管理者様へteacup.から重要なお知らせがあります。管理画面よりご確認下さい。


新着順:85/2461 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

まもなく花吹雪

 投稿者:梨形館主人  投稿日:2017年 4月14日(金)18時26分33秒
  通報
  新しいアルバムが出ると、前のアルバムからの変化に、期待と不安が入り混じります。
前のアルバムには、聴くたびに悲哀のどん底に落とされる『風鈴の唄うたい』、
祝祭的追想歌(?)『星月夜』、ハイテンション疾走の『華振舞』などインパクトの強い
曲がありましたから(実は、年のせいか町屋さんの『郷愁の空』が好きだったりします……)。

『四季彩』ですが、
曲数が多いと途中で……、ということもなく、飽きさせずに聴かせますなぁ。
前アルバムの “張り切ってる感” が抜けて、余裕を感じました。
月下の妖しさのようなものは薄れましたが、どれも印象に残る曲でした。
『雪よ舞い散れ其方に向けて』のイントロは聴いたその日から口笛で吹いてました。
間奏曲のように納まっている『鳥のように』の清澄さも印象的でした。

You Tube の「東照宮ライブ」見てみました。
これは、いいなぁ……こちらのヴァージョンも買おうかなぁ ← カモ&葱
 
》記事一覧表示

新着順:85/2461 《前のページ | 次のページ》
/2461