投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
  2. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


さてさて…

 投稿者:Know thyself  投稿日:2018年 6月30日(土)04時43分33秒
  これはどうなのでしょうか。
そろそろ書き込み禁止にしてもらってもいいのではないでしょうか。

01時58分43秒から03時35分5秒までの短時間における14件もの一連の投稿を見ますと、書き込み禁止も本人の為なのではないかと思います。
間違ったことを指摘されるという当たり前のことにも、多大なストレスを感じているようですし。

私としましても、もともとこの掲示板に来た理由は自身の勉学の為であって、そのために質問をしたり、常連さんたちの意見を訊きたい、といった思いがあります。
けれど、神誰さんが荒らしていましたので、まぁいなくなるまで(めんどくさいので)質問はしないでおこう、となっていました。

(面白いと言えば面白いですし…)もう一月程度様子を見てから、書き込み禁止の相談をしようかとも思っていたんですが、本日の書き込みを見る限り…もういいかな…と。

みなさんはどう思われますか?
 

ツイデニ

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年 6月30日(土)03時35分5秒
  自然選択のストーリー

最初羽毛を持っているテイドで飛べなかった小さな恐竜たちは、膨大な突然変異の中からタマタマ生まれた極めて巧妙な飛翔のシステムを都合よく備えた種が生存にタイヘン有利という理由で選ばれ(その以外の膨大な突然変異種はスグニシカバネトナッタ)、その少数者はやがて生存に有利と言う理由で多数者になった。この鳥への進化は気の遠くなるような突然変異の工程とナリソコネタ膨大な失敗作(成功作を数で遥かに凌駕する)の犠牲の上にナリタッテイル
その膨大な失敗作の化石はきっとどこかに埋もれている

マサカネwww
 

ヤッパリ

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年 6月30日(土)03時00分5秒
  ダレカトチガッテ出鱈目カイテルと気持ち悪くなるwww

法則は確率そのもの
確率以外の要素は無い
一人は生物学をあまり知らない数学者が導き出した
全てが確立論で成立している世界
ツマリ理論的な予想値だ

因みに同一人種内の血液型の比率は一定に保たれている=コレガ現実
(ツマリ実在する集団では常に変化する、というのは嘘)


自己組織化と自然選択、チガイッテアルノ???
ってかwww
 

ジコソシキカ

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年 6月30日(土)02時40分16秒
  のイミシッテマス?

ジコソシキカトシゼントウタ、イミワカリマス??

マッタクオナジナンデスヨ

ダカラジコソシキカってイウンデス

本10さつくらいよんでクダサイナ


ダカライミガアルノ

 

モーイチド

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年 6月30日(土)02時28分42秒
  ベンキョーシナオシテクダサイナWWW  

ヒンドハ

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年 6月30日(土)02時21分27秒
  確率と頻度の積数なんですってば!

だからムゲンダイなんですよ!

マダワカリマセン???
 

ホントニ

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年 6月30日(土)02時14分51秒
編集済
  大丈夫ですか?


サイショカラオシエマショーカ???WWW
 

ダカラ

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年 6月30日(土)02時13分5秒
  イミガアルンデスヨ

カクリツゼロはムゲンダイノコトナンデス
ワカリマセン???
 

ぜひモーイチド

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年 6月30日(土)02時09分35秒
  ワカルマデカンガエてみてクダサイナWWW  

ジブンデイッタコト

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年 6月30日(土)02時06分55秒
  忘れたの  

オマエガ

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年 6月30日(土)02時04分57秒
  イッタンダロ???  

オマエガ

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年 6月30日(土)02時03分41秒
  ウソツキナノハミンナシッテルノwwwww  

ダレガイッタwww

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年 6月30日(土)02時01分48秒
  >自己組織化も介在者なんざ全く必要としていませんよ。

ナンダ?ジコソシキカって???
 

ゼンブ

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年 6月30日(土)01時59分45秒
  デタラメ

 

オマエ

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年 6月30日(土)01時58分43秒
  アイテニサレルトオモッテルの???

スベテ「デタラメ」「ウソダラケ」wwwww


オマエのウソは誰でもワカル
ワカラナイと持ってるのはオマエダケ


キチガイノアイテハシナイ


>大丈夫ですか?
wwwww

ジャナイネ笑

分かりましたか?
wwwww



 

本当に止まらないね

 投稿者:とりあえず  投稿日:2018年 6月29日(金)23時54分25秒
  >デ、遺伝子頻度の出し方は???

比率ですからその遺伝子数の全体の割合で求められます。確率は用いませんよ。
次世代の頻度を求める際は配偶子同志の挙動から確率を用いる体を示します。
ただ何度も言うように有限な集団だと厳密にはこの式は成り立ちません。
無限大の集団と仮定することで確率p^2を単なる比率である遺伝子頻度と同様に扱える訳です。


>大きさが無限大の集団が実在するンダナWWW


え?大丈夫ですか?

実在する訳ないじゃない。

だから意味があるの。

ありえない仮定の上で初めて遺伝子頻度が世代を超えても変化しないことが成り立つことを示しています。
翻って、このことから遺伝子頻度が変化しない、つまり“進化しない生物集団は存在しない”と言う結論が導き出される訳です。

嫌がられる言い方のようですが

分かりましたか?

もう、これってモノ凄く今更過ぎるのですが…
本当にハーディ・ワインベルグの法則の意味を理解しておられなかったのですね。
本当に仮定の意味も含めハーディ・ワインベルグの法則の意味をちゃんと考えてください。

>十分な大きさの意味が分からナイ???

どれほど大きな集団だろうと個体数が有限であるなら、AAの産まれる確率と次世代AA遺伝子頻度は必ずしも一致しません。
サイコロをどれだけ振っても1~6の数字が必ず全く同じ割合で出る訳ではないのと同じ理屈です。
全く同じ割合と言えるのは無限回振った場合のみです。


この言い方が気に食わないのは充分伝わって来てはおりますが、あえて今一度使わさせてもらいます。

法則の意味合いをもう一度ちゃんと考えてみてください。


あと横からで失礼しますが
自己組織化も介在者なんざ全く必要としていませんよ。
 

オマエ

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年 6月29日(金)23時08分23秒
  ハズカシイヨwww

ナンデ
>アタマカラッポでヘイキで出てくる
???
 

ふーん

 投稿者:ダーウィンの子犬  投稿日:2018年 6月29日(金)22時36分42秒
  >へたれで幼稚なエロ爺。

は,否定しないんだ。いや,さすがに否定できないのかな。
 いやいや,そんなことはないよね。無知無知で無恥無知だから何を言われているか
理解できないだけなんだよね。かわいそうに。
 

カズスクナイ

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年 6月29日(金)18時46分39秒
  って書いたけど、今出てきてる中ではホトンドユイイツダネwww  

バズーカちゃん

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年 6月29日(金)18時42分27秒
編集済
  は数少ないマトモな考えの持ち主

アタマカラッポでヘイキで出てくるオマエとはエライチガイwww
 

"バズーカちゃん・・・"だって

 投稿者:ダーウィンの子犬  投稿日:2018年 6月29日(金)16時18分42秒
  気持ち悪いんだよ,へたれで幼稚なエロ爺。  

もしも作り手がいたならば

 投稿者:diamonds8888x  投稿日:2018年 6月29日(金)05時06分30秒
  >そういう秩序だとか規則性みたいなものがあるものは、勝手に出来上がるのではなくって、作り手が
存在しているのではないか、と思えてしまうけど・・。

 では、作り手が存在していると仮定して、

Q1.「作り手」は人間程度以上に複雑な存在でしょうか? それとも単純な存在でしょうか?
Q2.複雑だったとしたら、「作り手」はどうやって出来上がったのでしょうか?
Q3.もし「作り手」は出来上がったのではなく、例えば最初から存在していた、と考えるならば、
 この宇宙の「秩序だとか規則性みたいなもの」だって最初から存在していた、とは考えないのですか?
Q3.もしも「作り手」が単純な存在だとしたら・・・
 

ナルホド

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年 6月29日(金)01時38分14秒
  >「デザイナーを肯定したい人が、自然選択による進化を必死で否定して、
 自己組織化なら受け入れるという思考回路、私には理解できません。」

ソーイウコトが書かれてたワケネ
自己組織化が成立するタメには前提条件、ツマリ何らかの条件付けが必要。
それに対して自然選択は、「全くの自然任せ」で何らの前提となる条件付け(自然による以外の)を必要としない。
ツマリ介在者を必要としない。
カイタヒトはこの違いが理解出来てない訳だね。


>これは私が思ってるだけで、神って誰さんが同じ考えだとは言ってないですからね

イヤ、バズーカちゃんの考え方と大体オナジだよw
 

バカガ

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年 6月29日(金)01時25分7秒
  トマラナイネWWW


>等しくなる

デ、遺伝子頻度の出し方は???


>誤差が無いとしないとこの式の意味がありません

大きさが無限大の集団が実在するンダナWWW


>分母を∞にしたらどうなるか?

ドコデ分母を∞にナルノWWW


>集団の大きさが無限大

十分な大きさの意味が分からナイ???


>実在する生物集団だと確率を用いるしかないですね

はぁ~???
オマエ、カクリツジャナイッテイイツヅケテルダローガ


>偶然性による変動を排除する考え

オマエ、出鱈目言っててジブンデ気持ち悪くならないカ???


>分かりましたか?

ナニヒトツワカラナイオマエガダレニキイテルWWW


>ハーディ・ワインベルグの法則はそう言う感じのことなんですよ

オマエのイッテルノハそのまま「カクリツ」のハナシWWW


オマエさ、
>一度考えてみましょう
>思い出して下さい
>分かりましたか
>そう言う感じのことなんですよ

デタラメ書いた後にコンナノヲ付ければ、ナントカなる、ゴマカセルとデモ思ってるようだが、誰にタイシテイッテルノ???


マーお前のデタラメはヒドスギテ相手にするだけムダ

ナニカ「シツモン」すればスベテ出鱈目がカエッテクルWWW

イッテルコトが全部ウソとゴマカシとデタラメ


>分かりましたか?
WWW







 

さて、暴言が加速してきましたね

 投稿者:とりあえず  投稿日:2018年 6月29日(金)01時01分4秒
  もうご自身で気がついてるんじゃないかにゃ~
そんな気がする。


>バカカ
>>次世代の遺伝子型AAの遺伝子“頻度”
>のミチビキカタのハナシダローガ
>その為に確率をモチイテルンダヨ

はい。導き方の話ですが
もう一度、言いますよ。
任意交配で遺伝子型AAになる“確率”と次世代の遺伝子型AAの遺伝子“頻度”が等しくなることを示している訳ですが、その為には個体数が無限大である必要があります。
そうすることで初めて配偶子が選ばれる確率が遺伝子頻度と等しくなるからです。

>「十分に大きい」が、誤差をムシデキルテイドの、ノゼンテイ
>ナンドモオシエテヤッタロ

無視できる誤差ではだめなのです。誤差が無いとしないとこの式の意味がありません。
変化しない、等しくなることを示す式ですよ?
わずかでも変わる可能性を残せばこの式の意味が全く失われます。どのように利用しているかもう一度考えてみましょう。


>>集団規模が無限大だと偶然性を持つ事柄に対する期待される割合、すなわち確率は無意味になるのがわかりました?
>
>ワカルワケナイダロ
>‘確率がムイミ’のイミヲセツメイシロ
>モーメチャクチャ

ごくごく基本的な考え方ですが説明しますね。1/2より1/4は小さいですね?
1/4より1/10が、1/10より1/100の方が…分母が大きくなるほどどんどこ小さくなります。
で、分母を∞にしたらどうなるか?はい。0となります。
確率0です。偶然性による揺らぎが無くなります。

そもそもハーディ・ワインベルグの法則は式が成り立つために
1・集団の大きさが無限大(遺伝的浮動が働かない)
2・全ての遺伝子型の生存率と繁殖率が等しい(自然選択が働かない)
3・個体の移動による流入、流出が無い(遺伝子流動が無い)
4・突然変異が起こらない
と言う4つの仮定の上でのものと言うのを思い出して下さい。


>オマエ、これが確立によって導かれてるのが「まだ」ワカラナンダネ
>スクイヨーガナイヨ

実在する生物集団だと確率を用いるしかないですね。その偶然性を排除する目的で導かれてる式ってことです。
次世代の遺伝子頻度と等しくなることを述べたいのに確率の問題になったら言えませんからね。

>「「遺伝子型がAAとなるのは、遺伝子プールから集めた2個の対立遺伝子が両方ともAだった場合で、そうなる’確率’はp×p=p2 になる」
>
>カクリツってかいてあるが、ミマチガイカWWW

美間違いじゃないですよぉ。そこから偶然性による変動を排除する考えと言うことです。
集団の規模が無限大なら確率を頻度に置き換えて考えて問題が無くなるな!ってことです。

分かりましたか?

遺伝子頻度はサイコロで例えればそれぞれの数字が1/6になりますね?
確率となると有限数振っても1/6に近くてもぴったり1/6にはなりません。
回数を増やせば1/6に限りなく近くなっても1/6にはなりません。
頻度と確率を等しいものとして扱うために無限回振ると言うありえない仮定を持ちだしている。
ハーディ・ワインベルグの法則はそう言う感じのことなんですよ。




 

ミケさん オマケについて

 投稿者:バズーカ  投稿日:2018年 6月28日(木)19時23分44秒
編集済
  オマケ1
「眉唾の理由」を、教えてくれてありがとうございました。
犬の種類がこんなにも多くなれたのは、犬の遺伝子が変化しやすかったから
なんだーって思ったのに・・勘違いなのかー・・(><)

私が読んだのは他にも2つあって、今探しても全然見つからないんだけど、
その2つも、勘違いして書かれたものかもしれないんですね・・。

オマケ2
確かにミケさんが教えてくれた、かわいい絵つきの手品は、
ペンが落ちることなく(別に計算することもなく)両手の人差し指が
合わさりました。

「生物の場合は自然選択だったり自己組織化だったりです」

え。なんで。どんな風。 あの赤ちゃんの身体の構造を、どんな風に自然選択で
説明するの・・?

「自己組織化」について

私は、カウフマンの著書をもちろん読んだことないし、私自身自己組織化ま
でまだ考えが行き着いてないので、神って誰さんからもう少しお話を訊きた
いな・・って思うけど・・。

「デザイナーを肯定したい人が、自然選択による進化を必死で否定して、
 自己組織化なら受け入れるという思考回路、私には理解できません。」

そうかなぁ・・。自然選択はちょっと置いといて・・なんか、宇宙にしても・・
生物にしても・・すべて秩序が保たれるような感じにできていて、そういう秩序だとか
規則性みたいなものがあるものは、勝手に出来上がるのではなくって、作り手が
存在しているのではないか、と思えてしまうけど・・。
って これは私が思ってるだけで、神って誰さんが同じ考えだとは言ってないですからね?

前にGBさんに訊いたことあるんですけど・・・ミケさんにも訊いてもいいですか??
どうしてミケさんは進化論を信じられたの?


いやww待ってミケさんww
ドラえもんて・・・ドラえもんロボットだからーっ
 

ゴマカシテ

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年 6月28日(木)01時32分13秒
  カイテルノカと思ったが、ドーヤラアタマのナカミがホントニグチャグチャラシイWWW  

ツマリ

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年 6月28日(木)01時29分5秒
  オマエハそれイガイニナニヒトツリカイシテナイWWW  

デタラメ

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年 6月28日(木)01時17分32秒
  でもナンデモテキトーにもっともらしくカイテレバ何かシュチョウシテルヨウニミエル

ってことがオマエガユイイツ理解してることカWWW
 

オマエ

 投稿者:神って誰  投稿日:2018年 6月28日(木)01時12分0秒
  マタ気が狂ったようにサラニメチャクチャ書き出したねWWW


>つまり任意交配で遺伝子型AAになる“確率”と次世代の遺伝子型AAの遺伝子“頻度”が等しくなることを示している訳ですが

バカカ
>次世代の遺伝子型AAの遺伝子“頻度”
のミチビキカタのハナシダローガ
その為に確率をモチイテルンダヨ
最初から次世代の遺伝子頻度が決まってるワケガナイ
オマエのアタマグチャグチャ

>無限大であれば確率の意味が無視できますからね
???
ヨクコラダケ出鱈目カケルワ
ナンダ、カクリツノイミガ無視デキルって
オマエ何イッテンノ???
確率の理論値は無限大数がゼンテイナンダヨ

>集団サイズが無限大と言う条件

バカダネ
「個体群内の個体数は十分に大きい。理想的には無限大である」
無限大は理想、ツマリ理論値と完全に合致するタメノ架空の想定
「十分に大きい」が、誤差をムシデキルテイドの、ノゼンテイ
ナンドモオシエテヤッタロ

>集団規模が無限大だと偶然性を持つ事柄に対する期待される割合、すなわち確率は無意味になるのがわかりました?

ワカルワケナイダロ
‘確率がムイミ’のイミヲセツメイシロ
モーメチャクチャ

>結局のところ、今の遺伝子頻度の値と次世代の遺伝子頻度の値について述べてる式なので確率がどうたらはどーでもいいことになりますよね

オマエ、これが確立によって導かれてるのが「まだ」ワカラナンダネ
スクイヨーガナイヨ


オマエノセイカク、アタマノナカミ、イジョーナカンカク
ソレラスベテガキモイ

>「「遺伝子型がAAとなるのは、遺伝子プールから集めた2個の対立遺伝子が両方ともAだった場合で、そうなる’確率’はp×p=p2 になる」

カクリツってかいてあるが、ミマチガイカWWW

 

/377