teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


悟浄出世

 投稿者:セラ  投稿日:2017年10月16日(月)12時43分27秒
返信・引用
  悟浄よ、諦かに、わが言葉を聴いて、よくこれを思念せよ。
身の程知らずの悟浄よ。いまだ得ざるを得たりといい
いまだ証せざるを証せりと言うのをさえ、世尊はこれを増上慢とて難ぜられた。
さすれば、証すべからざることを証せんと求めた爾のごときは、
これを至極の増上慢といわずしてなんといおうぞ。
爾の求むるところは、阿羅漢も辟支仏もいまだ求むる能わず、
また求めんともせざるところじゃ。哀れな悟浄よ。
いかにして爾の魂はかくもあさましき迷路に入ったぞ。
正観を得れば浄業たちどころに成るべきに、爾、心相羸劣にして邪観に陥り、
今この三途無量の苦悩に遭う。
惟うに、爾は観想によって救わるべくもないがゆえに、
これよりのちは、一切の思念を棄て、
ただただ身を働かすことによってみずからを救おうと心がけるがよい。
時とは人の作用の謂じゃ。
世界は、概観によるときは無意味のごとくなれども、
その細部に直接働きかけるときはじめて無限の意味を有つのじゃ。
悟浄よ。まずふさわしき場所に身を置き、ふさわしき働きに身を打込め。
身の程知らぬ『何故』は、向後一切打捨てることじゃ。
これをよそにして、爾の救いはないぞ。

http://plaza3.dws.ne.jp/~utv08048/index.htm

 
 

十五夜です。

 投稿者:pino  投稿日:2017年10月 4日(水)20時52分30秒
返信・引用
  寸分も違わず同じ月が、今夜も地上を照らしています。  

 投稿者:セラ  投稿日:2017年10月 4日(水)09時55分26秒
返信・引用
  すべての歓びの消えた わたしの胸に
ただ一つのこった この蒼いろの悲しみを
わたしは一重の花にさかせたい

あなたが私の胸に
知らない間にのこして行った
この一粒の 悲しみの種子を
わたしは涙で育ててみせよう

一年のどんな季節にも 花ひらき
一生のどんな時期にも 匂いたち
あなたが私に
偶然でなかったことを
死ぬまでかかって証明しよう

http://plaza3.dws.ne.jp/~utv08048/index.htm

 

レンタル掲示板
/1