新着順:6/2443 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

平成最後にレスピーギ

 投稿者:梨形館主人  投稿日:2019年 4月30日(火)21時35分34秒
  通報
  ジェフリー・サイモン指揮の『シバの女王、ベルキス/変容』を初めて聴いたときは、音の良さにびっくりしました。
『ベルキス』の第1曲、出だしの音量が小さいので少し大きめで聴いていたら、金管が入ってきたところで、あわてて音量を絞ったものでした。
第4曲の終わりの方のティンパニが痛快で、師リムスキー=コルサコフにはない不作法さ(笑)ですね。
全曲盤というのは出ないのだろうか……と、ずっと期待したままです。

その後 Chandos や Marco Polo から、レスピーギのメジャーではない曲が続々出ましたが、
質の高さは伺えるものの、これを超えるものはなかった……(苦笑)

このCD、発売が 1988年で、奇しくも昭和の終わり頃でしたね。



 
》記事一覧表示

新着順:6/2443 《前のページ | 次のページ》
/2443