スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:842/11287 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Kenさん

 投稿者: Know thyself  投稿日:2018年 4月16日(月)00時40分27秒
  通報
  私も議論をするつもりはありません。ですので返信などの必要はありません。気にしないでください。
ただ、理解のために、どのような主張からの投稿なのかをお訊きしたかったのですが、ゲジゲジさんが答えてくれました。

文章量を気にして詳しく書けなかったので一応。
ブラックホール内部の蓋然性では、検証、というよりも、そもそも存在するのか、といったところに重きを置いています。
仮に、内部が存在するか否かが明確ではなくても、ブラックホール自体が存在しているので、ブラックホール自体を突き詰めれば必然的に検証されると思っています。
技術や能力不足による検証不可能性は疑似科学の要因だとは思っていません。

私は、蓋然性の極めて低い仮説に、肯定的な証拠のない仮説、否定された仮説を平等に置いています。
そのうえで証拠がないにも関わらず正しいと主張することなどが、疑似科学と呼ばれる要因ではないかと。
前回の投稿で挙げた9項目も、反証不可能などに加え、主に主張する陣営側の姿勢を批判したものでした。
とはいえ本来、人の姿勢が科学理論に影響することはないのですが…。ですので、疑似科学という判定が必要だとは、私は思っていません。
私のスタンスはこんなところですかね。

実は、科学の方法論を哲学的に議論するとなれば、非常に科学側の分が悪いんです…。
私がよく使う蓋然性も、主観によって左右されるものですし、
帰納法の有用性を証明する論もなくてですね、帰納法を帰納法で証明するわけにもいきませんし…。
ポパーの反証不可能性がそもそも反証不可能だったりしますし…。
それらが高じて、方法論的虚無主義という立場があるくらいですから…。

本格的に進化論とID論の議論をするときは、興味がありますのでこちらに戻ってきてくださいね。
 
》記事一覧表示

新着順:842/11287 《前のページ | 次のページ》
/11287