teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ssクラス特売http://www.2chshop.com/ss.htm(13)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. 全力全開(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: 太田先生、初めまして。

 投稿者:太田忠司  投稿日:2018年 7月 7日(土)06時08分49秒
返信・引用
  > No.3100[元記事へ]

〇鶏の連絡係さんへ

はじめまして。いつも読んでいただき、ありがとうございます。
『マシュマロ』の続編、どうですかね。今のところ予定はないんですが、たしかに次を書いたら、本の表紙は桔梗さんがいいかもしれませんね。誰にやってもらおうかなあ。
 
 

太田先生、初めまして。

 投稿者:鶏の連絡係  投稿日:2018年 7月 5日(木)12時54分17秒
返信・引用
  初めまして。
太田先生の作品で最初に購入したのは「レンテンローズ」シリーズです。
最近の作作品では「マシュマロな事件簿」を、とても楽しく読んでいます。
もし、2作目が出るとしたら桔梗さんの「マシュマロ15Tシャツ」姿のカバーなど面白いかも・・・!?
次の作品も楽しみです。
それでは、失礼します。
 

Re: あなたにお茶と音楽を

 投稿者:太田忠司  投稿日:2018年 6月22日(金)10時32分18秒
返信・引用
  > No.3098[元記事へ]

〇KEIさん

 早々と感想ありがとうございます。
 ラスト、楽しんでいただけましたか。
 じつは幻冬舎でも『ミステリなふたり』の短編を書いてまして、それもそう遠くない時期に本にまとめられると思います。
 

あなたにお茶と音楽を

 投稿者:KEI  投稿日:2018年 6月22日(金)00時17分46秒
返信・引用 編集済
  早速拝読しました、久々のご当地ミステリ、レギュラーの皆様がお元気そうでとってもうれしいです
しっかしこのラストにはまさしくあっけにとられました、さすが太田さん、どこまでもミステリ作家であられるのですね・・・・

http://blog.goo.ne.jp/keiyoshino

 

Re: さよならとマシュマロ

 投稿者:太田忠司  投稿日:2018年 4月13日(金)09時52分17秒
返信・引用
  > No.3096[元記事へ]

〇バイオマスおやじさん

 お読みいただきまして、ありがとうございます。

『さよなら、と嘘をつく』は今の自分でも若い女の子がちゃんと描けるかどうか試してみた、という面もあります。小学生から高校生までの変化も含めて。

『マシュマロ』はダメもとで遠藤憲一さんに依頼したらOKしていただけて、あんな本になりました。撮影のときにお会いしたのですが、とても素敵な方でした。
 

さよならとマシュマロ

 投稿者:バイオマスおやじ  投稿日:2018年 4月11日(水)21時35分19秒
返信・引用
  いろいろな作家さんの新刊定期購読で、さよならとマシュマロを楽しませていただきました。
さよならは、謎解きもあるしっとりとした物語。里の守り神になる女の子が切なくも美しい。

マシュマロは、カバーを見て魂消ました。
この頃よく見る、確かNHKの朝ドラなんかにも出ていた俳優さんがドーンと。これは装丁の一種なのですか。面白い試みですね。

話しは軽妙、アイドル達は健気、且つパパなかなかやるじゃん的なところもあって、楽しく読み進めました。傑作だと思いますし、シリーズ化にも対応できそうですね。

しかし、あの顔がイメージとして私の頭に張り付いてしまい、読んでいてもパパが出てくるとあの顔でした。主人公の顔形を自分なりに思い浮かべながら読むことはできませんでした。

ついでに言えば、俳優さんの仕草はコミカル過ぎ。本物?は、も少しダンディなんじゃあないかしらと思いました。
 

Re: さよなら、と嘘をつく

 投稿者:太田忠司  投稿日:2018年 3月21日(水)10時20分33秒
返信・引用
  > No.3094[元記事へ]

〇KEIさん

 読了ありがとうございます。
 ミステリ的趣向はないんですが、ひとりの女の子が不思議な体験を通して自分の居場所を見つける話を書きたかったのです。
 

さよなら、と嘘をつく

 投稿者:KEI  投稿日:2018年 3月21日(水)08時54分6秒
返信・引用
  先月出てたんですね、Azonが知らせてくれたのは昨日でした、早速読了(我ながらもったいないことやってる)
若い女の子が過酷な運命を背負うお話でありながらどこかさわやかな読後、さすが太田さんにハズレなしでした

って、あれ?まだ誰も書いてないの?

http://blog.goo.ne.jp/keiyoshino

 

Re: 来年辺り、霞田志郎シリーズ読みたいなぁ。

 投稿者:太田忠司  投稿日:2018年 1月31日(水)10時01分9秒
返信・引用
  > No.3091[元記事へ]

たかぽんさんへのお返事です。

 ありがとうございます。霞田シリーズについては次のアイディアもあるんですが、出版社のほうからOKが出ませんでした。一度終わってしまったシリーズを復活させるというのは、予想以上に難しいことなんです。特に出版業界が不況で萎縮している現状では「採算が取れそうにないから」というのが錦の御旗になってしまうんですよね。
 

霞田志郎シリーズ

 投稿者:MACO-POOH  投稿日:2018年 1月28日(日)20時01分55秒
返信・引用
  当方も読みたいです。
この声が出版社に届くといいです。(作家さんの一存では決まらないことは、重々承知しておりますので。)
声を上げない、無言のファンが、きっと大勢います。=>出版社殿
 

レンタル掲示板
/152