teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:5/49 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

【6/30日(日)第7回演奏会のご招待】ベートーベン作曲「ミサソレムニス」

 投稿者:生駒 敏英  投稿日:2019年 3月10日(日)21時00分29秒
  通報 返信・引用
  お世話になります。
突然のご連絡失礼いたします。

私は、世田谷区で活動している合唱団「フィルハーモニック・コーラス」の
合唱部員生駒と申します。
(団HP URL:http://ph-ch.com/index.html

この度、世田谷区民合唱団様のホームページを拝見しご連絡させていただきました。



表題の通り、私たちは2019年6月30日(日)にベートーベン作曲「ミサソレムニス」を
東京都大田区アプリコ大ホールにて演奏会を開くことが決定しまして、是非皆様をご招待させて頂きたく
考えております。

◆詳細

日時:6月30日(日)
場所:大田区民ホールアプリコ大ホール
開演:15時(開場14時)
指揮:河地良智
料金:全席自由2000円
※(3月30日までにチケットをご購入いただいた方には、団オリジナルのポストカードを先着10名様に進呈いたします。)

私たち合唱団はアマチュアですが、当日はプロの指揮者、プロのソリスト、オーケストラによる
生演奏を予定しており、席数も1477名まで収容できる壮大な演奏会を予定しております。
私たちアマチュア側も約1年半かけて壮大なべートーベンの曲を表現できるように励んで参りました。

ご興味のあるかたは私生駒までご連絡お待ちしております。

TEL: 080-6955-9042
Email: toshihide572@outlook.jp



◆「ミサソレムニス」とは~「第九」とともに発表された晩年の最高傑作~

ベートーベン曰く「最も完成された曲」であり、彼自身が生涯の集大成として、
大切にしていた曲。「キリエ(Kyrie)」「グローリア(Gloria)」「クレド(Credo)」
「サンクトゥス(Sanctus)/ベネディクトゥス(Benedictus)」「アニュス・デイ(Agnus Dei)
の5曲の構成。

冒頭に「心より出でー願わくば、再び心に入らんことを」と記されたこの曲は
声楽ソロと合唱の祈りによって始まる。その後、迫力のある怒涛の盛り上がりを
見せた後、声楽とバイオリンによる美しいメロディが奏でられ、最後には
平和を体現するかのような調和へと導かれます。

◆指揮者 河地良智先生

桐朋学園大学指揮科に学ぶ。1973年第3回民音指揮コンクールで奨励賞受賞。
二期会オペラや、N響定期公演などで、Wサヴァリッシュ氏、Oスウィットナー氏の副指揮者を務める。
1983年より文化庁海外派遣員としてドイツバイエルン国立歌劇場でWサヴァリッシュ、ミラノスカラ座で
Gパネタ氏につき歌劇場で研鑽を積む。
国際交流にも力を注ぎ、それらの貢献により、北京市中日交流センター、オーストリア・ブルゲンランド州より文化特別賞を受ける。

◆フィルハーモニックコーラス

偉大な合唱作品の限りない魅力と可能性を信じ、「夢、若さ、行動力」をモットーに、ベートーベンの「苦悩を通じて歓喜に至れ」「魂から魂へ」
の精神に基づいて音楽を追求し、一歩でも音楽の神髄に近づくことを目的として活動している。
20代30代を中心にその輪を広げ、多くの音楽経験者の仲間とともに、2011年よりオーケストラとのコンサートを5回主催。

プロフィール:http://ph-ch.com/profile.html
過去の演奏:http://ph-ch.com/archive.html

 
 
》記事一覧表示

新着順:5/49 《前のページ | 次のページ》
/49