teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:沢村真@管理人  投稿日:2019年 1月25日(金)05時59分29秒
返信・引用 編集済
  >ゲームセンターCXやニンテンドー公式チャンネルの『よゐこの○○』生活の影響でゲームをやりたくなる

あれ面白いんですけど、私はちょっと違うかな。
何て言うか「見て楽しいゲーム」と「自分でプレイしたいゲーム」ってのは別ものな気がするんですよ。
インディーズゲームの紹介があったじゃないですか。
あれだと例の「ふにゃべえ」は見てる分には大変に面白かった。
でもプレイしたいかと言えばちょっと違う感じはする。
GOROGOAも同じですね。

私にとって「見て楽しい」ゲームは大体がアクションとかパズルものですかね。
自分が不器用で反射神経が鈍いってこともあってアクションものがダメなんですけども、見る分には面白いわけです。
一方で「プレイしたいゲーム」ってのはSLGとかRPGとかですね。
そういう意味でRPGやSLGって見てるだけだとあんまり面白く感じないんですよ。
ああいうのは自分でやらないと感情移入しづらいんでしょうね。
 
 

今年もよろしくお願いいたします。

 投稿者:シュンイチ・マキ  投稿日:2019年 1月21日(月)07時59分5秒
返信・引用
  今年初書き込みです。

私は最近は3月発売のスーパーロボット大戦Tに備えてキャプテンハーロックシリーズの一つ無限軌道SSXを少しずつ視聴しています。前々作でヤマト2199が参戦して以来ロボット物ではなくても宇宙を航行できる戦艦?が登場すれば参戦可能になったみたいです(不思議の海のナディアなど)が、松本零士先生はロボット物好きではないみたいなのによくハーロック参戦を許してくれたなとビックリしました。個人的な楽しみとして、ボトムズのキリコとハーロックがしゃべるシーンがあればいいなと思っております。

最近はゲームセンターCXやニンテンドー公式チャンネルの『よゐこの○○』生活の影響でゲームをやりたくなると掲示板でも書きましたが、楽しみな新作が沢山出てくるのでしばらくは退屈せずに済みそうです。

 

(無題)

 投稿者:沢村真@管理人  投稿日:2018年12月31日(月)04時14分55秒
返信・引用
  しゅんかちさん、初めまして。
ご丁寧な書き込みありがとうございます。
あまり反応は気にしない方とはいえ、やはり感想をいただくとテンションが上がります。

>文章のみの作品でお世話になった

ああ、いや、これは以前にも書いた気がしますが、そういう感想がいちばん嬉しいんですよ。最高の褒め言葉です。
私だけでなく18禁マンガを描く作家さんも同じこと言われてましたので、恐らくエロものをやってる人は、
画でも文でも同じように感じると思います。

>清楚でちょっと強気な黒髪ロングの女の子が嫌なのに無理やり感じさせられちゃう

これも私と同じですよ。
髪型とかはあんまりこだわりはないですが、強いて言えば好きなのはやっぱ黒髪ロングなんでしょうね。
ガルパンで華さんが好きなのもそうかも知れない。
ああ、でもいちばん好きなのはダージリンさまだから一概には言えないか。

>犯される女の子がすぐに快楽墜ちしてしまい、最終的には双方同意みたいな雰囲気になるのが微妙に好みと合わなくてガッカリすることが多いです

私もそうです。
ただ、これはだんだんとわかってきましたが、なんでそうなるかと言えばやっぱ編集の関係のようです。
編集者の指導ってこともあるし、市販本ですと内容やページに制限がありますから、書き込みたくても
書き込めないってことがあるんでしょうね。
マンガだと連載ものでない限り20ページ弱くらいで一応起承転結つけてまとめないといけないわけで、そうなると
どうしたって駆け足になりますから。
だから同じ人なのに同人誌なんかだと、けっこうしっかり書き込んであったりしますしね。
そういう現状に不満だったんで、仕方なく自分が読みたかったものを書くようになったというのが執筆のきっかけです。
だから最初は、本当に発表するつもりなんかなかったんですよ。
「俺はこういうのが読みたいんだ」「こうやってやりたかったんだ」「こういうケリをつけたいんだ」という欲求を
すべて書き込んでるんで、大げさでなく書いてる時は作品内に入り込んでしまってます。もう書いてるだけで楽しかった。

だからデビューでMJさんの今は亡き不二子サイトに投稿する時も、虚ろさんに投稿した時も「せっかく書いたから」
という意味以上のものはなかったです。
だからMJさんとこや虚ろさんでけっこう反響があったのは個人的にかなりビックリした記憶があります。

完堕ちに関しては、これは好みなんでしょう。
気丈でなかなか堕ちないヒロインだからこそ堕ちてからが好きという人もいますし、それはそれでわかります。
ただ私は堕ちた後というのにほとんど興味がないので書かないという、それだけのことですね。
後は、コナンものの連載ですと、堕ちてしまったらそこで終わってしまうため、簡単にはそう出来ないってこともあります。
加えて、やっぱそのキャラが好きですから、あまりに酷い目に遭わせたり、もう立ち直れないほどに堕としたり
ってのは気が引けるのも大きな理由です。
「俺の好きなこの子は、そんなことで屈しないぜ」ってこともあるかな。

日常シーンに関しては、これも私の好みでしょうね。
そもそも「抜き」目的で読んでるんだから、そんなもん要らんって人もいるわけで、その気持ちもわかる。
で、書く方もエロだけピックアップした文章の方が圧倒的に楽なんです。
そりゃそうで、物語の辻褄合わせなんて要らないし、下調べもほとんど必要ない。
そういうのも書いたことはあるんですが、書いてるうちに無意識で日常的な場面や説明を書き込んでたりするんですね。
これも前に書いたけど、例えばエロシーンを展開してる場所や部屋について描写しないと途中でペンが止まっちゃうことが
よくあるんです。
窓があるのか、ドアはどうなってるのか、壁は、内装は、家具はどうなってるんだ、と。
エロシーンに小道具使う時なんかは、もうそういうのは必須になるわけです。
これを気にしない人もいるみたいなんですが、私はそういうのが気になって仕方がないんですよ。
だから、ある程度設定を決めて部屋をデザインしておかないと、肝心のエロシーンが進まない。
最初のうちはこれがわからなくて、何度も何度も途中で止まっちゃったんですよ。
それに懲りて、骨子を決めてストーリー展開がある程度見えてきた段階で調べ物をするクセがつきました。

ウンチクなんか読みたくないって人もいましたが、わからないこと知らないことは書きようがないです。
例えばけっこう仮面でのトライアスロンの件とか、学園自体の設定とか、そういうのはかなり念入りに調べ上げて、
必要に応じて書籍も買ったりするくらいです。
まあ銃とか警察組織とか軍とか、そういうのはもともと興味があったから調べるのも苦になりませんが、
上記のトライアスロンなんて全然知らないのに、これを出す必要があるとなったら、もう執筆止めて調べましたもんね。

>私はレズ系の作品でおねえさんが責め手なのが大好物なので、アズミ姐さんが活躍するのが楽しみで仕方ありません

ああ、よかった(^^;)。
アズミ姐さん、個人的に大好きなんで多分贔屓にすると思います。
だから読者さんに嫌われたりスルーされたら使いづらくなるかなと思ってたんだ。
何度も書きましたが私はレズシーンが苦手だし、「おねーさんが教えてあげる」系とか「年上女性が可愛い男の子を虐める」やつ
とか、そういうのもダメな方です。
でも、展開上どうしてもそれを出さなきゃいけない話もあって、苦しんで苦しんで書き上げて、
その出来の悪さにガックリしてたんですが、読み手さんの方からは「書けるじゃないですか!」と喜んで
もらったりして複雑なところです(^^;)。
アズミ姐さんは「あれ」の好きな人にはすぐピンと来るキャラで「モデルが透けて見える」どころか、
年齢を5歳くらい上げただけでほぼ同じキャラ設定にしちゃってます。
キャラデザインも好きなんですが「中の人」ですね、あの鼻に掛かったような甘ったるい声としゃべり方に
まいってしまってます。
好みとして、普通はあれだけ「狙った」キャラってのはかえって使いづらいんですが、アズミ姐さんは別格だ。
あの原作だけは絶対にエロ二次創作に取り上げないと決めていたんですが、彼女だけは別になりました(^^;)。
何しろ使い勝手の良いキャラで、エロはもちろん日常シーンでも実に良い味を出しますので、もうレギュラーです。
レスリーが出ない回でも出しちゃうくらいに気に入ってます。

この話も含めて、新作の方は旧作掲載を終えてから徐々にUPしていきます。
休みが終わって週一掲載になっても、余裕で三ヶ月以上は持つくらいのストックはありますので、
長くお楽しみいただけるかと存じます。
コメントもいただければ励みにはなりますが、まああまり気にしないで大丈夫です。
読んでご満足いただければ掲載が無駄になりませんので、それで充分ですんで。
あちらでもよろしくお願いします。
 

初めまして

 投稿者:しゅんかち  投稿日:2018年12月30日(日)18時35分26秒
返信・引用
  初めまして。しゅんかちと申します。
今までこっそりと追いかけていましたが、緊張しつつもコメントを残させていただきます。

私が沢村さんの存在を知ったきっかけは、虚ろな瞳さんで「毛利蘭誘拐事件」を読んだことでした。
それまでR18のゲームや漫画などに触れたことはあっても、官能小説に触れたのは初めてのことで、まるで映像が目に浮かぶかのような圧倒的な文章力にいっきに引きこまれました。お下品な表現で申し訳ありませんが、文章のみの作品でお世話になったのもそれが初でした。

それからと言うものの、まずはサイトに掲載されているコナン系の作品をすべて読み、気づけば元ネタを知らない作品(サクラ大戦など)まで読み終えている自分がいました。

どの作品もすばらしいのですが、やはり元ネタの蘭ちゃんが好きなこともあって、「毛利蘭誘拐事件」や「シカゴコネクション」が大好きです。特に「毛利蘭誘拐事件」の第五章で機械を使って弱点を調べられるくだりや、牧田に徹底的に犯されて今まで言わなかった「いく」という台詞を言わされるところが好きです。あと「シカゴコネクション」でミシェルにじわじわと羽根でくすぐり責めされたり、バイブで寸止め地獄を味わわされるところも最高ですね。何度もお世話になりました。

コナン以外の作品だと好きなのは、犬夜叉の珊瑚が調教される「傀儡」や「珊瑚艶情曼陀羅」です。憎い怨敵であるはずの奈落に犯されて快楽を感じてしまう珊瑚ちゃんがとても可愛らしいです。じつは犬夜叉という作品もほとんど知らなかったのですが、これらの作品を読んでから興味を持って原作のアニメも見ました。
……こうして並べると、自分の趣味は本当にわかりやすいですね。清楚でちょっと強気な黒髪ロングの女の子が嫌なのに無理やり感じさせられちゃうのが好みドストライクみたいです。

一般的なエロ作品だと、強姦ものであっても、犯される女の子がすぐに快楽墜ちしてしまい、最終的には双方同意みたいな雰囲気になるのが微妙に好みと合わなくてガッカリすることが多いです。
でも、沢村さんの作品では女の子が「いやなのに」「感じちゃう」という部分が徹底されており、快楽に喘ぎながらもしっかりと恥じらいを感じていたり、自分のプライドを保とうと足掻いたり、声や反応を我慢しようとしたりするのが可愛らしいし、とても興奮させられます。まさに私が求めているものだと思いました。

女の子がいったん堕ちたように見えても、完堕ちまではいかないところも素敵ですね。「シカゴコネクション」で蘭ちゃんや美和子さんが最後に立ち直るところも好きです。コナンのような長期連載ものだと、いちど快楽地獄から解放された女の子がまた因縁の相手から犯され、トラウマを掘り起こされるという展開もあり、そういったところも大変好みです。

沢村さんの文章は読みやすくて、情景がすぐ頭に浮かび、それでいて濃厚なのが魅力だと思います。特に女体の描写や感じているしぐさなどのきめ細かやさが凄まじく、まるで読んでいて熱気や湯気が漂ってくるような錯覚すらします。「シカゴコネクション」の七話と八話で、気の強い美和子さんがトッドに犯されまくって何度もいかされるところは最高でした。
Hシーンだけではなく日常シーンの描写も丁寧で、たとえ原作を読んでいない作品でもその女の子の魅力が伝わってくるし、ふだんの姿と濡れ場での艶姿のギャップに大変興奮させられます。たとえばコナンなら警察や銃の知識など、ディテールの部分もしっかりとしているなといつも脱帽しております。

とりとめのないコメントになってしまいました。
長らく続いてきたサイトの閉鎖ということで寂しい気持ちもありますが、またブログのほうで作品を読ませていただけるということで、ほっと胸を撫で下ろしております。
新作も楽しみです。私はレズ系の作品でおねえさんが責め手なのが大好物なので、アズミ姐さんが活躍するのが楽しみで仕方ありません(笑)

これからも沢村さんの活動を応援しております。沢村さんの小説なら、どの作品が元ネタでも読みたいって思うくらいのファンです(それなのに今までコメントを残さなかったのはすみません)。
本音を言えば、一日でも早く新作が読みたいですが、沢村さんのご都合もあるでしょうし、ブログに旧作を投稿するだけでも相当の労力がいるだろうと存じますので、気長に待っていようと思います。いつまででも待ちます。
寒くなってきて体調を崩しやすい時期だと思います。どうかご自愛くださいませ。私は正しい敬語の使い方がわからず、失礼な言葉や御幣があったかもしれませんが、ご容赦ください。また向こうのブログでもコメントを残すつもりです。
 

(無題)

 投稿者:沢村真@管理人  投稿日:2018年12月27日(木)03時32分21秒
返信・引用
  新美さん、どうも。
あちらでもよろしくお願いします。
旧作上げるのにけっこう時間がかかるので新作はこの休みの間は無理かと思いますが、気長にお待ちください。
 

(無題)

 投稿者:新美  投稿日:2018年12月26日(水)06時44分21秒
返信・引用
  仮屋舎落成おめでとうございます。
新作の発表も楽しみにお待ちします。
 

告知です

 投稿者:沢村真@管理人  投稿日:2018年12月25日(火)08時46分33秒
返信・引用
  ……こっそり仮屋舎を開設し、仮操業を始めてみました。
まだ作品は掲載してませんけど、取り敢えずアドレスは以下の通り。

http://sawamuratext.blog.fc2.com/

よろしかったら覗いてみてください。
年末年始休みのうちに、少しずつ旧作を上げていって、それが終わり次第新作掲載になる予定です。
 

(無題)

 投稿者:沢村真@管理人  投稿日:2018年12月22日(土)03時12分1秒
返信・引用
  センゴクさん、初めまして。
もうサクラ大戦なんてオワコン扱いされてますが、何やら新作が出るみたいでまた盛り上がってくれればいいんですが。
私は巴里や紐育じゃなくて帝撃が好きなんですが、これならいくらでも新作が出来ます。

>神崎雛子、織姫母娘あたりも登場するのでしょうか?

いやあ、さすがにここまではないですかね。
若菜や双葉はメインヒロインおよび主人公の肉親ですからそれなりに露出もありますが、脇ヒロインの関係者
となると出番もあまりないのでちょっと膨らませるのが難しいです。
それと織姫かー。
織姫ってけっこう好きなんですよ、というのも私にとってはエヴァのアスカ的ポジションで、
いじるのが楽しいし、状況を作り出せば勝手に動いて喋ってくれるキャラなんですね。
ただエロには持って行きづらい。
もっとも、そう言いながらもアスカものも書いちゃってますから織姫もそのうち書けるようになるかも知れませんが。

取り敢えず出すキャラは以前の書き込みにある通りです。
追加キャラも出る可能性はありますが、何しろ今の状況でも量がとんでもないので(恐らく全部書き終えれば
800KBくらいは行くでしょう)、今回は見送りになると思います。

今、苦労してるのは風組の面々ですね。
実はエロ対象じゃなかったんですよ、今までは。
実は私、かすみがいちばん好きなんですね。
彼女にやらしいことしちゃいけない、みたいな雰囲気があって手が出せずにいたもんで。
由利もあんまり色気がないというか健康的に昇華しちゃってるんで難しい。
あ、椿はもう最初っから無理。私、ロリっ気ゼロですから。
同じ意味で紅蘭、アイリスも無理、カンナは別の意味で無理(笑)。
 

(無題)

 投稿者:沢村真@管理人  投稿日:2018年12月22日(土)02時57分21秒
返信・引用
  シュンイチ・マキさん、毎度どうも。

ああ、ガンフロンティア知ってますよ。
アニメはほとんど見てないかな、でも原作漫画を持ってます。
アニメ見てビックリしたのはかなりしっかり松本タッチでキャラデザインされてる点ですね。
劇場版999でファンの失笑を買った鉄郎の美形化みたいなことはしなかったのが良かったです。
私もハーロックの竹本英史はよかったと評価しています。
というのもテレビや映画版ハーロックの井上真樹夫声にどうも違和感があったからなんでしょうね。
シヌノラの松本梨香もよかったです。
松本梨香というとどうしてもポケモンのイメージしかないし、どういうわけか私の見るアニメには
あんまり出てない人だったので「ああ、こういう芝居も出来るのか」と認識を新たにした憶えがあります。
じゃあガンフロンティアものが書けるかと言えば、まあ難しいでしょう。
時代物がよく書けないんですよ、私。
東京魔人学園剣風帖で初めて幕末ものを書きましたけど、非常に苦労しました。
クイーンズブレイドでトモエものをやりましたが、あそこの冒頭は戦国時代をイメージしたものでした。
そっちはまだ何とかなるみたいですが、江戸ものだとか西部劇ってのは無理かも知れませんね。
あとはまあシヌノラがあまりにもセックスシンボル的に描かれ過ぎてしまっていて、かえって使いづらいキャラになってしまったな、と。
それと彼女の素性については原作でもあまり(というかほとんど)明かされなかったこともあって設定がとても難しいです。
エロシーンだけを切り貼りしたような作風にするなら可能だと思いますが、今は無理かな。
お話作りに行き詰まった時なんかは、そういうのを書いてるうちに取り戻してくることもあるんで、その時には題材にするかも知れません。

時代的に松本アニメってのはもうかなり古いんでしょうね。
リメイクじゃなく新作ではほとんど出来てないんじゃないでしょうか。
個人的には松本零士の作品原作のアニメ化なら「ザ・コックピット」が最高傑作じゃないかと思ってます。
テーマが二次大戦なので私の好みに合ってるってのもありますが、それ以上にあの時代にしては
作画が飛び抜けて素晴らしかったですね。
CG技術もまだ未発達で使ってない時代なのに、今見てもその作画レベルや動画センスには感心させられます。
内容も原作をほとんどいじらず、そのまま持って行ってるのも良かった。
多少改変しているところもあるんですが、それがまた効果的だったりして、本当に製作スタッフは素晴らしかったと思います。
惜しむらくは3話で終わってしまったこと。
原作はたくさんあるので作り続けて欲しかったですね。
 

(無題)

 投稿者:センゴク  投稿日:2018年12月21日(金)23時50分49秒
返信・引用
  初めまして、センゴクと言います
ここはサクラ大戦ものが充実してていいですね

サクラの新作執筆中ということですが、神崎雛子、織姫母娘あたりも登場するのでしょうか?
 

レンタル掲示板
/154