管理者様へteacup.から重要なお知らせがあります。管理画面よりご確認下さい。


新着順:122/2461 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

21世紀にバロック音楽を書く意味

 投稿者:木曽のあばら屋  投稿日:2016年 3月21日(月)17時29分25秒
  通報
  ガラリオさん、こんにちは。

http://www.h2.dion.ne.jp/~kisohiro/concertisolenni.htm
 ↑
このアルバム、要するに、ヴィヴィヴァルディの原曲に音を増やしたり声部を加えたりして、
よりゴージャス&華やかにしているわけですね。

リンク先のコンチェルトとフーガはラーノのオリジナルなのですね。
バロック音楽にしか聞こえません・・・。
21世紀にあえてこのような音楽を書く意味は? と考えると頭が混乱してきます。
まあ魅力的な音楽ですから、難しいこと言わずに楽しめばいいのか。
"Rondo Veneziano"というイージーリスニングの団体もあることだし。
 ↓

http://www.h2.dion.ne.jp/~kisohiro/rondoveneziano.htm

 
》記事一覧表示

新着順:122/2461 《前のページ | 次のページ》
/2461