teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:4/49 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

【フィル唱】ソリストの先生が決定いたしました。

 投稿者:生駒 敏英  投稿日:2019年 4月14日(日)20時48分39秒
  通報 返信・引用
  お世話になっております。
フィルハーモニックコーラスの生駒です。

今回は、私が所属している合唱団「フィルハーモニックコーラス」の
来る第7回演奏会における、ソリストの先生が決定しましたので、ご報告差し上げます。

■ソプラノ 高原 亜希子さん

千葉県出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学大学院修士課程修了。
松田トシ賞、アカンサス賞、同声会賞受賞。第75回読売新人演奏会出演。
これまでにヴィヴァルディ「グロリア」、ハイドン「天地創造」、「四季」、
モーツァルト「雀のミサ」、「クレドミサ」、「レクイエム」、ベートーヴェン「荘厳ミサ」、
「第九」、グノー「聖チェチーリア荘厳ミサ」、ブルックナー「ミサ曲第三番」、ブラームス「ドイツレクイエム」
、プーランク「グロリア」、オルフ「カルミナ・ブラーナ」他、のソリストを務める他、オペラにも多数出。
長野県小諸高校音楽科非常勤講師


■アルト 布施 奈緒子さん

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。卒業時にアカンサス音楽賞および同声会賞受賞。
同大学大学院音楽研究科修士課程修了。 オペラでは、モンテヴェルディ《ポッペアの戴冠》
《オルフェオ》、ビゼー《カルメン》、マスネ《ウェルテル》等に出演する他、バッハ《ヨハネ受難曲》、
ヘンデル《メサイア》、メンデルスゾーン≪エリア≫、ヴェルディ《レクイエム》等コンサートソリストとしても多くの演奏会に出演。
声楽アンサンブル ラ・フォンテヴェルデの公演および録音に度々ゲスト出演するなど、アンサンブルの分野でも活躍。
バッハ・コレギウム・ジャパン声楽メンバー。

■テノール 吉田 浩之さん

瑞々しく伸びやかな美声と叙情性豊かな表現力で聴衆を魅了し、高い評価を受けている我が国が誇るリリコ・レッジェーロ・テノール。
《こうもり》アルフレード役でのデビュー以来、新国立劇場、日生劇場、びわ湖ホールなど数々のオペラ公演に出演。
ミサ曲、オラトリオ等のソリストとしても卓越した歌唱に定評があり、
小澤征爾、大野和士、チョン・ミョンフン、クリスティアン・アルミンク等の指揮のもと、国内外のオーケストラと共演を重ねている。
第25回ジロー・オペラ賞新人賞受賞。東京藝術大学音楽学部声楽科教授。敦賀市出身。
最新CDはイタリア・日本の美しい歌曲を集めた「proprioプロープリオ」。

■バリトン 青戸 知さん

東京藝術大学首席卒業。安宅賞, 松田トシ賞受賞。桃華楽堂御前演奏会出演。同大学院と文化庁オペラ研修所を同時に修了。
文化庁派遣芸術家在外研修員で渡伊。二期会[ワルキューレ]でジローオペラ賞新人賞受賞。
新国開場記念[ローエングリン]で朗々たる美声でN響始め世界的指揮者やオーケストラから賛辞を寄せられ共演、
新国立劇場[魔笛]でオペラ演出家兼舞台美術家であるM.ハンペ氏に『生まれながらにしての舞台人』と称賛を受ける。
聖徳大学大学院博士課程論文[グスタフ・マーラーの音楽におけるやわらかいリズム]で博士号取得。聖徳大学音楽学部講師。
二期会会員。指揮者河地良智氏、当合唱団とは多数共演。


■ヴァイオリン・ソロ 野尻 弥史矢さん

1995年に神奈川県に生まれ、4歳よりヴァイオリンを始める。
第26回神奈川音楽コンクール 神奈川県市長会会長賞。第8回ベーテン音楽コンクール 第2位。第8回横浜国際音楽コンクール室内楽部門第1位。
第10回セシリア国際音楽コンクール室内楽部門第1位。ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール 特別賞。
これまでにヴァイオリンを鈴木稔、清水高師、藤原浜雄の各氏に、室内楽を毛利伯郎、練木繁夫の各氏に師事。
東京音大付属高校を特賞付きで卒業し、桐朋学園大学を卒業と同時に東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団に入団。現在1stヴァイオリン奏者。




以上5名の方々ですが、どなたもプロとして活躍されている方ばかりで、
普通、2000円で演奏が聞けるような方々ではございません。

今回は、フィルハーモニックコーラスの最後の演奏会ということで、
特別に演奏していただくことになりました。

クラシック音楽が好きな方はもちろんのこと、音楽を聴いて癒されたい、
ルーティーン生活にスパイスを加えたい、明日への活力にしたい。

どのような、目的の方々でも大歓迎です!

皆様のお越しをここよりお待ちしております。


■ミサソレムニスとは?

ベートーヴェンいわく「最も完成された曲」であり、肖像画でその手に持っている楽譜に 「Missa Solemnis」の文字が見受けられることなどからも、 彼自身が生涯の集大成として大切にしていた曲であることがうかがえます。

冒頭に、「心より出てー願わくば、再び心に入らんことを」と記されたこの曲は、 澄み渡った管弦楽の響きに誘われた声楽ソロと 合唱の祈りの呼応によってはじまります。 その後、晩年のベートーヴェン特有の宇宙的なスケール感をもって 合唱と管弦楽が怒涛の盛り上がりを見せたかと思えば、 声楽ソロ、バイオリンソロによって心に迫る美しいメロディがたっぷりと歌われ、 やがてすべては調和へと導かれます。

その様子は降りかかる幾多の苦難に立ち向かって生き抜いたベートーヴェンの理想と信念を体現するものであり、 今を生きる私たちの誰をも力強く励ましてくれます。


↓おすすめ参考動画 BBC Proms (Sir John Eliot Gardiner - Orchestre Révolutionnaire et Romantique - Beethoven? Missa solemnis)
https://youtu.be/UEL9Dt4AF2Y




■演奏会詳細

◆詳細

日時:6月30日(日)
場所:大田区民ホールアプリコ大ホール
開演:15時(開場14時)
指揮:河地良智
料金:全席自由2000円

ご興味のある方は下記まで
TEL: 080-6955-9042
Email: toshihide572@outlook.jp

♪∽♪∝♪????????????-♪∽♪∝♪

生駒 敏英

TEL: 080-6955-9042
Email: toshihide572@outlook.jp
URL:
団HP:http://ph-ch.com/index.html
演奏会特別サイト:http://ph-ch.com/7thconcert/index.html

♪∽♪∝♪????????????-♪∽♪∝♪
 
 
》記事一覧表示

新着順:4/49 《前のページ | 次のページ》
/49