投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


サンクスさん

 投稿者:一蘭  投稿日:2018年12月10日(月)21時01分24秒
  >とりあえずさんの言われる中和剤はおそらく炭酸カルシウムを主成分とする岩石と思われます。石灰岩、サンゴ礁などがあります。沖縄の宮古島などは島全体がサンゴ礁の死骸です。

一理ある考えですけれど、海域の浅い部分の全体に対する中和にどの程度寄与したかは考

える必要があるかもしれませんね。

それから淡水域ではどうか、との問題もあるかもしれません。
 

とりあえずさん、

 投稿者:一蘭  投稿日:2018年12月10日(月)21時00分15秒
編集済
  >深海だと思います。海域でも浅ければラルナイトが多少沈んでも中和可能でしょうから。深海性のオウムガイが生き残ったのは中和云々以前に酸性雨の影響そのものが無かったのだと私は思っています。

これは賛成です。

酸性雨と大量絶滅  投稿者:一蘭  投稿日:2018年12月 6日(木)18時30分44秒に書き

ました「資料1に隕石衝突による熱風の影響は海水面付近に限られ、浅海性のアンモナイ

トが絶滅し深海性のオウムガイが生き残ったとの記述から考えると、海に降った酸性雨は

拡散が有ったにしても影響は比較的浅い所に限られたのかも知れません。」との記述に符合

しますね。

>単純に海水の方が比重は重いので酸性雨が深海まで降りてくることがまず無いはずですから。実際に酸性になったのは最大で水深100m位までらしいです。
>ですからもしかしたら、アンモナイトも深海性のものがいたなら6500万年前以降も多少は生き残っていたかも知れません。

なるほど、影響は100m程度ですか。アンモナイトが深海性であったなら、今でも生存したでしょうね。
emeさんが書かれた「オウムガイが滅びなかったのは卵でいる期間が長かったから」との

説との兼ね合いを生物学的にはどのように考えたら宜しいのでしょうか。

>その層は“細粒イジェクタ層”と呼ぶみたいですがイリジウムの他に衝撃変成石英も濃縮するようです。その内の衝撃変成石英が衝突地点の距離に応じてサイズが変わるならイリジウムもありえるかなぁ?ってイメージです。

根拠の有る話ではないのですけれど、衝撃変成石英とイリジウムの粒径の差によるのじゃ

ないでしょうか。衝撃変成石英はある程度の粒径を持ち衝突地点から遠ざかるにつれ細粒になる、

イリジウムは極微で地球全域に広がったのではないかと思います。
 

中和剤

 投稿者:サンクスメール  投稿日:2018年12月10日(月)14時46分59秒
編集済
  一蘭さん
とりあえずさんの言われる中和剤はおそらく炭酸カルシウムを主成分とする岩石と思われます。石灰岩、サンゴ礁などがあります。沖縄の宮古島などは島全体がサンゴ礁の死骸です。
硫黄の酸化された亜硫酸ガスは水に溶けると、亜硫酸となります。かなりの強酸です。これが紫外線等によりさらに酸化されると、硫酸になります。これは強強酸です。これらの酸と炭酸カルシウムは中和反応し炭酸ガスを出します。
この反応により、全ての生物の死は避けられたのでは。
 

一蘭さま

 投稿者:とりあえず  投稿日:2018年12月 9日(日)23時15分40秒
  >深海域とは海域のことでしょうか。それとも深海のことでしょうか。深海性のオウムガイが
>生き残った説明には説得力が今一つと感じます。

深海だと思います。海域でも浅ければラルナイトが多少沈んでも中和可能でしょうから。深海性のオウムガイが生き残ったのは中和云々以前に酸性雨の影響そのものが無かったのだと私は思っています。
単純に海水の方が比重は重いので酸性雨が深海まで降りてくることがまず無いはずですから。実際に酸性になったのは最大で水深100m位までらしいです。
ですからもしかしたら、アンモナイトも深海性のものがいたなら6500万年前以降も多少は生き残っていたかも知れません。


>ジェクタの再突入で形成されたイリジウム濃集層は、衝突地点から距離でイリジウム濃
>度が下がるものなのか疑問が残ります。私はどの地点でもほぼ均一な気がします。

その層は“細粒イジェクタ層”と呼ぶみたいですがイリジウムの他に衝撃変成石英も濃縮するようです。その内の衝撃変成石英が衝突地点の距離に応じてサイズが変わるならイリジウムもありえるかなぁ?ってイメージです。
ただソースも見つからないし、あくまで私の想像ではありますが…
それに仮にそうだとして地表付近の輻射熱と言うのがどう変わるか、私は物理に疎いので正直よくわからんですネ。
 

マルチで失礼します

 投稿者:一蘭  投稿日:2018年12月 9日(日)21時38分14秒
  とりあえずさん、

>中和する物質も衝突の際に生じてる様ですね。
>淡水域ではこの中和物質(ラルナイトとか言うそうです)で被害が押さえられたようですが
>深海域では中和前に沈んでしまうため大きな被害になったとか

なるほど、中和物質ですね。これは頭にありませんでした。

深海域とは海域のことでしょうか。それとも深海のことでしょうか。深海性のオウムガイが

生き残った説明には説得力が今一つと感じます。

>イリジウムは全世界的に濃縮層は確認されていますが、衝突地点から距離が離れるごとに濃度も下がる的なことをどこかで読んだ記憶があります。
>ただその資料が見つからないです。私の記憶違いだろうか?
>衝突変成石英サイズや陸上植物絶滅率、植物プランクトン絶滅率は衝突地点を中心に外に行くほど下がってるみたいです。

イジェクタの再突入で形成されたイリジウム濃集層は、衝突地点から距離でイリジウム濃

度が下がるものなのか疑問が残ります。私はどの地点でもほぼ均一な気がします。

イジェクタの再突入により発生する地表付近の輻射熱が、大量絶滅の原因だとする観点か

らだと、書かれた「衝突地点を中心に外に行くほど下がってる」という事実への説明が必要

になりますね。


emeさん、

横から失礼などと言わずに参加してください。生物学からの絶滅への意見が聞きたいですね。

洪水玄武岩でイリジウム濃度が上がったとの説は知っていますが、今の大勢は隕石衝突説

のようです。特にここ最近は隕石説が有力視されているようです。

>アンモナイトが滅び、オウムガイが滅びなかったのは卵でいる期間が長かったからという説もありましたっけ

これは知らなかったです。勉強になります。
 

デカントラップによってイリジウムが吹きあげられた

 投稿者:eme  投稿日:2018年12月 9日(日)20時03分57秒
  という説も初期にはあったかと記憶しています。
マントルプルームによって深層にある物質が地表に現れたとか、
傍で見てる分には面白かったですけどね、隕石説と火山活動説の綱引き

同位体みたいのがあって、イリジウムの由来が解ると面白いんですが

アンモナイトが滅び、オウムガイが滅びなかったのは卵でいる期間が長かったからという説もありましたっけ
横から失礼


 

イジェクタの再突入、そう言うのもあるんですね。

 投稿者:とりあえず  投稿日:2018年12月 9日(日)19時06分45秒
  さて、イロイロ恐竜絶滅関係の手持ちの本をひっくり返していますが酸性雨の問題はどうも
中和する物質も衝突の際に生じてる様ですね。
淡水域ではこの中和物質(ラルナイトとか言うそうです)で被害が押さえられたようですが
深海域では中和前に沈んでしまうため大きな被害になったとか
そもそも酸性雨問題は炭酸岩塩や硫酸岩塩の多い地域に隕石が落下したことが被害の拡大に繋がったようです。
つまるところ、当たり所が悪かったんだなぁ…。


イリジウムは全世界的に濃縮層は確認されていますが、衝突地点から距離が離れるごとに濃度も下がる的なことをどこかで読んだ記憶があります。
ただその資料が見つからないです。私の記憶違いだろうか?
衝突変成石英サイズや陸上植物絶滅率、植物プランクトン絶滅率は衝突地点を中心に外に行くほど下がってるみたいです。
「決着!恐竜絶滅論争」と言うそのものズバリなタイトルの本に載っていましたよ。
メキシコ半島の裏っ側は隕石衝突でそこまで大きな影響はなかったかも!と、言う場所はデカントラップでつね。
ヒューッ!逃げ場がないぜ。本当に運が悪いとしか言い様がないです。
 

一蘭さん

 投稿者:サンクスメール  投稿日:2018年12月 9日(日)10時40分19秒
  KーT境界層に積ったイリジュウムからの逆算で10キロの小惑星と言う結果もあるのですね。ありがとうございました。  

サンクスさん

 投稿者:一蘭  投稿日:2018年12月 8日(土)16時02分26秒
編集済
  イリジウムですが、この鉱物は非常に重く地球の深部に存在し、地殻には稀な金属です。

従って、地表に分布する堆積岩・火成岩・変成岩等(大陸地殻の構成岩石類)には殆ど含まれません。

具体的には上記に載せたページによると「地殻には平均で 0.000003 ppm (0.0000000003%)」

です。これに対し隕石に含まれるイリジウムは地殻の1万倍あります。イリジウム濃集層

自体は1㎝程の極薄い層です。

サンクスさんのお尋ねの「10キロの小惑星に含まれるイリジウムでは地球全体の地層で

通常の数百ばいの濃度にはとてもならない結果となりました。」これに対する論文は知りま

せん。またネットでもヒットしませんね。

この隕石の問題は新しい分野で、私は専門が火山学ですので知らないだけの可能性もあります。

ただ、上記地殻でのイリジウの濃度と層の厚さ(一様ではない)更に分布域の決め方など難

しい問題もありそうですよ。

追記:サンクスさん失礼しました。ページをよく読んでみると、下記の文章があり10㎞の隕石で良さそうです。

以下の4通りの方法で隕石の大きさを見積っています。
(1) K-T境界層の高濃度のイリジウムが地球全体に降り積もったと仮定し、必要なイリ
(2) ジウムの量と隕石中のイリジウムの濃度から、巨大隕石の大きさを計算する。
 (2) 恐竜が絶滅したような大規模な生命絶滅は1億年に1度の確率で起こったと仮定し
て、同じ確率で地球に衝突する小惑星の大きさを天体物理学者の計算結果を引用して求め
る。
 (3) K-T境界層の粘土は隕石の衝突時に誕生したクレーターから噴出したものだと仮定
し、地球全体のK-T境界層の粘土の量を説明するのに必要なクレーターを大きさを見積も
り、その結果を利用して、そのクレーターの誕生に必要な隕石の大きさを求める。
 (4) 巨大隕石の衝突では、大気中にも大量の塵が放出され、地表に太陽の光が届かなく
なります。地表の生命活動が困難になる程度(数年間、地表に太陽の光が届かなくなる程度)
の塵が生じるのに必要な隕石の大きさを求める。
 これらの計算結果は、いずれも、直径10km程度となり、良く一致することを示して、仮
説の正しさを説いています。
 

輻射熱

 投稿者:サンクスメール  投稿日:2018年12月 8日(土)14時41分9秒
編集済
  一蘭さん
なるほど輻射熱ですか。関東大震災で隅田川に飛び込み亡くなった方達も輻射熱にやられ、熱くなり飛び込まなければならない状態になったそうです。サンクスも10歳ぐらいの頃近所の火事を見に行き、顔が真っ赤になったのを良く覚えています。
一蘭さんは地質学がご専門でしたね。以前投稿しましたが、KーPg境界ですか、この地層のイリジュウム濃度が高いことにより、直径10キロ小惑星の衝突が導き出されました。サンクスは8年前のガンの入院時の抗がん剤で朦朧となった頭で計算したのですが、10キロの小惑星に含まれるイリジュウムでは地球全体の地層で通常の数百ばいの濃度にはとてもならない結果となりました。その時に使ったデータもなく、今はよくわかりません。これに関したような報文はあるのでしょうか。すみません無理なことを。
 

サンクスさん

 投稿者:一蘭  投稿日:2018年12月 8日(土)08時18分47秒
編集済
  サンクスさん、隕石衝突で260度に達する高温の熱風が全地球的に覆ったのか、との疑問

がありましたが、その事に関し「大量絶滅の引き金になった食物連鎖の崩壊」と言う論文を

見つけました。

その中に下記の部分が有りました。

*************************************引用1
イジェクタの再突入により発生する地表付近の輻射熱(遠赤外線の熱線によって直接伝わ
る熱)(5 ~ 15 kW/m2)は、森林火災を引き起こすほど(12.5 ~ 29.3 kW/m2)にはなら
なかったことがわかってきた(Goldin and Melosh 2009)。それでも、この輻射熱は地表面
温度にして最大で260℃に相当し、しかもその影響は数時間続く(Goldin andMelosh 2009)。
全球的な森林火災を起こさないまでも、輻射熱の影響で陸上動植物は、栄養体の再生が不可
能なほどの大きなダメージを受けた可能性がある(Robertsonet al. 2004;Goldin and Melosh
2009)。
****************************************

イジェクタその物についてのURLを見つける事が出来ませんでしたので、ウィキペディア

からですが、天体衝突の中にイジェクタの説明が記されていますので参考に載せます。

*************************************引用2
大規模なクレーターができるほどの天体衝突が起きた場合、衝突天体から供給された物質
と、衝撃でターゲット天体から飛散した物質とが舞い上がる。これをイジェクタ(英語版)
(衝突放出物)という[1]。このイジェクタが降り積もることで、クレーター周辺にはイジ
ェクタブランケットと呼ばれる特徴的な堆積地形を形成することがある。ターゲット天体
に大気がある場合は、細かいイジェクタ粒子が大気に滞留して全球的に拡がることもあり、
この場合、ターゲット天体の地表の広い範囲にイジェクタ粒子を含む新たな地層が形成さ
れる。こうしてできた地層を、イジェクタ層と呼ぶ。この地層には、衝撃変成作用(英語版)
を受けた鉱物が含まれていたり、イリジウム異常(英語版)が観察されたりすることがある
[2
****************************************

引用1と2を考え合わせると、隕石衝突で発生した熱風が全地球を覆ったと言うことでは

なく、隕石衝突で舞い上がったイジェクタの再突入により地表付近が260°に達す

る輻射熱が全地球を覆ったと言う事らしいですね。その高温の影響は引用1では数時間となっています。

全地球を覆ったと言う証拠は、イリジュウム農集層の全地球的な分布ですね。これだと可能性は有りそうです。

前回と今回の投稿から次のシナリオが考えられます。


10㎞に達する隕石が地球のユカタン半島に激突した。その衝撃で生物が即死する熱風が落下地点から1000㎞

の地点まで一瞬に到達し、あらゆる生物を滅ぼした。それと同時に、イジェクタが生じイジェクタの再突入による

輻射熱で、全地球的に大型であり身を隠す場所の無かった恐竜は絶滅し、小型で身を隠す場所があった脊椎動物や鳥類が逃げ切り生き残った。

というのはどうでしょう。
 

酸性雨と大量絶滅

 投稿者:一蘭  投稿日:2018年12月 6日(木)18時30分44秒
編集済
  とりあえずさんの書かれた論点について記してみます。

前回K-Pg境界の大量絶滅を記すに当たり、基となった論文は下記の通りです。

1.白亜紀末の大量絶滅事変における動物群の絶滅の選択性

この論文では、大量絶滅の原因を隕石衝突に置いています。

火山活動には触れていませんでした。

ただ、デカントラップ(デカン洪水玄武岩)の活動時期がK-Pg境界に近く、大量絶滅の大

きな要因になったことを書いた論文にもあるし無視出来ないと思います。

余談ですけれど、大量絶滅を引き起こすような隕石衝突は一億年に一度とか五から十億年

に一度等諸説あります。仮に一億年に一度起こるとすれば、ビックファイブの絶滅は隕石衝

突を考慮しなければならないし、五から十億年に一度だとK-Pg境界のイベントは特殊だと言えます。

さて、酸性雨の問題ですがその影響や海水と淡水での影響の違いが有るかについては、下記の

2つの資料が参考になると思います。

2.白亜紀末の生物大量絶滅は、隕石による酸性雨と海洋酸性化が原因

3.生態系への影響

資料2は隕石衝突による海水域での酸性雨の影響が記されています。

資料3は隕石衝突による酸性雨の影響に直接関連してる訳ではないのですが、淡水での現

代における酸性雨の生物に与える影響が記されており、現代の酸性雨とは比較にならない隕石衝突によって起こる

強烈な酸性雨の影響を考える上で参考になると思います。

隕石が衝突したと考えられているユカタン半島の地質は、硫黄を含んだ岩石が広く分布し、

隕石衝突によって硫黄分が蒸発して、地球全体の海域及び淡水域に酸性雨が大量の降り注

いだと考えられています。

海域では、資料2に記されているように「海洋酸性化に敏感な石灰質ナノプランクトンの

死滅による食物連鎖を引き起こした」と考えられ、大量絶滅を引き起こしたと言えそうです。

淡水域では、現代の酸性雨によってでさえ資料3には「pH6.8だった湖

水が次第に酸性化してpH5台に下がってくると、最初にエビとミノウ(コイ科の小魚)が

急速に姿を消していった。 pH5.9 では 1年内以内に、約 700万個体いたアミ(節足動物

のプランクトン)がまったくいなくなった。」あるいは「実験の最後の年になってpH4.5以

下になると、魚類のマス、ホワイトサッカー、 ミノウ、デース、カジカなど、湖の主要な

魚種はまったく存在しなくなった。 水中の生態系が一挙に崩壊したのだ。」と記されており

酸性雨は大量絶滅を引き起こすと言えそうです。資料1に隕石衝突による熱風の影響は海水面

付近に限られ、浅海性のアンモナイトが絶滅し深海性のオウムガイが生き残ったとの記述から

考えると、海に降った酸性雨は拡散が有ったにしても影響は比較的浅い所に限られたのかも知れません。

ただし、淡水域では水深が海に 比べると浅い為、前記したように影響は湖等の淡水の全体に及んだと考えられます。

このように、淡水域・海水域に関わらず食物連鎖の最下位であるプランクトンの死滅で、上 位の

生物が大量絶滅したと考えられています。

ゲジゲジさんの記された論点については、多くの部分が門外漢ですが時間を頂いて記せる

所まで書きたいと思います。今回の私の投稿の一部はゲジゲジさんが記された論点の回答に

なっているかと思います。

尚、生物に詳しい方がゲジゲジさんの記された生物に関する論点について書いて頂ければ助かります。

http://

 

ソレト

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年12月 6日(木)14時47分35秒
  読んでるよね(笑)  

でも

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年12月 6日(木)13時55分43秒
  マアこの人はものの見方がワリとマトモですね。

セメテ他の人もこれクライの「分別」があればハナシはここまで縺れないんだけどネ笑
 

ナニ言ってるの??笑

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年12月 6日(木)10時18分33秒
  >とりあえず様の彼に対する対応は、全く頭の下がる思いです

このシツコイデタラメのどこにドー頭がサガルの???
参戦するかい???www

言葉には気を付けましょう笑


>コピペするか否か?
この「論点」は、「デキナイ」で決着してるよwww
 

取り敢えずとりあえず様と大量絶滅と

 投稿者:ゲジゲジ  投稿日:2018年12月 6日(木)07時33分41秒
  なんか、スレッドのタイトルがアレですが・・・


 >彼を見捨てるようで心苦しくはありますが他の方への迷惑を考えるとそれが一番かと思います。
 >ご迷惑おかけしました。

私はとりあえず様に対しては「無視」を勧めてはおりません。
ただサンクスさまと一蘭さまの投稿は、彼と「罵倒合戦」になっているように感じられたので、しかもお2人ご自身がかつて皆様に「無視」を勧めていらっしゃったので、出過ぎた事かとも思いましたが「苦言」のようなコメントをさせて頂きました。

とりあえず様の彼に対する対応は、全く頭の下がる思いです。

ただ論点がどんどんあらぬ方向に進んでいて、直近の論点は「とりあえず様がコピペするか否か?」でしたっけ?
この論点に決着がついたとして(このまま続けても決着がつくとは到底思えず、むしろ更にあらぬ方向に論点が拡散しそうですが)、1つ戻った論点が「とりあえず様は“ 1/6 = 1 ”と主張したか否か?」ですよね。

いったい、そもそも何の議論をしていて、何がそもそもの論点だったのか分からなくなりそう・・・
無責任に見ているだけのギャラリーとしては、ここまで来るとまるでコントの様で面白かったです。

あと個人的にはダーウィンの子犬さまのようなウィットに富んだ「突っ込み」は歓迎です。
私もああいったコメントができれば良いのですが、残念ながらセンスがないので・・・



さてさて、
 >5大絶滅の中でもK/Pg 境界事変以外は私にはあまり情報が無いです。今後、その辺りの情報も知れたらと期待しています。

5大絶滅(ビッグファイブ)については以前にちょっと紹介させて頂きました。
一蘭様、サンクス様 投稿者:ゲジゲジ 投稿日:2018年 3月 8日(木)07時38分58秒

1.オルドビス紀
 そもそも生物相は浅海域に限られていたので、海退によって多くが絶滅した。
2.デボン紀
 特に低緯度地域の海の生物が深刻なダメージを受けたらしい。
3.ペルム紀
 大量絶滅でも最大。パンゲア超大陸形成に伴うスーパープルーム現象が大きな要因らしい。
4.三畳紀
 パンゲア超大陸の分裂に伴う火山活動などが原因らしい。
5.白亜紀
 隕石衝突

尚、ビッグファイブとは別ですがリンク先の最期に、マンモスの絶滅は温暖化によるイネ科植物の減少と書きましたが、後でShinok30さまより間違いであると指摘を頂きました。但し温暖化は間違っていなかったようです。
マンモスの食性 投稿者:shinok30 投稿日:2018年 8月29日(水)14時32分48秒



さてさてさて、そしてK/Pg境界です。
取り敢えず論点になりそうなポイントだけ・・・

1.生き残ったものはどの程度のダメージを受けたのか?
生き残ったものが「無傷」もしくは「軽傷」だったなら、絶滅したものと「生死」を分けた決定的な違いがあったはずです。
でも生き残ったものも「瀕死の重傷」を負ったものの辛うじて生き延びたのであれば、「生死」を分けたのはちょっとした「運」に過ぎなかったとも言えます。

もう10年以上前に読んだ情報だと、確かカメ類はほとんど影響を受けていなかったとか・・・
あと植物は、白亜紀末には被子植物が優勢で、現在とそれほど変わらない植物相になっていたようです。

また、哺乳類や鳥類もあまり影響を受けなかったという説もあったような・・・
根拠は現生の哺乳類や鳥類の遺伝子を調べたところ、白亜紀末には現在の目レベルにまで分岐していたとか。
つまり、哺乳類も鳥類も20前後の目がありますから、それだけの系統が生き残ったという事になります。
ただ、その後に否定されたような説もどこかで読んだような記憶があります。


2.恐竜は隕石衝突以前に「衰退」していたのか?
隕石衝突説が出された以降にも、何度も出たり消えたりしている説だったと思います。
恐竜は既に「衰退」傾向にあったので、隕石は「とどめ」を刺したに過ぎないというものですね。
根拠は、白亜紀末には恐竜の多様性が失われていたとか。
実際のところどうなんでしょうね?
また、生き残った哺乳類や鳥類、あるいは恐竜と共に滅びた古代型鳥類(エナンテオルニス類)ではどうだったのでしょう?


上記の辺りが論点になるのかな?と思っております。
 

大量絶滅

 投稿者:とりあえず  投稿日:2018年12月 5日(水)21時42分47秒
  5大絶滅の中でもK/Pg 境界事変以外は私にはあまり情報が無いです。今後、その辺りの情報も知れたらと期待しています。

K/Pg 境界事変の引き金が隕石衝突ってのはまず間違いない決定事項だと思います。興味があるのは、そこから具体的にどう環境に影響を与えたのか?ですね。
自分は何となくその後の巻き上げられた粉塵による所謂“衝突の冬”とそれによる光合成の停止による食物連鎖の破壊と言うざっくりとしたイメージしか持っていませんでした。
酸性雨の影響とか結構重要そうですが今までそこまでのイメージは持っていなかったです。
酸性雨は海水と淡水では影響が異なるんでしょうかね?それとも環境ではなく海水域と淡水域での生物的特徴の差の影響でしょうか?淡水の方が酸性に強いとかあるんでしょうかね?
この辺りが今持ってる疑問です。
 

とりあえずさん

 投稿者:一蘭  投稿日:2018年12月 5日(水)17時20分58秒
  ゲジゲジさんも時間ができたら参加してくれると思いますので始めましょうか。

今回の大量絶滅はK/Pg 境界に限って書きましたが、K/Pg 境界がひと段落しましたら他

の大量絶滅についても議論がやれたらなと思います。

先ずは、私の投稿をたたき台としてお願いしたいと思いますのでお読みください。

その上で何か議題を挙げて頂ければ助かります。
 

マタ

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年12月 5日(水)13時57分52秒
  オマエずるいね。

オマエに誰も言ってないダロガ???
言われた二人が誰なのか、それスラ読めないか笑


コピペで示せないのはオマエが嘘を吐いている自己証明。
それ以外にナインだよwww
 

了解いたしました。

 投稿者:とりあえず  投稿日:2018年12月 5日(水)13時50分15秒
編集済
  彼を見捨てるようで心苦しくはありますが他の方への迷惑を考えるとそれが一番かと思います。
ご迷惑おかけしました。

さて、話は変わりますが大量絶滅に関しては私も興味津々の話題ですので参加させてもらいたいです。
よろしくお願いします。
 

ゲジゲジさん

 投稿者:一蘭  投稿日:2018年12月 4日(火)05時22分15秒
  確かに無視しましょう、と言ってますね。

分かりましたそうしましょう。

ところで、大量絶滅についての議論はお手柔らに。

いつも感心するのですが、ゲジゲジさんの検索能力が凄いですね。
 

正気

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年12月 3日(月)23時16分18秒
  を保てないのはサラにそれ以前のモンダイwww  

AとかB

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年12月 3日(月)23時10分5秒
  とかは何しろ理解のレベルが殆どゼロに近いんで、それが頻繁に出て来るようだと必然的にスレのレベルがガクンと下がる。

それがまたトンデモナイCに追随してたりするんでもうグチャグチャ。
でまたそれがグチャグチャである事がマッタク認識出来ないんでこのアリサマ笑www
 

ゲジゲジさん

 投稿者:サンクスメール  投稿日:2018年12月 3日(月)22時43分13秒
  はい。  

ちょっと目に余ると言いますか・・・

 投稿者:ゲジゲジ  投稿日:2018年12月 3日(月)22時03分32秒
  サンクスさま
 >提案 投稿者:サンクス 投稿日:2018年12月 3日(月)21時22分12秒
 >皆さん神タレさんの投稿にはいっさい答えない。無視を提案します。

いや、既にこの時点で同じ事を仰っていますよね。
 >もうやめたら 投稿者:サンクス 投稿日:2018年11月 5日(月)17時46分44秒
 >もうこの殆ど無意味に近い議論はやめるのをお勧めしたいのですが。無視です。無視。


一蘭さま
一蘭さまも、この様に仰っていますよね。
 >僭越ながら 投稿者:一蘭 投稿日:2018年11月10日(土)17時19分4秒
 >真摯に対応されている方々にとっては余計なお世話かも知れませんが、対応するか無視するかを
 >ちょっと引いて考えられたら、と思います。


お2人とも、お気持ちは分からないでもないですが、結局ご自身が「無視」を徹底できなくなっているのではないですか?
ご自身で「無視」と宣言されたのですから、それを貫きましょうよ。
(例えば私のように・・・)
それだけでもずい分「静か」になると思いますよ。

勿論、私もこんな事を言っても通じないと思う相手には言いません。
ひたすら無視を決め込みます。
お2人は通じる相手だと思うからこそ、敢えてお伝えしています。




ところで一蘭さまから提示されている「大量絶滅」に関する議論ですが、リンク先も読み込んだ上で色々とコメントしたいと思っています。
ただちょっと、じっくり対応する時間がなくて・・・
年末のバタバタが落ち着いた頃に書き込めるかもしれません。
その時は宜しくお願いします。
 

提案

 投稿者:サンクスメール  投稿日:2018年12月 3日(月)21時22分12秒
  問いかけても答えない。罵倒、侮辱の連発。
皆さん神タレさんの投稿にはいっさい答えない。無視を提案します。
よろしくお願いします。
 

おいおいおっさん

 投稿者:一蘭  投稿日:2018年12月 3日(月)20時09分25秒
  いつまで待たせるつもりだ。既に集めてから「過去ログ最初からコピペで拾ってやろか???」と言ったのじゃないのか。

じれったいな。早く過去ログを載せろ、どした。

おまえは大口を叩いたのだからな。時間が掛かるなら、先ず一つ載せろ。

                             ラーメン
 

おっさん

 投稿者:一蘭  投稿日:2018年12月 3日(月)18時32分0秒
  >オマエ  投稿者:神って誰  投稿日:2018年12月 3日(月)18時10分38秒
>のような「キチガイ」が乱入するからサラに荒れるんダヨ

よく言えるわ。

普通の感覚の持ち主なら、荒らしの自覚はありそうなものだが。

荒れてるのを人のせいにする、この恥知らずは。
 

おっさん

 投稿者:一蘭  投稿日:2018年12月 3日(月)18時16分0秒
  >過去ログ最初からコピペで拾ってやろーか???

やってくれ。

しっかしなんだな、人として最低だな。
 

オマエ

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年12月 3日(月)18時12分35秒
  の「ミゴト」な過去ログ最初からコピペで拾ってやろーか???  

/423