teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 易学風水宗教(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


灯籠に付いて

 投稿者:仏教墓塔研究会  投稿日:2014年 6月 2日(月)10時38分46秒
  燈籠の火袋には太陽と月が有ります。
向かって右の上座に『太陽』で、向かって左の下座に『月』です。
一対と言う事は左右同じである事を指します。
奈良の薬師寺の三尊様が、向かって右の上座が太陽の『日光菩薩』、向かって左の下座に月の『月光菩薩』が並びます。
石材店の言う「神社になってしまう」は、意味不明です。
火袋は、上下を逆転すれば、左右が正常に戻ります簡単作業ですから、申し出て正常に戻すべきです。
左側の灯篭の交換ではなく、火袋の天地を逆にすれば済むだけの事です、10分で済みますし料金も掛かりません、石屋にとっては単純ミスで負担が有りません。
 
 

戒名の刻み方

 投稿者:仏教墓塔研究会  投稿日:2014年 6月 2日(月)10時32分50秒
  墓誌は飽くまでも墓誌であって拝む対象ではありません。
ですから墓誌の前に花立てや線香立てなどが無いのです、単なる記録版です、仏壇で言えば過去帳です。
大切な戒名を墓誌に刻むのではなく墓石本体へ刻んでこそ祀って供養した事と成ります。
50年が過ぎたからと言って戒名を刻まずに『先祖代々』に纏めてはいけません。先祖と言うのは遠祖の事であって近祖は戒名をしっかり刻みます。
仏石に刻んでご本尊様との一体を願う事こそ建墓の意義なのです。
向かって右面の上座に、祖父母そして父母、向かって左面の非相続者面に独身死の叔父二人と叔母を刻み一番左の末席に『水子諸精霊』と刻みます、貴方のおっしゃっておられる通りです。
正面を、◎◎家之墓と言う看板にしてはなりません、手を合わせられるように梵字を刻んで◎◎家先祖代々とすべきです。家宗旨の写経奉納もお忘れなく。
  合掌
 

灯篭について

 投稿者:のじぎく  投稿日:2014年 5月31日(土)16時30分54秒
  私が建てたお墓の灯篭は、一対の右側灯篭は、向って右に『太陽』、向って左に『月』を刻んでいます。
が、
左側灯篭は、向って右に『月』、向って左に『太陽』を刻んでいます。

石材店の人からは、両側共、向って右に『太陽』、向って左に『月』を刻むと、『お墓でなく、神社になってしまいます』と、
言われました。

どうなのでしょうか?

間違えているなら、左側灯篭を交換しないといけませんか?

どうぞ、ご指導お願いします。

合掌

 

戒名の刻み方

 投稿者:悩める主婦  投稿日:2014年 5月31日(土)15時59分51秒
  申し訳ありませんが、お教えください。今のお墓は○○家之墓となっていて祖父母、父母、父の兄(離婚して子供なし)、独身で亡くなった父の兄、妹、水子が納められています。俗名が墓誌に刻んであります(水子は刻まれていません)。父母以外は50年以上経っています。いずれ建て直して仏種子を刻んで○○家先祖代々としたいと思っています。
50年経った先祖は先祖代々として纏めてよいでしょうか?棹石に戒名を刻まなくててもよいでしょうか?それとも棹石の右側面に祖父母、父母の戒名を刻み、左側面に父の兄二人と妹の戒名を刻み二人分あけて一番左に水子諸精霊と刻むのが良いのでしょうか。よろしくご指導ください。
 

五輪塔は最高

 投稿者:仏教墓塔研究会  投稿日:2014年 5月27日(火)08時13分20秒
  真言宗では五輪塔を立てるべきですが、墓地が狭い、予算が無い、等の理由で、建てない代わりに、同じ意味である供養墓の建立を勧めています。
前述の建て方がそうです。
仏種子を刻んで先祖を迎える事こそ五輪塔と同意義なのです。
祖父母からの分家であれば祖父母の戒名から、
貴家の場合は父母からの分家ですから祖父母を刻みません、
祖父母は本家である伯父が刻んで祭祀を勤めます。
 

五輪塔は?

 投稿者:分家2代目  投稿日:2014年 5月27日(火)00時00分9秒
  手取り足取りご指導いただき本当にありがとうございます。

もう1、2点ご質問させてください。
一基の墓石(供養墓)を建てるときは、ご指導いただいた通りになると理解しました。
しかし、ご著書では浄土真宗以外は本来五輪塔など仏塔を建てなくてはならないとも
あります。そう考えると、今回の場合も分家でありますが仏塔を建てるのが正式
ということでよろしいのでしょうか?

また、◎◎家先祖代々と刻んだとき、ご指導では 父母-私たち夫婦-子供夫婦の戒名
を刻むとありますが、ご著書では祖父母-父母-私たち夫婦の順とあります。今回の
我が家の例(分家)ではご指導通りということでよろしいでしょうか。
そうなると、南無大師遍照金剛(真言宗)の場合は、◎◎家先祖代々-父母-私たち夫婦
となるということで問題ないのでしょうか。


本当に、たびたび申し訳ございません。

 

真言宗分家初代墓

 投稿者:仏教墓塔研究会  投稿日:2014年 5月26日(月)07時47分16秒
  お父様からの分家初代であっても、ご先祖を祀らなければなりません。何故ならば、貴方の身体の中をご先祖が流れていて形成しているのですから。つまり、お墓は、先ずご本尊様を祀る、次にご先祖への報恩感謝をする。
だから、墓石正面に先ず貴家の宗旨の仏種子を刻んでご本尊を祀り、次に◎◎家先祖代々としてご先祖を供養するのです。そして亡くなった人を向かって右面の右側から刻んで行きます。6名刻めます。お元気ではありますが、亡くなればお父様、お母様、貴方、貴男の奥様、貴男の子、この嫁と刻んで行きます。
墓石が完成すれば開眼供養式を営み写経奉納を致します。
正面を南無大師遍照金剛とすれば向かって右面に◎◎家先祖代々として、将来続いて4名の方の戒名が刻めます。
水子地蔵は立てる必要が有りません。
地蔵と言うよりも、仏種子(ア字 大日如来)を刻んでいますから。
地蔵よりも格の上の如来を迎えていますから敢えて要らないのです。
向かって左面の一番左に『水子諸精霊』と刻んで下されば良いのです。
 

Re: 寿陵は誰が建てる?

 投稿者:分家2代目  投稿日:2014年 5月25日(日)23時17分29秒
  早速お返事をいただけたこと篤くお礼申し上げます。

私が父母のために寿陵(お墓)を建てることができると知り非常に嬉しく思います。

父母もお墓のことはよくわからなかったし、私たち兄弟を育てるのに精いっぱいで
分家としてのお墓の重要性に気が回らなかったのだと思います。
また今となっては父母も年齢を重ね年金生活であるため、ここは長男の私が感謝とともに、
父母に成り代わってお墓を建てたいと思った次第です。


ご迷惑ついでに大変失礼ながら、3つほど質問させていただきます。

1.我が家は分家ですが、本家筋にはそれぞれお墓があります。今度建てる墓にはご先祖様を
  どのようにお祀りすればよいのでしょうか。仏種子を刻んで◎◎家先祖代々と刻めば、
  ご先祖様を自然にお祀りしたことになるのでしょうか。それとも、何らかの儀式が必要
  となるのでしょうか。

2.上の質問に関係しますが、正面文字ですが今回の場合も南無大師遍照金剛(真言宗)と
  刻んでもよろしいでしょうか?そのうえで、向かって右面に◎◎家先祖代々と刻めば
  先の質問と同じようにご先祖様を自然にお祀りしたことになるのでしょうか。

3.父母には生まれてこなかった子供がいます。私が父母のために水子地蔵を建てることに
  問題はありますか。


ご著書を参考にしていますが、まだまだ勉強不足で申し訳ございません。
先のご回答にあったような寿陵の本来の意味も知りませんでした。
日夜研鑽を積んでゆきたいと思います。
 

寿陵

 投稿者:仏教墓塔研究会  投稿日:2014年 5月25日(日)17時38分53秒
  寿陵の陵とは『御陵(天皇のお墓)』の事です。
天皇は、即位をした時に御陵建設に取り掛かります。
転じて、在家の我々に有っても、生きている時に立てるお墓の事を寿陵と言っていますが全く別なる物です。
両親が初代であれば初代としてお父様が分家初代のお墓を建てるべきですが、
代を子供が移譲したと解釈をして二代目の施主名で立てても構いません。
子供が親のお墓を立てる事は当然ですが、
その意味は、
位牌墓(夫婦墓)の事です。
貴男のお墓を子供が、
子供のお墓を孫が建てていたのでは堪ったものではありません。
貴方が分家のお墓を親に成り代わって立てる、
そのお墓を、子供が、孫が、曾孫が承継して行くのです。
正面文字を〇〇家之墓としないで下さい。
家宗派に則って仏種子を刻んで◎◎家先祖代々として写経奉納を行ってください。
 

寿陵は誰が建てる?

 投稿者:分家2代目  投稿日:2014年 5月24日(土)23時13分45秒
  突然の質問で申し訳ございません。
我が家は分家であり、初代にあたる父母は健在です。
長男である私がお墓(寿陵)を建てようと思っていますが、寿陵について検索すると、
「本人が生前に建てるお墓のこと」とか「子供に負担をかけないため」、または
「節税のため」などと書かれています。

節税はともかくとして、自分のためではなく、主目的が生きている親のために寿陵を建てる
ことはおかしいのでしょうか?
子が両親の墓を建てることが当然と思っていましたが、寿陵の場合、やはり『本人』である
父母が建てなくてはいけないのでしょうか。

よろしくお願いいたします。
 

レンタル掲示板
/97