管理者様へteacup.から重要なお知らせがあります。管理画面よりご確認下さい。


新着順:95/2461 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

そりゃぁそうですわ……

 投稿者:梨形館主人  投稿日:2016年 9月15日(木)18時22分54秒
  通報
  クラシックを聴き始めたころに、モーツァルトの交響曲をFM放送で聴いたところ
「トイレのスリッパで顎の下を撫でられたような」不快感を感じて、
それ以後、モーツァルトを買うことも聴くこともなく過ごしてきました。
当時のことですから現代楽器の演奏ですね………誰の演奏やねん (^_^;)

長の年月を経てお腹もまるくなり、古楽器オーケストラなら聴けるかもと思って、
先日、ブリュッヘン指揮のモーツァルト箱(11枚組)を購入して聴いてみました。
なるほど交響曲は清々しく聴き終えました。
で……ピアノ協奏曲です……当然ながらフォルテピアノですよね……。

おっしゃる通りの音でした。

平常心を失いました。オケは古楽器、ソロは現代ピアノというわけにいかんのかい、と思いました。
昨晩聴きなおしてみたら、耐性ができたのか平常心で聴けました。
当時の協奏曲というのはこんな感じだったのね……と納得した次第。

『レコード芸術』は、1990年代に買うのを止めました。
メジャーな曲は合評でしたが、マイナーな曲はそうではなかったですね。
輸入CDでマイナー曲ばかり買うようになって、『レコ芸』は読むところがなくなりました。
現在はどうなっているのか知りませんが、なくてもいいような……。
 
》記事一覧表示

新着順:95/2461 《前のページ | 次のページ》
/2461