管理者様へteacup.から重要なお知らせがあります。管理画面よりご確認下さい。


新着順:93/2461 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

生食用牡蠣(生音用楽器)

 投稿者:あひる★ぼんび  投稿日:2016年 9月18日(日)10時49分30秒
  通報
  こんにちは。木曽さま、皆様。
台風が秋をつれてきていますね。

フォルテピアノの音は実物を聴くと違和感がないし、ピリオド楽器の合奏となら溶け合って美しいです。
録音するとチープになるのが残念。その辺はリュートと同じです。

1960年代にデムスが自己のコレクション楽器でHMに録音していた頃は「ハンマーフリューゲル」というドイツ表記でしたね。濁って緩んだ低音、ハープのような中音、ミュートしたチェンバロのような高音・・・バランスの悪さに驚愕する音でした。
ピリオド流行以降「フォルテピアノ」表記が使われ始め、多分楽器の調整技術も上がったのでしょう。デムスの頃とは比べ物にならない豊かな音になりました。それでも聴きなれない方には違和感があるのですね・・・。
ピリオド奏法とか復元楽器・古楽器とかいっても、結局は演奏される時代ごとの流行と感性で音が作られています。研究者や演奏家の理論捏造を感じることすらあります。
結果的には色々な音を聴くことができる良い時代、と解釈して好みの演奏を愛聴するのが良さそうだと思っています。

http://ahirunooto.sblo.jp

 
》記事一覧表示

新着順:93/2461 《前のページ | 次のページ》
/2461