日程の中、来てくださいました。古屋大臣と島田
さんが2月24日から26日に訪米してくださいました。配布資料の通りです。
このことを主として、安保理事会の制裁について、今の状況をどう見ておられる
かお話ください。

◆拉致問題についても国連の中で共通の認識になってきた

古屋圭司(元拉致問題担当大臣、自民党拉致問題対策本部長)

 皆様ご苦労様です。今日未明に国連で安保理決議がなされました。おそらく島
田先生から詳細なご報告があったと思います。

 我々はご承知の通り、家族会・救う会からも強い要請を受けて、国連決議の中
に「拉致」の要素をしっかり入れるようにとのことで、外務省、国連関係者にも
相当強く申入れをさせていただきました。

 残念ながら決議の中には「人道」という言葉は入りましたが、「拉致問題」と
いう言葉は入りませんでした。しかし、採択時の公式会合で、吉川国連大使から
も「拉致問題を初めとする人道問題」について言及があり、また米国のパワー大
使からも人権問題に言及していただき、その中でいわゆる「強制失踪」の問題に
ついて言及がありました。

 特に、「被害者の家族は、愛する家族の運命をも知らずにいることを強いられ
続けている。この現状を我々は強く認識すべきだ」という発言がありました。実
は日本からも働きかけていました。

 ただ、国連決議ですから、1国だけの要請でできるものではありませんが、安
保理の中でもこの問題が共通の認識になったと言えると思います。

 昨年私は12月に、島田先生とともにアメリカに行きました。国連にもその前
に行って、回ってきました。安保理のメンバーに是非拉致問題を制裁の理由の中
に入れてしっかり対応するようお願いしたところ、委員会の中でそういう趣旨の
提案がなされていることがあり、核・ミサイルだけではなく、拉致問題について
も国連の中でそういうスタンスで何とか来たということだと思います。

 残念ながら、私は外務省にも苦言を呈したのですが、今日5時に行って、朝8
時か8時半くらいに総理談話が出たんです。せっかくそれが出たのだから書けば
いいのに、書いてないんです。これは私からも相当厳しく言いました。

 明日9時から、拉致対策本部と、谷垣本部というか、幹事長が本部長になって
いる北朝鮮問題対策本部と合同で会合を行います。ここでは、外務省からもその
辺の説明を詳しく説明してもらうことになっています。

◆拉致被害国として互いに日米連携を

 私は、島田先生や塚田議員などと一昨年から4回訪米しています。これはデイ
ビッド・スネドン氏の拉致の疑いが極めて強いということからです。当初日本が
そうであったように、私が大臣の時もアメリカ国務省の高官に、「スネドン氏の
状況証拠がそろっているからアメリカ人拉致と認定するように」と要請を何度も
しましたが、「証拠がない」、「その情報は中国から入手している」ということ
でした。

 これが果たして信頼できるものかどうかは皆さんの判断にお任せします。我々
は、「かつての日本と同じだな」と。そこで立法府、上下両院からの働きかけを
するのがいい、と。

 ご承知のようにアメリカは、昨年の立法府の選挙で共和党が両院で勝ち、ねじ
れ現象になっています。だから共和党の議員に徹底的に働きかける。特にユタ州
の議員でマイク・リー上院議員、あるいはスチュアート下院議員はこの問題に非
常に関心を示していただきました。

 西岡先生も島田先生も会っています。我々から情報提供をして、何とか決議を
してほしいと。当初は十分な認識を得るまでには至りませんでしたが、何度も訪
米する度に、あるいはメール等でやりとりをさせていただきました。

 その結果、一昨年末にケリー国務長官に、15名の上下両院議員が、この問題
について「真相究明せよ」との書状が出ました。これはチャンスということで昨
年の春先からアメリカに行って、これは是非決議をしてほしいと上下両院に働き
かけました。

 そして今年2月10日に、配布資料に日本語版がありますが、英語版で8ペー
ジのかなり長い決議文を、かなり正確に書いてもらい、これが両院に提出されま
した。

 いよいよここからはいかに採決するかです。アメリカの場合は、パフォーマン
スも含めかなりの数の決議書や法案が出ます。アメリカは日本のような内閣法は
ありません。全部議員立法で、採決にたどり着くのは10%から15%と言われ
ています。

 それで確実にこれを議決に持ち込むための働きかけをしてきました。10人の
議員、補佐官等に会ってきました。決議には民主党も極めて重要ですから民主党
のペロシ院内総務、この人は当選15期です。

 安倍総理が昨年4月に訪米した時に、ペロシ院内総務のもとで、議会で演説を
させていただきました。その時ペロシ議長が、赤い服を付けて、目でアイコンタ
クトをしたらぴたっと合ったそうです。すぐ隣がレセプション・ルームで、そこ
でも総理はペロシ氏と話をしたそうです。

 私もそういう話をしつつ、「これは究極の人権侵害だ」と訴えて、「是非共和
党だけでなく民主党の議員の皆さんもこれに賛成してほしい」との働きかけをし
ました。

 またペロシ議員の相棒というか、仲良くしている、これも女性議員ですが、ダ
イアナ・デゲット(民主党下院議員)という人に会いました。この人はコロラド
州で10期です。この人に会って同様の話をしました。

 やはり議員のなかには、はっきりと認識している方と、まだスネドン氏の問題
は聞いたことはあるけれど必ずしも十分理解していない議員との間に温度差があ
るのが現実です。

 そこでキーマンであるマイク・リー上院議員やスチュアート下院議員、彼らは
決議案の提出者に、引き続き多くの議員に声掛けをしていただけるようにお願い
しました。

 理想は「異議なし」に持ち込むのがいいのですが、上院と下院でやり方が少し
違うようで、下院の場合は公聴会を開くかもしれないという話がありましたので、
もし開くなら我々はいつでも出かけてお話をさせていく用意がある、ということ
も伝えました。

 それから、マルコ・ルビオ氏。今大統領選に出ています。うーんと首をかしげ
たくなるトランプ氏。そしてクルーズ氏が共和党の候補ですが、アメリカでは首
領派の良質保守と言われているのがルビオ氏で、彼は元々北朝鮮問題については
非常に問題意識を持っておられます。

 島田先生は何かいくらい会いましたか。6、7回ですか。安倍総理もかつて会っ
たことがあります。その日はルビオ氏はテキサス州で大統領選のディベートがあ
るということでワシントンにはおらず、補佐官に会いました。そしてこの決議案
の提案者になってほしいとお願いしました。そうしたらすぐルビオ氏と相談する
ということで、4、5時間後には、アメリカ大使館の公使で、補佐官のカウンター
パートから直接電話が入り、「今本人に確認したところ提案者になることは諒解」
との返事をもらいました。

 産経新聞などの新聞には翌日報道していただいたようですが、こういう形で、
我々はなんとか決議をしていただきたい。なぜ大切かというと、本音を言います
と、アメリカは拉致問題で協力すると言っています。横田さんご夫妻も飯塚さん
もブッシュ大統領、オバマ大統領に会っています。

 しかし、自国民が拉致されているということではないので、アメリカの一般国
民にしてみれば、北朝鮮の核・ミサイル問題には問題意識をすごく持っています
が、拉致問題については、「遠いアジアの話でしょ」ということで、ある意味で
否定はできないと思います。

 そこで、アメリカ人も拉致されたんだ、テロに等しい拉致が行われたという決
議が採択されれば報道されます。報道すればアメリカ国民が知ることになります。
アメリカ人の正義というのは軍隊を出しても取り戻すことです。日米同盟が安倍
政権になって強固になりましたが、拉致問題でも互いに被害国としてアメリカと
日本が真の連携をすることができる。これが拉致問題解決に向けての、北朝鮮に
対する大きなプレッシャーになることは間違いありません。

 今回は日米韓で連携して制裁強化案をまとめました。日本も独自案をまとめ閣
議決定して執行しています。アメリカも法案を上下両院で通して大統領が署名を
しました。韓国は開城工業団地を封鎖。このことによって進出した中小企業には
打撃がありますが、それを覚悟の上でやった。

 そうやってどんどん圧力をかけていくことによって、初めて北朝鮮が、この拉
致問題で表裏の交渉を含めてまともに取り合うようになってきます。そういう意
味でアメリカの決議は極めて重要です。国連決議も重要です。日米韓の連携も重
要です。

 そういう合わせ技、総合力によって、私たちは拉致問題の解決のためにこれか
らも全力で頑張りたいと思います。日本の世論も極めて重要ですので、皆様方も
引き続きご支援をお願いいたします。ありがとうございました(拍手)。

(3につづく)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
■安倍首相にメール・葉書を
首相官邸のホームページに「ご意見募集」があります。
下記をクリックして、ご意見を送ってください。
[PC]https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
[携帯]http://form1.kmail.kantei.go.jp/cgi-bin/k/iken/im/goiken.cgi

葉書は、〒100-8968 千代田区永田町2-3-1 内閣総理大臣 安倍晋三殿

■救う会全国協議会ニュース

発行:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)
TEL 03-3946-5780 FAX 03-3946-5784  http://www.sukuukai.jp
担当:平田隆太郎(事務局長 info@sukuukai.jp)
〒112-0013 東京都文京区音羽1-17-11-905
カンパ振込先:郵便振替口座 00100-4-14701 救う会
みずほ銀行池袋支店(普)5620780 救う会事務局長平田隆太郎
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 

/150