投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ラヴェル祭り

 投稿者:BWV1000番  投稿日:2015年 7月13日(月)22時30分3秒
  昨日の「きらクラ! ラヴェル祭り」でメールが紹介されていましたね。
私のベスト予想はピアノ協奏曲でしたが、3位で早くも出てしまいました。
木曽のあばら屋さんの予想のボレロは2位。
60曲しかないといっても、なかなか当たるものではないですね。
でも、楽しい放送でした。
 

ライヒ・アレルギー

 投稿者:木曽のあばら屋  投稿日:2015年 7月10日(金)23時27分44秒
  weissさん、こんにちは。

>イライラしているときには余計にイライラが募るような気がします。

私のニョウボがそれでして、とくにスティーヴ・ライヒを聴くと全身にカイカイが出るという面白い体質です。
 

100年後も残っているか?

 投稿者:weiss  投稿日:2015年 7月10日(金)17時32分41秒
  こんにちは。

フィリップ・グラスは私も好きです。いわゆる現代音楽のなかでもミニマルはガムランに通じるところがあるように思いますし、ガムランが長い歴史を持っているようにミニマルも100年後も残っているでしょうね。確かめられませんけど。

ただし、イライラしているときには余計にイライラが募るような気がします。妙に緊張感を高めるモノが多いような気がします、現代音楽。
 

千紫万紅

 投稿者:木曽のあばら屋  投稿日:2015年 6月11日(木)00時14分24秒
  白亜ジュラさん、こんにちは。
高い音楽的能力と和風な美しさを兼ね備えたバンドですね。
メンバー全員が和楽器と日本文化を愛していることが伝わってきます。
このグループ、和楽器の新しい伝統を切り開いてゆくかも。
 

豪華絢爛

 投稿者:白亜ジュラ  投稿日:2015年 6月10日(水)21時52分34秒
  こんにちは。
和楽器バンド、和洋折衷8人それぞれの個性が眩しく反応して
カラフルなサウンドとヴィジュアルがほとばしるんですね。
和楽器がこんなに激しくてカッコいいなんて、
特に箏はおしとやかなイメージだったので驚きです。

http://daylongcat.at.webry.info/

 

セカンド・アルバムが待ち遠しい

 投稿者:木曽のあばら屋  投稿日:2015年 6月 9日(火)23時11分31秒
  白亜ジュラさん、こんにちは。
ホント、和楽器バンドからは目が離せません。
8人全員がそれぞれに個性的なのも魅力です。
セカンド・アルバムがそろそろ出るはずなんですが、まだかなあ・・・。
 

才能の塊

 投稿者:白亜ジュラ  投稿日:2015年 6月 9日(火)22時15分14秒
  こんにちは。
和楽器バンドめちゃくちゃカッコいいです!
リード・ヴォーカルの方詩吟の師範なんですね、すごすぎます。
才能が湯水のようにあふれかえっていてなんて贅沢。
どっぷりはまって溺れてしまいそうです。

http://daylongcat.at.webry.info/

 

聴くと飲みたくなります

 投稿者:木曽のあばら屋  投稿日:2015年 6月 7日(日)08時54分20秒
  ANNAさん、こんにちは。
アン・バートンは「ブルー」と「バラード」と「Sings for Lovers」しか持っていないのですが、深~い声の響きが実にいいですね。
若くして亡くなったことが惜しまれます。
この曲がとくに好き。
   ↓
https://www.youtube.com/watch?v=sj_nMmOTb_E
 

アン・バートン、いいですね

 投稿者:ANNA  投稿日:2015年 6月 6日(土)23時41分41秒
  木曽さん、こんばんは。お久しぶりです。

アン・バートン、私も好きです。
たぶん彼女のアルバムは全部持っているんじゃないかな。
彼女の声、歌い上げない歌い方も好きです。
 

シェル変

 投稿者:木曽のあばら屋  投稿日:2015年 6月 5日(金)23時25分55秒
  珍言亭ムジクスさん、こんにちは。
シェルヘン、面白いですね。
近頃はこういう「なんじゃこりゃー!」な演奏が減りましたね。
もうちょっと演奏家の個性が感じられる演奏が増えるといいのになあ。
 

(無題)

 投稿者:珍言亭ムジクス  投稿日:2015年 6月 5日(金)00時52分17秒
  シェルヘンは好事家向けの録音がいろいろとあり、ベートーヴェンでは8番が最も刺激的ですね。
その他に有名なのはマーラー5番で、第3楽章を大幅にカットして5分にする荒業を行っています。
とにかくやりたい放題のライブなので、ちゃんとブーイングが録音されています。
トンデモではゴロワノフと双璧ではないでしょうか。

http://mozart17561791.blog37.fc2.com/

 

きらクラドン!

 投稿者:木曽のあばら屋  投稿日:2015年 5月25日(月)21時54分1秒
  ヒロノミンVさん、こんにちは。
ありがとうございます。
今回は難問でしたね、正解者はチェロ弾きが多かったような。
次回も大好きな曲です。私も応募します
(2週連続で読まれることは絶対ないですが、参加に意義ありです)。
 

おめでとうございます

 投稿者:ヒロノミンV  投稿日:2015年 5月25日(月)20時33分46秒
   きらクラドン!正解&投稿採用おめでとうございます。いや~私は今回のはわからなかったですね。
 「擦り切れるほど聴きました、いや擦り切れてませんけど・・・」という部分が木曽のあばら屋さんらしいジョークで、PCの前で(日曜日は仕事のため、PCの録音で聴いています)ずっこけました。
 来週のは割と簡単だったので、応募してみようかと思ったりしてます。

http://lazy-hironomin.blog.so-net.ne.jp/

 

ありがとうございます

 投稿者:木曽のあばら屋  投稿日:2015年 5月25日(月)06時37分8秒
  BWV1000番さん、ありがとうございます。
今回の「きらくらドン!」は難問でしたね。
ハイドンのチェロ協奏曲第2番の、しかも第3楽章というのは・・・。
最近は1番のほうが有名になっているように思いますし、
ハイドンは古楽器で演奏されることが多いから、ピッチも違うかもしれません。
「ドン!」にはほぼ毎回応募しているのですが、ようやくステッカーゲットできました。
 

ステッカーおめでとうございます

 投稿者:BWV1000番  投稿日:2015年 5月24日(日)23時23分27秒
編集済
  今日の「きらクラ!」でDON!の正解者としてメールが紹介されていましたね。
今回のは、私にとってはこれまでにない難問でした。
チェロ協奏曲と思って、エルガー、サンサーンス、ハイドン・・・といろいろ聴いたのです。
でもわからない。
どうやら1番と2番があるチェロ協奏曲だとの情報を得て、再度ハイドンを聴いてやっとわかりました。私の聴いたのが速い演奏で、とても同じ曲だと思えなかったのです。
音程も微妙に違う気がするし・・・これは古楽器だから?
何て難しいのを出すんだと思いましたが、やっぱりどこかで聴いた曲なんです。
ステッカー届くのたのしみですね。
 

ヴィスコンティの至芸

 投稿者:木曽のあばら屋  投稿日:2015年 5月14日(木)19時41分37秒
編集済
  Weissさん、こんにちは、ありがとうございます。
サントラ、中古ならあるんですねえ、どうしようかな。
しかしこの映画、本当に「美の極致」を感じます。
もうちょっと行っちゃうと腐敗して変な臭いがしてくる寸前でとどまっている危うさがじつに美味です。
肉は腐る直前が一番美味い、みたいなものでしょうか(なんか違う?)。
 

「ベニスに死す」のサントラ

 投稿者:weiss  投稿日:2015年 5月14日(木)08時49分57秒
  こんにちは~。
輸入盤で、しかも中古ならばあるみたいですね。

http://www.amazon.co.jp/Luchino-Visconti-Presents-Original-Soundtrack-x/dp/B0000014SQ/ref=pd_cp_15_0/375-7914316-8888926

リュートはお値段の点から手が出せず、それから派生した楽器を弾いていました、遠い昔の学生時代。
 

壺中天有

 投稿者:木曽のあばら屋  投稿日:2015年 5月 8日(金)21時48分38秒
  Weissさん、こんにちは(リュート弾かれるのですか?)。
ようこそいらっしゃいませ。
壺中天・・・そうですねえ、好きにやってたらこんな魔窟みたいなサイトになってしまいました。
敷居高いですかねえ・・・反省。
 

ありがとうございました

 投稿者:weiss  投稿日:2015年 5月 8日(金)17時39分8秒
  はじめまして。
「×印」についてのコメント、感謝いたします。

壺中天みたいなところですね、ここ。しばらく通って全体像を掴みたいと思います。私のような物知らずには敷居が高い感じがしますが、お礼参りということで。

http://slweiss.seesaa.net/

 

ジャンドロ~ン!

 投稿者:木曽のあばら屋  投稿日:2015年 5月 4日(月)19時17分22秒
  芳野達司さん、こんにちは。
このサイト、まだ全部は読んでませんが、ジャンドロンの話は見ました。
そうなんです、モーリス・ジャンドロンのバッハ「無伴奏チェロ組曲」は控えめに言ってサイコーです!
正確無比でありながら、うたごころにも溢れる、奇蹟のような名演奏だと思います。
 

/121